HOME > 学習Q&A > 労働保険徴収法 > 労働保険徴収法第25条
「印紙保険料の認定決定及び追徴金 認定決定に
 おける印紙保険料」

労働保険徴収法第25条
「印紙保険料の認定決定及び追徴金 認定決定に
 おける印紙保険料」

Q:質問内容

政府による認定決定に係る印紙保険料及び追徴金については,都道府県労働局歳入徴収官が徴収し,更に,都道府県労働局収入官吏に納付するとなっていますが,これはどういうことですか。



:お答えします

保険料等の徴収に関する事務は「所轄都道府県労働局歳入徴収官」が行います。つまり,認定決定に係る印紙保険料の納入の通知やこれに係る追徴金の納入の通知は,所轄都道府県労働局歳入徴収官が行います。そして,この通知を受けた事業主は,認定決定に係る印紙保険料や追徴金を日本銀行又は所轄都道府県労働局収入官吏に納付することになります。

事務処理は,「所轄都道府県労働局歳入徴収官」の業務であり,お金の取扱いは「所轄都道府県労働局収入官吏」の業務ですから,このような表現になります。


学習Q&A目次へ

デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ