HOME > 学習Q&A > 健康保険法 > 健康保険法第45条
「標準賞与額 資格喪失月に支払われた賞与」

健康保険法第45条
「標準賞与額 資格喪失月に支払われた賞与」

Q:質問内容

基本テキストでは,被保険者資格を喪失した日の属する月に支払われた賞与(例えば12月5日に賞与支払い,12月25日に退職したような場合)は,保険料徴収の対象にはならないが,年度の累計額には算入されるとあります。

保険料を徴収しないのに,年度の累計額に算入するのはなぜですか。



:お答えします

標準賞与額については,「年度の累計額573万円」までが保険料の徴収の対象となります。つまり,限度額が「年度の累計額573万円」というわけです。

そうすると,例えば,
7月5日に250万円の賞与が支給され,
12月5日に250万円の賞与が支給され,その後,12月26日に資格を喪失し,
1月10日再就職して被保険者となり
3月5日に100万円の賞与が支給された場合

資格喪失前と再就職後の保険者が同じである場合(例えば,両方の会社とも,協会健保の事業所であった場合など),標準賞与額は通算されることになりますので,3月5日の賞与は73万円として決定され,保険料が徴収されることになります。つまり,3月分の保険料は,100万円ではなく73万円に保険料率を乗じて計算されるため,労働者の保険料の負担が軽くなるわけです。


このように,保険料の徴収が行われなくても,標準賞与額として決定しておけば,労働者にとっては有利になることがあるため,とりあえず,資格喪失月に支払われた賞与についても標準賞与額を決定しておくことにしています。


学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 条文順過去問題集 過去問ゼミ 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ