HOME > 学習Q&A > 労働基準法 > 労働基準法第9条
「労働者の定義 労働組合の専従職員」

労働基準法第9条
「労働者の定義 労働組合の専従職員」

Q:質問内容

労働組合の専従職員とは何ですか?。



:お答えします

労働組合の専従職員とは,勤務している会社を休職又は退職して労働組合活動に専念する職員のことです。休職している場合,会社に籍はありますが,労働義務は免除され,賃金は支払われません。この場合は,労働組合が賃金を支払っています。なお,専従ではなく,会社に勤務しながら労働組合の活動を行う職員もいます。

労働組合の専従職員も,労働基準法の労働者として扱われます。通達では,「労働組合の専従職員は労働者として扱われ,解雇する場合は,解雇予告又は解雇予告手当の支払いが必要である」とされています。

例えば,病気休職期間中の労働者は,実際に休職期間中,会社から賃金は支払われていませんが,労働関係は存続していますので,労働者として扱われます。また,在籍出向の労働者も,出向期間中,出向先の企業から賃金が全額支払われることがありますが,この場合も,出向元との労働関係は存続していますので,出向元の労働者として扱われます。つまり,「ノーワークノーペイ」の原則がありますから,労働関係が存続していても,実際に労働力の提供がない場合は,賃金は支払われません。ただし,本来,労働力がなされれば賃金は支払われるのですから,たまたま一定期間労働力の提供がなく,賃金が支払われないからとって,労働者として保護されなくなってしまうわけではありません。



学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ