HOME > 学習Q&A > 国民年金法 > 国民年金法第94条
「保険料の追納 支給繰下げと追納」

国民年金法第94条
「保険料の追納 支給繰下げと追納」

Q:質問内容

マスターテキストP199のワンポイントの[2]において,「老齢基礎年金の受給権者(繰上げ支給の老齢基礎年金の受給権者を含む。)である者は保険料を追納することはできない」と書かれています。では,65歳に達し老齢基礎年金の受給権を取得した後,その支給を繰下げる場合は,追納ができるのでしょうか?



:お答えします

保険料の追納とは,本来納付すべき保険料について,低所得等を理由として免除を受け,所得が回復したときに免除を受けた期間分について保険料を納付し,老齢基礎年金の額を回復させるという,国民年金法においてのみ認められる特殊な保険料納付の仕組みです。被保険者にとっては非常に都合のよい制度ですから,適用を受けるには種々の規制が設けられています。

  1. 老齢基礎年金の受給権者でないこと
  2. 厚生労働大臣の承認を受けること
  3. 追納できるのは承認の日の属する月前10年以内のものに限られること

などの規制です。これらの規制のうち,1の「老齢基礎年金の受給権者でないこと」についてですが,繰上げ請求をした場合は,その時点で「老齢基礎年金の受給権者」となりますから,それ以後は追納をすることはできませんし,65歳に達し老齢基礎年金の受給権を取得した後,その支給を繰り下げる場合も「老齢基礎年金の受給権者」に該当しますから,追納はできないことになります。

学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ