HOME > 学習Q&A > 労働基準法 > 労働基準法第38条の2
「事業場外みなし労働時間 所定労働時間のみなし」

労働基準法第38条の2
「事業場外みなし労働時間 所定労働時間のみなし」

Q:質問内容

事業場外労働に関するみなし労働時間制に関し,所定労働時間のみなしと,通常必要とされる時間のみなしについて,事業場内の労働時間を含めるか,別途算定して加えるかという労働時間の算定の考え方の違いがわかりません。



:お答えします

事業場外労働のみなし労働時間制については,

原則:
「一括みなし」→(事業場内+事業場外)=所定労働時間

この場合は,事業場内の労働時間と事業場外の労働時間を通算して,1日について「所定労働時間」労働したものとみなします。

例外:
「別途みなし」→{事業場内(実労働時間)}+{事業場外(みなし)}

この場合は,事業場外の労働時間はみなし労働時間を適用し,事業場内の労働時間は実労働時間を把握することになります。したがって,その日の労働時間は,事業場内で実際に労働した時間と事業場外のみなした労働時間とを合算した時間となります。

なお,この場合,事業場外のみなした労働時間については,「労使協定で定める」ようにすべきとの行政指導が行われることになります。したがって,事業場外労働のみなし労働時間制に関し,労使協定が締結されている場合は,「別途みなし」が適用されていることになりますから,その労使協定で定める時間は常に「事業場外の労働時間」ということになります。


学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ