HOME > 学習Q&A > 労働保険徴収法 > 労働保険徴収法施行規則第6条
「有期事業の一括 一括有期事業開始届の届出回数」

労働保険徴収法施行規則第6条
「有期事業の一括 一括有期事業開始届の届出回数」

Q:質問内容

一括有期事業開始届は,翌月10日までに提出するということは,1回限りでなく,何回も届出するということでしょうか。



:お答えします

例えば,平成工務店が,6月9日にA邸の新築工事(請負金額4,000万円),同月15日にBビルの改築工事(請負金額1億円)を開始した場合は,この2つの工事を1枚の一括有期事業開始届により7月10日までに所轄労働基準監督署長に届け出ます。この平成工務店が,同じ年の8月3日にC邸の解体工事(請負金額500万円)を開始した場合は,これを一括有期事業開始届により9月10日までに所轄労働基準監督署長に届け出ます。

このように,一括有期事業開始届は,一括有期事業に該当する工事を開始するたびに,その開始した月の分の工事をまとめて,翌月10日までに届け出ることが必要です。


学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ