HOME > 学習Q&A > 労働者災害補償保険法 > 労働者災害補償保険法第8条の3
「年金給付基礎日額 スライド制」

労働者災害補償保険法第8条の3
「年金給付基礎日額 スライド制」

Q:質問内容

年金給付基礎日額にスライド制がよくわかりません。



:お答えします

  1. 算定事由発生日が,平成26年度にある場合
     
  2. 平成26年度の平均給与額と平成27年度の平均給与額との変動の比率に応じて(平成27年度/平成26年度)というスライド率が決定され,平成28年度の8月から平成29年度の7月までの間(AとBの期間)における年金給付の額の計算の基礎となる年金給付基礎日額に,そのスライド率を乗ずることになります。
     
  3. そこで,Aの期間(8月から翌年3月まで)から平成27年度をみると,「前年度」
        Bの期間(4月から7月まで)から平成27年度をみると,「前々年度」

    になることがわかりますね。

つまり,「当該月が4月から7月までの間に該当する場合にあっては,前々年度」というのは,このようなケースを指しているのです。

rs0803.jpg

学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ