HOME > 学習Q&A > 雇用保険法 > 雇用保険法第56条の3第1項2号
「常用就職支度手当 支給要件」

雇用保険法第56条の3第1項2号
「常用就職支度手当 支給要件」

Q:質問内容

常用就職支度手当について,その支給対象者の1つに,「特例受給資格者(特例一時金の支給を受けた者であって,当該特例受給資格に係る離職の日の翌日から起算して6カ月を経過してないものを含む)」という箇所があります。これはどのような意味なのでしょうか。



:お答えします

特例受給資格者に係る特例一時金の受給期限は,離職の日の翌日から起算して6カ月間です。つまり,この「離職の日の翌日から起算して6カ月を経過していないものを含む」というのは,「受給期限を経過していないものを含む」という意味なのです。

特例一時金の支給を受けた者は,本来,特例受給資格者ではなくなりますが,特例受給資格者が特例一時金の支給を受けた後であっても,特例受給資格に係る離職の日の翌日から起算して「6カ月」を経過していない間は,これを特例受給資格者として扱い,常用就職支度手当の支給対象とすることとしているものです。なお,受給期限が経過してしまっている場合は,常用就職支度手当は支給されません。



学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ