HOME > 学習Q&A > 労働基準法 > 労働基準法第35条
「休日 代休の処理」

労働基準法第35条
「休日 代休の処理」

Q:質問内容

「休日の振替」と「代休」の違いがよく分かりません。



:お答えします

<休日の振替>
休日労働をする前に,あらかじめ,当初の休日と労働日を入れ替えておくのが休日の振替です。

<代休>
代休は,休日労働した後に,他の日に代償措置として代わりの休日を与えるのが代休です。

いずれも,1日休む」ことについては同じですが,休日労働の前に振り替えるのか,または,事後的に代わりの休日を取るのかという違いがあります。休日の振替の場合は,休日労働に関する割増賃金を支払う必要はありませんが,代休の場合は,休日労働に関する割増賃金を支払わなければなりません。

なお,休日の振り替えとして認められるためには,次の3つの要件を満たしている必要があります。
(1) 就業規則等において休日を振り替えることができる旨の規定を設けること。
(2) 4週4日の休日が確保できる範囲内において振り替えること。
(3) あらかじめ振り替える日を特定して振り替えること。

学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ