HOME > 学習Q&A > 雇用保険法 > 雇用保険法第37条の3
「日雇労働被保険者 高年齢受給資格者となれるか」

雇用保険法第37条の3
「日雇労働被保険者 高年齢受給資格者となれるか」

Q:質問内容

「日雇労働被保険者は,高年齢受給資格者となることはない」という通達がありますが,内容がよくわかりません。



:お答えします

高年齢受給資格は,高年齢被保険者が離職した場合にのみ,取得できる受給資格です。
例えば,日雇労働被保険者が,前2カ月の各月において18日以上同一の事業主の適用事業で雇用されると,3カ月目の初日(切替日)から一般の被保険者等に切替になります。この場合,この2カ月の途中で65歳に達したとすると,その切替日から高年齢被保険者となります。

そこで,次の図解のように,日雇労働被保険者である間は,65歳以上であっても,失業すると「日雇受給資格」しか取得できません。切替日以後において離職すると,その時点では高年齢被保険者となっていますから,「6カ月以上の被保険者期間」の要件を満たしていれば,高年齢受給資格を取得できます。つまり,日雇労働被保険者である間は,高年齢受給資格を取得することはできないわけです。日雇労働被保険者から高年齢被保険者に切替になった後であれば,高年齢受給資格を取得することはできます。

ky3703.gif



学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ