HOME > 学習Q&A > 健康保険法 > 健康保険法第63条
「療養の給付 人工妊娠中絶」

健康保険法第63条
「療養の給付 人工妊娠中絶」

Q:質問内容

「人工妊娠中絶」の場合の取扱いについて混乱しています。正常出産の場合は,療養の給付の範囲外であるのに,何故,「人工妊娠中絶」の場合,妊娠4カ月以上のものは療養の給付及び出産の給付の対象となるのでしょうか。



:お答えします

内容を2つに区分しなければなりません。

1.「出産」として扱うか否か

(1) 妊娠4カ月以上の出産は,理由のいかんを問わず「出産」として扱うことになりますので,
   出産に関する保険給付が支給されます。当然に人工妊娠中絶であっても妊娠4カ月以上のもの
   はすべてです。

(2) 妊娠4カ月未満のものは,すべて「出産」としては扱いません。


2.出産に関して,「療養の給付」が行われるか否か

(1) 正常な出産は,療養の給付の対象とはならない。  
(2) 異常出産(例えば帝王切開等)は,療養の給付の対象となる。
(3) 人工妊娠中絶は,正当な理由があるもの(例えば母胎を保護するために行うようなもの)で
   療養が必要な場合は,妊娠4カ月未満であれ,4カ月以上であれ,療養の給付の対象となる。

(4) 人工妊娠中絶で,単に経済的な理由によるものは,妊娠4カ月未満であれ,4カ月以上であ
   れ,療養が必要な場合であっても,療養の給付の対象とはならない。


以上のようになります。

学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ