HOME > 学習Q&A > 労働者災害補償保険法 > 労働者災害補償保険法第15条
「障害補償給付 加重障害」

労働者災害補償保険法第15条
「障害補償給付 加重障害」

Q:質問内容

「障害補償一時金の支給を受けた労働者について,その傷病が『再発』し,治ゆした場合の「加重」のしくみがわかりません。

障害補償一時金の支給を受けた時点では,治ゆしていて,何の要因もなく,再発というのは,自然的経過には当たらないのでしょうか。




:お答えします

「自然的な経過」とは,例えば,業務災害により左腕の肘を複雑骨折し,治ゆした後,肘の関節が120度までしか伸びなくなっていた労働者について,その後自然的な経過によりその症状が徐々に悪化し,90度までしか伸びなくなったというような場合,これを「自然的な経過による障害の程度の変更」といいます。

これに対して,「再発」は,自然的な経過とどう違うのでしょうか?。例えば,腕を切断してしまい,縫合手術により患部が治ゆしたが,その後,その患部が再び悪化し再治療が必要になったケースです。再発の場合は,その時点で「治ゆ」の状態ではなくなり,障害補償給付に関しては,受給権は消滅することになります。改めて,療養補償給付,休業補償給付が支給されることになり,その後「再治ゆ」し,再び障害認定が行われ,その認定に基づく障害補償給付が支給されることになります。

まず始めに,「自然的な経過」のケースでは,もとの障害が第8級以下の障害補償一時金であった場合,自然的な経過によりその症状が重くなったとしても,重くなった後の障害に基づく障害補償給付は支給されません。
これは,いったん「治ゆ」と診断され障害の程度について認定が行われ,その認定に基づき障害補償一時金が支払われた時点で,事業主の補償義務が満了したからと考えられます。これとは反対に,障害補償年金となると補償義務は残っていますので,その後に障害の程度に自然的な経過による変更があった場合,変更後の障害に基づく障害補償給付が支給されることになります。

次に,「再発」の場合の療養は,その原因が業務災害にあるのですから,再び治療が必要になった場合の療養に要する費用を労災保険で負担するのが当然でしょう。自費や健康保険法で負担するのはおかしなことになります。そうすると,当初の障害が第8級以下で障害補償一時金であったとしても,その傷病が再発して再び療養が必要となった場合は,療養補償給付が支給されることになります。また,その療養のため労働することができずに賃金を受けることができなければ休業補償給付も支給されることになり,その後再治ゆしたときは,その障害の程度に応じて障害補償給付が支給されることになります。ただし,この場合,再発前の障害が第10級で再発後の再治ゆ時の障害が第8級であった場合,再発前の時点で第10級として給付基礎日額の302日分を支給していますので,再治ゆ後に第8級分の503日分をそのまま支給するのはおかしいですから,加重と同じようにその差額の201日分のみを支給することにしています。

つまり,「自然的な経過」の場合は,「治ゆ」の状態にあることには変わりありませんので,療養補償給付や休業補償給付が支給されることはありません。これに対して「再発」の場合,「治ゆの状態ではない」状態になったことを意味しますから,療養補償給付や休業補償給付が支給され,その後「再治ゆ」の状態になった時点で再度障害認定が行われることになります。

あまり,深く考えすぎると混乱してしまいますから,ごくごく単純に考えてみて下さい。


学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ