HOME > 学習Q&A > 雇用保険法 > 雇用保険法施行規則第17条
「離職票 『事業主を通じて交付する場合』と
 『離職者本人に直接交付する場合』」

雇用保険法施行規則第17条
「離職票 『事業主を通じて交付する場合』と
 『離職者本人に直接交付する場合』」

Q:質問内容

離職票の交付について,<事業主を通じて交付する場合>と<離職者本人に直接交付する場合>の流れがよくわかりません。



:お答えします

事業主を通じて交付する場合 被保険者が離職した場合,
(1)事業主が,10日以内に,雇用保険被保険者資格喪失届に雇用保険被保険者
  離職証明書を添えて,所轄公共職業安定所長に提出
      
 (2)所轄公共職業安定所長は,その場で,公共職業安定所に(1)の書類を持って
  きた事業主に雇用保険被保険者離職票を返付し,離職した者に雇用保険被保険者
  離職票を送付してくれるよう依頼します。

※ したがって,通常,雇用保険被保険者離職票の交付は,事業主を通じて行う
  ことになります。
本人に直接交付する場合 (1)被保険者が離職した際,雇用保険被保険者離職票は必要ない旨を事業主に
  申し出る

(2)事業主は,雇用保険被保険者資格喪失届のみを所轄公共職業安定所長に提出
      
(3)その後,離職した者が,やはり雇用保険被保険者離職票が欲しい旨を退職し
  た会社に申し出る
      
(4)会社側は,雇用保険被保険者離職証明書を作成し,本人にこれを交付する
      
(5)本人は,(4)で作成してもらった雇用保険被保険者離職証明書を,自分
  で,離職した事業所の所在地の公共職業安定所へ持って行き,提出する
      
(6)公共職業安定所長は,本人が直接雇用保険被保険者離職証明書を持ってきた
  ので,その場で,その本人に雇用保険被保険者離職票を交付します。

※ この場合は,当然に,本人が目の前にいるのですから,本人に直接交付しま
  す。事業主を通じて交付する必要はないですね。


学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ