HOME > 学習Q&A > 労働者災害補償保険法 > 労働者災害補償保険法第16条の2
「遺族補償年金の受給者の範囲 「生計維持」と「生計を同じく」」

労働者災害補償保険法第16条の2
「遺族補償年金の受給者の範囲 「生計維持」と「生計を同じく」」

Q:質問内容

「生計維持」と「生計を同じく」について,両者の違いがよくわかりません。



:お答えします

明確な定義があるわけではありませんので,受験対策においてあまり神経質になる必要はありません。言葉のイメージどおりに考えればいいでしょう。「生計維持」と「生計を同じく」では,どちらの方が関わり合いが深いと思いますか。「生計維持」の方が生計依存度が高いと思いませんか。

つまり,ほんの一部でも関わり合いがあるのが「生計を同じく」。

生計のほとんどをその者の収入によって支えられているのが「主として生計維持(これは健康保険などの被扶養者の認定の際に用いられます)」,

その中間が「生計維持」のような感覚でよいと思います。


rs1602.jpg

学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ