HOME > 学習Q&A > 健康保険法 > 健康保険法第3条第1項ただし書
「適用除外 他の法律との違い」

健康保険法第3条第1項ただし書
「適用除外 他の法律との違い」

Q:質問内容

健康保険法の被保険者の適用除外となる「日々雇い入れられる者」,「2月以内の期間を定めて使用される者」,「季節的業務に使用される者」について,労働基準法,雇用保険法など他の法律との違いが理解できません。

どのように考えたらよいでしょうか。



:お答えします

各法律の該当部分です。

<(イ) 日日雇い入れられる者>

k0031t-1.jpg <(ロ) 2カ月以内の期間を定めて使用される者>
k0031t-2.jpg
<(ハ) 季節的業務に4カ月以内の期間を定めて使用される者>
k0031t-3.jpg

<考慮する点>
(1)健康保険法の場合は,健康保険の被保険者とならなくても,国民健康保険の被保険者となる
  ことができるが,労働基準法や雇用保険法の場合は,他にカバーしてくれる制度がないこと。

(2)(イ)や(ロ)のケースは,使用される事業は,1年を通じて事業活動を行っているのに対し,(ハ)の
  ケースは,「季節的業務」であるため,途中から適用しても,直ぐに事業活動が休止して
  しまうこと。

以上の点を考慮しながら考えてみてください。

学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ