HOME > 合格者喜びの声 > 第48回(平成28年)

合格者喜びの声

第48回(平成28年)社会保険労務士試験 合格者喜びの声

イソちゃんさん


3回目のチャレンジで合格しました。34年余り勤務した金融機関を役職定年で退職し、再就職した会社で就業規則の改訂を担当したことが社労士試験に挑んだ契機でした。また、人生で一つくらい国家資格を持ちたいという欲求もありました。そこで、1年目は大手の資格学校の夜学に通い、年金2法が理解できぬまま受験。長時間の試験により脳が酸欠状態で帰宅し、庭に出ての一句。

 社労士試験終へてつくつく法師かな

気がついたら夏が終わっていました。結果は、選択34点、択一38点で完敗でしたが、もう1年勉強したらなんとかなりそうだと思い、同じ資格学校を継続。しかし、本試験のひと月前辺りから息切れをしてしまい、2回目は大惨敗の結果となりました。

 刀折れ矢尽きたる野辺の白露かな

そして、平成27年11月、いよいよi.D.E.社労士塾の門をたたき、CD通信本科ゼミの受講を開始しました。3回目を最後と定め、CDとテキスト読み、過去問、答練、模試を繰返しました。加えて、法改正+白書・統計+8月大阪の必勝労働・社会100問の講義出席。井出先生のわかりやすい解説のおかげで、前2年間に理解できなかった内容が嘘のように脳に溶け込んできました。不思議なものです。自宅での平日学習が2時間から3時間、土日祝日は、5時間から8時間。更に自動車通勤でHDDに録音し、往復80分間、井出先生の声をひたすら聴いていました。妻の声より井出先生の声を聴く時間の方が断然多い一年間でした。そして、勇気を持って本試験へ。ところが、試験会場で配布された解答速報を見て、できたと思っていた選択式健康保険法がまさかのミスのため2点。頭がクラクラしました。

 試験終へ見上ぐる空や夏の果て

完全にあきらめ、試験を振り返ることも嫌になっていた11月14日、職場に妻から「書留が届いた」というケータイメール。

 書留の合格証書や冬に入る

救済のおかげです。その4日後、60歳の誕生日を迎えました。今さら事務所を開設するつもりはありませんが、知識を活かして周辺の方々のお役に立ちたいと思います。井出先生、誠にありがとうございました。

さくら&ミミさん


井出塾長、web基礎講座にてご担当いただきました関口講師、板倉講師、五十嵐講師並びにいつもご丁寧な対応をして下さる事務局の皆様、大変お世話になりました。この長く苦しい2年の勉強漬けの毎日を乗り越え、ようやく合格を掴めたのは、皆様のおかげです。本当に本当にありがとうございました。 合格発表の日に求人に応募し、翌日の面接で即内定、その2日後から社労士試験合格者として地元の社労士法人で働き始めました。未経験のわたしでも社労士としてのスタート地点に立つことができ、人生の好転ぶりに改めてこの資格は凄いと実感しています。 これもi.D.E.社労士塾のおかげ、ずっと応援してくれた家族や友人のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。 自力では全く理解できない条文も、法律の背景や目的をしっかり説明して下さるのでひとつひとつ理解しながら勉強を進められました。そのうえで、過去問題や答案練習、模擬試験と全てにおいて解説がとにかく丁寧で整理されていて、底力をつけられると確信を持って取り組めました。絶対に合格して人生を変えるんだと最後まで諦めずにがんばれたのは、やはり100%信頼してこの講義についていこうと思える井出塾に巡り会えたからだと思います。井出塾長の講義無くして、私の合格は掴めませんでした。 まさに、この資格で新しい未来が開けました。ようやく念願の社労士としてのスタート地点に立てました。未経験で右も左も分からないので、当然ながら勉強の日々ですが本当に幸せです。努力はきっと報われる、そう信じてこれからも勉強を続け、一人前の社労士を目指して頑張ります。本当にありがとうございました。

豪華な粗品さん


2度目の挑戦で、無事に合格することができました。 1年目は大手予備校の総合本科コースに通っていましたが、社労士試験のボリュームに圧倒され、見事撃沈...。 2年目は理解重視の講義に定評のあるi.D.E.社労士塾の通学総合コース(夜間クラス)でお世話になり、合格することができました。復習のための講義CDは何回聞いたか覚えていない位です。おかげで他校模試も含め、昨年からの苦手科目であった雇用/徴収・健保の択一でどちらも10点と、本試験では得点源にすることができました。 井出塾長、先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。新たな一歩を踏み出すことができそうです。

にゃごさん


ようやく合格することができました。途中で何度もやめたいと思いましたが諦めず続けてきて良かったです。井出塾長をはじめ諸先生方、スタッフの皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

うるるさん


2回目のチャレンジで合格できました。2年前資格学校を検索し各学校から資料を送っていただき、又ネットでの声も参考にこちらのi.D.E.社労士塾に決め2年間お世話になりました。パートの仕事と土日は家事も疎かにしたくなかったので2年間とも通信で勉強しました。1年目はなかなか理解も進まず択一、選択ともに1点足らずで不合格でしたが、今回は択一54点選択32点の基準点割れなしの合格でした。復元解答では択一53点。嬉しいマークミスがあったようです。 2年目の勉強方法は塾長のおっしゃった声を出して読む、何度も読む、これでより理解が進んだと思います。そして通勤途中や家事をしながら携帯に入れた塾長のボイスをいつも聞いていた事、電話での質問にも丁寧に答えて下さった事すべてが合格につながったと思います。ありがとうございました。

ゆきさんさん


3回目の受験で合格することが出来ました。 1年目はCD通信の他、答練、法改正、中間、最終模試も通信で学習し受験、結果は散々なものでした。このままでは合格出来ないと思い、翌年は答練、法改正、中間模試、最終模試をライブに変更しました。井出先生のライブ講義は一切無駄が無く、暗記学習でなく、事例を交え、理解中心の学習が出来ました。 昨年、2回目の受験はある程度自信を持って臨みましたが労働一般の選択で基準点割れ、試験日当日に不合格が確定となり、落ち込みました。 3回目の受験をどうしようと考え、ガイダンスを受講、答練でもお世話になっていた関口先生にここで諦めるのはもったいないと励まされ、3回目の受験を決意、今年で最後!という気持ちで出来ることをすべてやろうと1年間必死で頑張って試験会場へ、午前の選択の解答用紙が配布された瞬間、『またか!』 昨年と同じ労働一般が4択!! 昨年の悪夢が蘇りましたが今年は合格基準が下がり、何とか合格することが出来ました。 合格発表で自分の受験番号を見つけた瞬間は諦めずに頑張ってきて良かったと心の底から思いました。また、翌日、合格証書が届き、実感が湧いてきました。 井出先生、関口先生をはじめ、IDE社労士塾には3年間お世話になりました。本当にありがとうございました。

プリンさん


昨年まで4回連続の選択式1点不足という状況で2016年の勉強を再開し、合格しました。 i.D.E.社労士塾には受験だけではなく人間的な部分でもお導きを頂き感謝の気持ちで一杯です。 バックグラウンドが狭い私には何回受験してもダメだという不安を抱えながらの毎日でしたが、少しだけ持っていた知識の貯金をフル活用することでシンプルでコンパクトな学習を継続することができました。i.D.E.社労士塾に支えてもらいながら自分の力で人生の選択肢が広がった喜びは一生忘れません。心より御礼申し上げます。

にのんさん


井出先生、i.D.E社労士塾の先生方、本当にお世話になりました。i.D.E社労士塾で勉強を始めて3年、やっとやっとやっと合格できました! 社労士事務所に通算12年勤め、いわゆる「実務の知識が邪魔をして」、先生方からすれば「なんでそんなところ間違うかな」と思われるであろうミスばかりして、毎年1~2点に泣いていました。 今年はテキスト中心の勉強に専念し、途中で練習問題を解く時間が足りないと気づいた後も、とにかく講義中に「ポイント」と言われたところを繰り返し読みました。アウトプットが足りなかった分、択一の総合得点は決して高くありませんでしたが、選択を含めて基準点未達は一つもなく、合格点を確保できました。法改正ゼミと白書ゼミ以外、選択式の練習問題はほとんどやっていませんが、講義を聞き、テキストを読みこむだけでも33点とれました。 井出先生の講義はとてもわかりやすく、面白く、忘れっぽい私でも記憶に留めやすい内容でした!! 選択式の雇用保険法では、覚えたと思っていた目的条文が試験会場で真っ白にとんだ時も、井出先生のお話を思い出し、なんとか正答を選ぶことができました。本当にありがとうございます!! 講義の内容は、もちろん実務にも役立つことばかりで助かっています。 今後も法改正の受講は続けるつもりですので、よろしくお願いします!!

みどりさん


4回目の受験で合格しました。3年目までは他校に通っておりましたが、昨年初めてIDE塾を知り、模擬試験と直前まとめ、白書を受講しました。 今まで択一式の点数が伸びず悩んでおりましたが、IDE塾の模擬試験の復習を繰り返し行ったら、昨年の本試験では択一式の点数が初めて50点を超えることができました。選択式の労災が1点足らずに不合格となってしまいましたが、自分でも合格できるかもしれない...と初めて思えた結果でした。 4年目は迷わずIDE塾にしようと決めました。 IDE塾は暗記ではなく、理解中心の講義で、なぜそうなるのか?と追及していく私には合っていたのだと思います。 インプットの時はテキストを読み込むことに時間がかかり、アウトプットも時間がかかり、正直本試験に間に合うのかな?と不安になることもありましたが、わからない所はとことん質問し、直前期は毎日のように電話してしまいました(笑) その都度、丁寧な指導と不安な私を励ましてくださって本当に感謝しております。 そのおかげで、今年は択一式、選択式ともに基準点割れなしで合格できました。 合格できたのはIDE塾のおかげだと思ってます。 井出先生をはじめ、諸先生方、スタッフの皆様、1年間本当にありがとうございました。

masakohanさん


諸先生方の熱心なご指導のお陰で合格することができました。 ありがとうございました。 これまで何年も選択問題に泣かされてきました。何度、労一、社一で一点足らずの不合格になったでしょうか。 それはそれは悔しくってたまりませんでした。 対策のしようがない状態でしたが、先生方の励ましで気持ちを保つことができました。とはいえ、今回の受験は、なかば開き直りでした。 変な気負いもなく、きっとうまくいく どうにかなるさの気持ちで取り組みました。 実は、小心者で、テスト後自己採点出来ず、また試験問題も一度も見ることもできませんでした。 合格の簡易書留が届いてはじめて点数を確認しました。 選択、択一も救済を受けずに合格出来ていたのが分かり、本当に嬉しかったです。 これからどのような方向に進むかわかりませんが、私らしい社労士になりたいと思っています。 はじめてide塾の講義を受けたのは、井出先生の年金特訓ゼミでした。 分かり易い講義で感激しました。 年金の強い社労士になれたら最高です。

sym1さん


井出先生、講師の先生方、事務スタッフの方々、5回目で合格することが出来ました。どうもありがとうございました。IDE塾には直近2年間お世話になりました。2年目を迎えるにあたって徹底したのが、①1年目に途中から問題演習に突っ走ってしまった反省を生かし、2年目は徹底してテキスト読みをしたこと、②IDE塾を信じ与えられた教材・問題のみ取り組んだこと、③受講生の馴れ合いには参加しないこと、この3点が合格につながったと思っております。長期ベテランになりたくない一心で勉強し(結果的に5年かかりましたが)、他校に浮気をせず、IDE塾を徹底的に信じて本当に良かった。本当にお世話になりました。

お陽さまさん


社労士を目指したきっかけは会社が合併し、より深い知識を身につけたいとの思いからです。当初は独学で合格どころか勝負の土俵にも乗れず、行き詰まってました。 3年目法改正講座を受講し、井出塾長の講義に一発KOのごとく魅了されました。以降はその年の仕事や家庭の環境により通信・通学・Web等を受講しIde塾生として挑戦し、8年目の今年合格証書を手に入れることが出来ました。 本試験の問題を解いている時塾長先生の神の声が聞こえ、基準割れもないかなと手ごたえはありましたが、択一の点数が伸び悩み諦めていました。発表の日ネットに自分の番号を見つけたときの驚き、これまでの時間と労力が報われた思い喜びがこみ上げてきました。 井出先生 講師の先生方 塾の皆さま お世話になりありがとうございました。学生の頃より勉強を楽しみ、貴重な時間を一緒に歩ませていただきました。今後はOBとして引き続き教えを賜り、社労士としての道を精進し歩んでいきます。よろしくお願いします。

九州男ディさん


ただただ塾長の講義に魅せられて、充実した時間を過ごすことができました。今回晩秋の桜が咲いたのは・・・、CD通信ではありましたが、途切れることなく続く解説は、国営放送アナウンサーのレベルを超え、法律の背景や的確で分かりやすい事例、ビックリの裏話?!の紹介は、ドラマを多彩により面白くするエピソードのようであり、紹介される重要過去問は、料理の味を引き立てる調味料のように効果を発揮し、ひと講義ひと講義が、まるで流れるようなカメラワークでいつのまにか酔わされ、時間を忘れさせ、 2 回3回と見たくなる映画のようでした。 また答錬では、丁寧な赤ペン指導と温かいコメントで、優しく包み込んで気持ちを奮い立たせてくれる添削の先生の方々。 電話質問では、的確にストライクゾーンにズバッと来るお言葉で、迷いを取り払ってくれる各スペシャリストの講師の方々。 予期もせず、疑問点を察し、指南のお手紙が不意に届き喜びと安心感を与えていただいた講師の方々。 そして、それを支えている全スタッフの方々のおかげです。 隠し味として、周りの理解と先に開花した先輩の方々の励ましも、美味しく効きました。 勉強を始めてから5年、お世話になった後半3年間、果たしてどこまで吸収できたのか、この桜を生涯をかけて満開にできるように、身の引き締まる思いです。

大阪ふくちゃんさん


足掛け8年、7回目の受験で合格です。友人から社労士の資格を進められたのがきっかけで仕事に活かせると思い始めましたが、のめりこみました。土・日が休めないため他校でPCを見ての学習を3年間続けましたが、本当にこれでいいのか疑問だらけでした。そんな時i.D.E.塾のWeb講座の話を聞き、一からやり直すのに勇気はいりましたが思い切って切り替えて正解でした。井出先生の講義は分かり易く今まであやふやだったことも先生の実体験からの話で十分理解できるようになり、「人に説明ができるような勉強をしなさい。」が本当に実力をつけるこつでした。勉強方法はいたって簡単、テキストの読み返しと過去問の繰り返しだけです。年齢を重ねるにつれ若いときのような記憶力も気力もなくなり自信喪失に陥りましたが、先生方の励ましや質問に対しての丁寧な回答も頂き講義で先生が話されたことをひたすらテキストに書き込み全教科を10回以上読み返しました。そうすることで問題の論点も素早く見抜けるようになりました。不安と焦燥の中、日常では工事現場の労災票を見れば目を止め、あるときは祖父の老人ホームの請求書で介護の問題を作り、「また落ちたんですが」と言う若い社員のパワハラにもめげず(笑)、1ヶ月100時間をゆうに越す勉強時間で社労士になる前に過労死するんじゃないかと心配しながら、Webの孤独に耐えて勉強を続けました。遠回りもしましたがi.D.E.塾のテキストと短期ゼミ、各先生方の講義は最高のもので、信じ続け勉強したのが良かったと思います。これから受験される方、再度チャレンジされる方も諦めたらその時点で終わりです。絶対に合格してやるという強い意志をもって頑張ってください。最後に井出先生をはじめ、各先生方、スタッフの皆様には本当に感謝申し上げます。

むーたんさん


7年目です。やっとやっと合格を手に入れることが出来ました。 業務にたずさわっている関係で、どうしても何がなんでもほしい資格でした。会社のパソコンで合格を知り、うれしさのあまり震えが止まりませんでした。IDE塾に出会わなければ私には合格はなかったと思います。IDE塾に入る前、他校にも通ったことがありますが、10科目もどうやって覚えるのか試験に臨むのかさっぱりわからなく雇用保険のあたりで講座に通うのもいやになり断念していました。知り合いの勧めでIDE塾に行ってみたらという言葉を信じ門をたたいてみました。初めから何かが違うと感じていて、井出先生の知識の多さ単に試験の解説ではなく、どーしてそうなのか理由も説明をして頂けてなるほどねと思うことが多く、頭にすーと入って勉強が楽しくすら思えるようになっていました。カリスマ井出先生をはじめ関口先生のユーモアのある授業、五十嵐先生の優しい包容力、親身になって相談にのって頂いた素敵な板倉先生、すべてが最高でした。 勤務社労士としてこれからもがんばっていきたいと思います。人生の宝をいただきました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

アンモナイトさん


3年目の受験となりました。1年目某校本科、そして直前期にオプションで初めてide塾の白書・統計(確か最終模試も受けたようにおもいます)。2年目ide塾本科通信にてインプット講座&通学答練にてアウトプット講座(他校模試は受けておりません)。 H28年ide塾法改正講座+単科にて国年・厚年+白書・統計+中間最終模試、と本年度はオプションでの受講となりました。それと今年のみ他社1校only、O社全国統一公開模試Ⅰ、Ⅱを受験。といった 軌跡でございます。 今年は、個人的に諸々の事情により不本意にもなかなか勉強をできる態勢が整いませんでした。 春を迎える間際、漸く本腰を入れられる遅いスタートを切るに至った次第。 でも、それもつかの間、今度は夏前に半月ほど、はたまた勉強がほとんど(90%くらい?)できない状況に陥り、思わず不用意にも、なかなか気持ちの落ち着かない環境下での受験生活となったのです。本試験への熱もままならないなか、内心とても焦っていました。 でもそんな状況下にあっても、真に救われましたのは、去年本科での井出先生の講義が本当に身になっていたので、今年大改正の肝である国年・厚年と法改正を、自分の知識に上書きすることが出来ました。慣れ親しんでいる自分の学校、ide塾の先生のものではない、全く別の感触の文章、問われ方の切り口、視角が全く異なる完全アウェーな本試験(他校模試も)であったりもしますが、インプットさえ適切であれば、いくらでも 応用やアレンジは効くと思います。 ただでさえ、すべてがマイペースな亀なわたしですが・・・人生崖っぷち。幾重に(?)断崖絶壁。そんな状況の中、あともう少しなのに・・・手を伸ばしたら、それはすぐもうそこに、触れられるところにあるのに・・・でも、近づくと指の隙間からすべり落ちてすっと はなれていく・・・そんな感覚を何度も味わいました。砂漠の逃げ水。何度も心のバランスを失いかけました。 それでも足かけ三年の想い&知識を、今回、合格という形に昇華させることが出来ました。知力体力といふよりも、むしろなんとも 精神的なタフさを要求されることの多いこの試験か、とも思います。 念願成就なりましたのも、すべてひとえに井出先生の講義の賜物であります。 井出先生から いただいたお言葉を、精神衛生管理上の御護りとして、いつも胸に響かせていました。 井出塾に出会っていなかったら、大袈裟ですけども、世界の捉え方、視える世界はまったく別ものだったと思います。 私の場合、他では駄目でした。 勉強してよかった。 井出先生、関口先生、他の先生方、そして井出塾のスタッフの皆様に、今ここに深く感謝お礼申し上げます。

かっちさん


3回目の受験で合格することができました。 1年目は、仕事が忙しく十分に学習することができないまま試験に臨み惨敗しました。 私は、社労士での独立開業を強く志していますので、仕事の忙しさによる勉強不足が続いては本末転倒と考え、退職をしました。 2年目は、十分に学習し自信をもって臨みましたが、択一54点、選択29点ながら労災1点で足切りとなり、涙をのむこととなりました。 そして3年目の今回は、択一51点、選択33点をとり、労一2点ながら合格できました。 私は、1年目から毎年、CD通信Pコースを受講してお世話になりました。 このコースは、基本テキストに加え、法改正や答案練習が充実しています。 何度もテキストを読み込み、答案練習を繰り返しこなし、それだけで安定した実力をつけるのに十分な教材だったと思います。 本当にありがとうございました。

さとえさん


i.D.E社労士塾に4年間→通信3年、通学1年お世話になりました。 1点に泣く負のスパイラルにはまってしまい、合格発表の日はいつも落ち込みました。 今年は選択、択一とも基準点割れがなく、お陰さまで合格できました。 通学の時、井出先生をはじめ、先生方の講義は、迫力があり、分かりやすかったです。通信は私は、CDを選び、通勤や仕事で車を使うとき、いつも聴いていました。 年金の苦手な私は、関口先生によく助けていただきました。 また、私は、同じ塾に通う皆さんとの勉強会に参加させていただき、刺激を受けていました。 今年、これまでと変えたことは、苦手科目の過去問ゼミを取ったことです。これはとても力になりました。 井出先生、先生方、本当にありがとうございました。感謝でいっぱいです。

みやちゃんさん


4回目の挑戦で合格できました。これもideの先生方のアドバイスと教材を中心に粘り強く継続したからだと思います。あきらめずに頑張ってきて良かったです。本当にありがとうございました。

まこさん


3回目の受験で合格することができました。ありがとうございました。i.D.E.社労士塾との出会いは、友人が勧めるので、模試でも受けてみようかなと、軽い気持ちで中間模試を受講したことでした。模試と解説で感動してしまい、直前期はi.D.E.塾にかけて、それでだめだったら次は最初からお世話になると心に決めました。法改正ゼミと白書・統計ゼミは本当にすばらしく、点数に結びついたと思います。また、直前総まとめゼミのおかげで偏りなく復習することができ、選択・択一全てで基準点以上という結果につながったのではないかと思います。通信だったので、100問と選択ゼミでライブで講義を受けることができるのをとても楽しみにしていました。 苦しい直前期を、あきらめずに前向きに過ごすことができました。 本当にi.D.E.社労士塾の皆様、そして出会いを与えてくれた友人に感謝です。

ヒラコロケさん


今回、初めての受験でしたが、合格することができました!! 過去問ゼミ、ホントよかったです。 過去問ゼミの労基法第1回前半を無料視聴し、 「これは、すごい!」と思い、 すぐに、全科目申し込みました。 あの講座がなければ、私の1発合格はなかったと思います。 本試験まで、2回しか聞けませんでしたが、 頭のなかで知識が整理されていく感じがしました。 模試の成績は、大したことなかったのに、本試験では、 一気に、合格ラインを超えたので、自分でも大変驚いています。 (ただ、選択労一は2点救済されました。) 法改正ゼミもよかったです。 webでの視聴でしたが、ご指導、ありがとうございました。

Yoheyさん


2回目で合格することができました。択一51点、選択式32点で基準点未達はありません。 1年目は某大手予備校の通学講座で1年死に物狂いで勉強しましたが、27年の本試験では歯が立たず(択一43点、選択式29点、労一労災基準点未達)、この年に受けた本塾の模擬試験での井出先生の理解し易い解説、練習問題の構成に惹かれて、2年目はIDE塾のCD通信を申し込みました。テキストや講義音声、練習問題の質の高さは言うまでもありませんが、ありがたかったのは、インプット時期や直前期の勉強方法、各科目の出題傾向に対する対策など、学習方法のテクニックの部分も教えていただけたことです。これにより学習方法に迷いが生まれませんでした。 私は大阪在住ですので、模擬試験や100問100答の時しか井出先生とお会いすることはありませんでしたが、毎回講義終了後に頂いた数分のアドバイスも合格の原動力になったと感じております。 私にとって合格はスタートラインですので、今後も精進していきます。 IDE社労士塾の皆様、ありがとうございました。

K to Zさん


昨年はCD通信講座を受けて受験... 労災選択が基準点に届かず不合格。自分に力がなかったと気持ちを切り替えて、今年は土曜の通学講座を受講しました。 周りの受講生に刺激をもらいながら、事前に何度もテキストを読み返し、井出先生の講義は復習のつもりで聞いていました。 試験が終わり自宅で採点してみると、選択35点・択一46点でしたが、択一一般常識が3点だったのです。全身の力が体から抜けていくのを感じました。また今年もかと... どこの予備校を見ても今年の択一は救済なし、あっても国民年金程度との予想で、99%あきらめていました。 合格発表当日、自分の受験番号が載っていてびっくり!まさか救済されていたなんて。 本当は報告するか悩みました。救済がなく不合格となってしまった方も沢山いらっしゃるからです。 ただ、10ケ月間お世話になった講師の方々にお礼が言いたくて... 本当にありがとうございました。

ダメおやじさん


言うまでもありませんが、試験は合格か不合格の2つに1つです。 だから合格するだけを目標に勉強しました。 よく受験仲間で慰め合ったりグチってたりワイワイやってる人達を見かけますが、こういう人達はかなり合格とは離れてしまいます。 受験にそういう仲間は不要です。仲間作る前にideの先生方の授業と友達になって下さい。受験勉強は孤独になって一人でやるのが一番の最短の方法です。私はideの先生方の授業を信じて受講したので合格の道が開けました。

ジョナサンさん


今回2回目の受験で合格することができました。直前の模試択一の平均点が33点と伸び悩んだため今年も無理かなと思ったこともありましたが、直前1か月、模試の復習と確認テスト及び答案練習ゼミの問題に繰り返し取り組んだことが点数アップにつながったのだと思います。 2年目の今回は、iDEの通信総合コースP+白書ゼミのみに絞り込んで学習しました。最初は、Pコースの確認テストと答案練習ゼミだけでは問題量が足りないのではないかと不安になりましたが、仕事をしながらの学習では模試及び答案練習ゼミの問題をこなすだけで精一杯でした。 最後まであきらめずiDEの講座を信じて勉強してきて本当に良かったです。ありがとうございました。 今後ともよろしくご指導お願いいたします。

sakachanさん


井出先生、IDE社労士塾の先生・スタッフのみなさん、一年間大変お世話になり本当にありがとうございました。これまで独学でしたが、なかなか厚い壁を突破できず、昨年は答えの写し間違いで択一が一点足らず敗北しました。今回CD通信教育で初めて受講し、答案練習ゼミ・法改正・労働社会100問・中間及び最終模試などを通じて、先生のよくわかる解説や添削指導などが大いに役に立ちました。今回も昨年と同じく難しくて半ば諦めましたが、なんとか厚い壁を突破できました。とにかく先生を信じて、問題を解く数より丁寧に問題の理解に重点を置いたこと。また先輩からのアドバイスでストップウォッチを使い、問題の処理能力を早くする工夫をしたことが勝因かなと思います。

ササスキーさん


昨年の12月から約9か月間、お世話になりましてありがとうございました。終了後の自己採点では択一50点、選択34点で基準点割れは無かったのですが、マークミスで不合格になったら悔やんでも悔やみきれないと思っていたので、合格通知が来たときは正直、ほっとしました。まずはスタートに立てた事を素直に喜びたいと思います。 そしてこれから一人前の社労士になる為に新たな気持ちで勉強していきたいと思っています。 今後とも宜しくお願い致します。

syuさん


独学・某通信社労士講座で4年、i.D.E.社労士塾でお世話になり3年の合計7年目にしてやっと合格することが出来ました。 i.D.E.社労士塾でお世話になってからは、1年目は模試・法改正ゼミ受講で試験結果は択一2点不足で不合格、2年目は答練ゼミ・選択ゼミ・模試・法改正ゼミ受講で試験結果は選択の労災2点にて不合格、今年はCD通信本科ゼミ・模試・法改正ゼミ受講でやっと合格できました。 i.D.E.社労士塾との出会いは独学等で点数が伸び悩んでいた際にインターネットで見つけた井出先生の講義動画。話し方が丁寧で聴きやすく各法律の説明が詳しいのはもちろんですが、試験データ分析からの学習方法・実務的なお話や実際の社労士がどのように仕事をしているか雑談部分等もとても勉強になりました。 長年の独学から問題演習を中心に行っておりましたが、「それは間違いで近年の試験傾向分析からマスターテキストを読むことを中心に行った方がよい」と教えていただき実践しました。 今年は問題演習の回数はとても少なかったのですが、本試験では直近1か月にマスターテキストで読んだ部分が正解肢となる問題が出題されたりして、「今年こそは合格できるのではないか」と長い試験時間中の希望となりました。 また井出先生が講義の中でおっしゃっていた「厚生労働白書を読んでそれが安心や自信につながり合格した方がいます」という言葉に従い実践してみました。 結果、試験中問題が解けたという手ごたえはあまりもてませんでしたが、試験時間最後まで諦めずに全力で取り組むことが出来ました。 何度も受験してきた経験から、合格した年には何か運的な要素がたくさん影響しているように思います。 ただしこの運は「ただ運が良かった」ではなく、「努力してきたからやってきた運」だと感じます。 資格取得に長年かかってしましましたが、時間をかけた分「なぜ社労士になりたいのか?」「どのような社労士になりたいのか?」にたくさん悩みその為の努力も出来たことは、この7年間無駄ではなかったと思っています。何年も悔しい思いをされている皆様は諦めずにもう一度挑戦してください。必ず「本当に続けてきてよかった」と思える日が来ます。 井出先生、電話でアドバイスいただきました五十嵐先生本当にお世話になりました。ありがとうございました。

あゆママさん


3回目の受験で合格することができました。 1年目は他校、2年目からIDEでお世話になりました。 井出先生の仰るテキスト読みを習慣に勉強をしました。 答練は基本、応用問題とありますが、何度も同じ間違えをしてしまうことに自信をなくしましたが、最終的に1科目3回くらいはテキスト読みをしたことで、答練も直前期に解きなおすと解けるようになりました。 選択問題もテキスト読みを重点的にしたことで強くなったと思います。 自分はWEB通信でしたが、分からないところは繰り返し見れること、すぐ電話で質問できるシステムがありがたかったです。先生方から丁寧に対応していただきました。 発表日まで気が気ではありませんでしたが、IDE社労士塾を信じて、自分の弱点を洗い出し、根気強く続ければ結果がついてくると実感しました。先生方には大変お世話になり、感謝しております。

くんちゃんさん


合格発表当日の朝9時30分、試験センターのホームページにて自分の受験番号があるのを発見し舞い上がりました。喜びのあまりすぐさまi.D.E.社労士塾に電話しお礼を言いました。電話口には板倉先生が出ておられましたが大変喜んでくださり、その後暫くお話しさせて頂きました。先生にもお伝えしましたが私は6回目の挑戦での合格でした。他の複数の大手の資格学校にも通いましたが直近の3年間はi.D.E.社労士塾だけでした。直前講座も含めれば足掛け4年間になります。このような経緯から私は数多くの講師の先生方に接してきましたが、井出先生ほどの方に出会ったことがありません。見識の広さ、講義の巧みさ、理解のし易さ等々深く感銘を受けました。本当にありがとうございました。それにしても1点に泣き、1点に笑うとはこの事かとつくづく思い知らされました。私を含め今まで知り合った数多くの受験生の中には、去年は1点足りず不合格となってしまったという人が何と多いことか。この1点が私には今年は吉をもたらしました。選択式、択一共に全科目基準点割れはしていなかったのですが、択一式が超ギリギリの42点だったのです。合否判定では「十分に合格の可能性はありますが、不安な点(択一式の得点のこと、筆者注)もありますので発表当日までは学習を継続しましょう」とのことでしたので合格の知らせに舞い上がってしまったのでした。

Y(大阪府)さん


択一55、選択35、救済なし。学習期間2年で合格しました。 昔、他の士業の学習をしていたのですが、子育てなどでそちらは中断のまま。一昨年、職場での有期雇用の方々の労働トラブルを見ていて、労働法に特化して法律の勉強を再開したのが社労士受験のきっかけです。社労士の受験科目の専門性の高さには驚きました。CD通信を受講していたので、iphoneに井出先生のナレーションを入れて聞きながらの通勤が習慣でした。本当に本当にたくさんの知識を有難うございました。この知識が散逸してしまうのは勿体ないので、これからもCD単科と法改正は受講を続けようと思います。ご迷惑でしょうが、今後ともよろしくお願いいたします。

ヨコさん


3回目の受験でギリギリですが合格することができました。わたしの場合は、受験資格を得るために平成24年に60歳代で短大(通信)の入学から始まりましたので、本日、合格通知が届いた時は本当に感無量でした。前回の試験で不合格だったときは、残念な気持ちもありましたが片方ではダメだったらi.D.E.社労士塾の講義を受けようと決めていましたのである意味、これで塾長の講義が聞けるとうれしくもありました。web通信の本科ゼミを受講させていただきましたが本当にわかりやすくて塾長の講義を聞くことができて良かったと改めて思っています。井出塾長をはじめとする諸先生方、スタッフの皆さんお世話になりました。ありがとうございます!!

ラスタさん


苦節5年、やっと合格することができました。5年間、IDE塾には大変お世話になりました。 合格は、これからの人生の第一歩です。今後は、年金関係の仕事に従事して行きたいと思います。その為には、より一層の精進が必要です。今後も、ご指導よろしくお願いします。

57yoさん


5回目の受験で合格することが出来ました。本当にありがとうございました。 i.D.E.社労士塾 には4年目に通学、5年目にはWeb通 信ゼミでお世話になりました。受講ガイダンスの際に、井出先生から勉強方法を今までのやり方から変えて、テキスト中心の学習にと指導を受け、この一年ともかくテキスト読みに取り組んだことが良い結果につながったと思います。なかなか合格できずに前を向くことができなかった時期もありましたが、i.D.E.塾だったからこそ、続けることができたと思っています。先生方には、電話での質問にも根気よく対応いただいたり、確認テストでは赤ペンの添削で頑張る勇気をいただき、また、スタッフの方には日頃から温かく細やかな気配りをいただいたからこその結果だと感謝の気持ちでいっぱいです。

さなだまるさん


2回目の受験で合格できました。昨年初めて受けた他校の模試で択一が28点しか取れず、以来ずっと択一が伸びなかった私が今年の本試験で初めて50点を超えることができました(択一51点・選択32点、基準点割れなし)。本試験終了後に自宅で自己採点をし、願った通りの点が取れていることを確認した時は感激で涙が止まりませんでした。合格発表で自分の受験番号を見た時は、苦しい20ヶ月間の努力が報われた気がしました。私は通信本科ゼミ(CD)と模試だけを受講しましたが、iDE社労士塾のテキストと塾長の講義は最高の教材だと思います。井出塾長をはじめとする諸先生方、スタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

kao0112さん


i.D.E.社労士塾のスタッフの皆様、1年間大変お世話になりました。本日「合格証書」が届き、ほっとしたところです。 1年目は自力で臨み、選択式の労働一般でアウト!今回も労働一般はギリギリでしたが、何とか滑り込めました。 年齢的にも不安でいっぱいの受験でしたが、何十年ぶりかの猛勉強、意外と楽しく充実した時間でした。新しいことを知る喜び、そして今まで中途半端な知識だったことがすっと自分の中に降りてきてしっかりと理解できたときの嬉しさ、この歳になっても新鮮でした。 口コミで知ったi.D.E.社労士塾でしたが、とても分かりやすい講義で満足のできる内容でした。いい出会いができました事に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

あきぽさん


4回目の受験にて合格することができました。 本年こちらでは、法改正ゼミ・白書統計ゼミ・労働100問社会100問・中間模試・最終模試を受講しました。 受講後は井出先生の解説を通勤や空いた時間で何回も聞き、またテキストや模試は問題や解説を覚えるまで何回も回しました。 限られた時間の中、あれこれ手を広げずに良問揃いのこちらの問題をやり続けたのがよかったのだと思います。 i.D.E.社労士塾の方々、本当にお世話になりました。

S@Fさん


4年連続で、選択の基準点割れ1点に泣きました。漸く合格できました。 本当にありがとうございました。地方在住のため、井出先生のライブの講義が聞けるのは、法改正等の特別講座のときだけでしたが、 その度にいつも目から鱗が落ちるように、今まで理解できなかったことが、すっきり整理できた充実感を持ちました。学習の習慣を切らさないため他校に在籍はしていましたが、直前期からは自宅で、井出先生の模試解説や科目別基本テキストのCDで勉強を続けました。正直、このことが今回の勝因のすべてだと思っています。最後の一か月は、毎晩、枕元にプレーヤーをセットし、眠りにつくまで井出先生の法改正講義のCDを繰り返し聞きました。おかげで4年間私を苦しめた選択式試験では、労一を除いて、ほとんど満点に近い成績を残すことができました。感謝の言葉もありません。今後も地方でライブの講義が聞ける折は、必ず参加します。これからもどうぞよろしくお願いいたします。重ねて心よりお礼を申し上げます。

しかまろさん


2回目のチャレンジで無事に合格することができました。 昨年は他社の通信教育と御社の法改正・横断セミナー・模擬試験を受けましたが、残念ながら労一が1点で不合格でした。悔しかったですが、"もう1年きっちり勉強することで、合格後も活用できる知識を習得するチャンス!"と気持ちを切りかえて、井出先生のCD通信(本科ゼミと答練)を受講することを決意しました。 井出先生の講義では、試験対策の内容だけでなく、実務の話も含めながら、体系的な内容で説明していただけたので、興味を持ちながら勉強を10ヶ月継続することができました。 i.D.E.社労士塾で勉強した今年の試験は自信を持って受験することができ、択一54点・選択34点(基準点割れなし)で合格することができました。 i.D.E.社労士塾の先生方、本当にありがとうございました。

ひで さんさん


地方在住の60過ぎの通信本科ゼミ生です。 今回5回目の受験でようやく合格することができ、長年の苦労が実を結びました。 社会保険労務士を目指すきっかけは、家内が大病を患い、回復の見込みがなく寝たっきりとなってしまったことでした。この現実を突き付けられたとき、とても受け入れられず、これから先、夫として家内のために何ができるのか悩みました。その一つの結論が社会保険労務士でした。 認知症が始まった90過ぎの両親も居り、家族を支えていくために社会保険・社会保障に関する知識を身に着けたいとの思いでした。 しかし、会社勤務を続け、家族3人を介護し、家事一切をこなす中、その隙間時間を見つけての受験勉強は大変でした。 受験直前期の6月には家内の病状が悪化し、長期入院を余儀なくされました。付き添いが必要なため、私も病院で2か月余り寝泊りをしながら会社勤務を続けました。試験当日も病院先から隣県の受験会場に向かった次第です。 iDE社労士塾を利用して長年受験勉強をしていますと、基本テキストの読み込みを通して徐々にではありますが着実に合格に必要な知識が身に着いてくるものです。塾長が講義の中でおっしゃった「謄写版」の例えが忘れられません。最初の一刷り目はどんなに薄くても刷り重ねるごとに濃くなる、知識もこれと同じと。記憶力の衰えを感じている私にとって正に神の声でした。 6月からの直前期には教材を『テキスト』、『中間模擬試験問題』、『白書・統計完全対策ゼミ』(労一は大の苦手科目)に絞り込み、基礎固めと苦手科目の克服に努めました。 iDE社労士塾の中間模擬試験問題は本試験に出題される論点のエッセンスが満載です。この中間模擬試験(択一問題)の1肢1肢を潰したことが今年の合格につながったと確信しております。 最後に、iDE社労士塾に出会えてなかったら今日の私はありません。そして、職場の某先生にも公私にわたり応援や励ましをいただきました。 社労士を目指したきっかけは、家族のためという内向きのものでしたが、現在は専門家として人のお役に立ちたいと気持ちは外に向っております。今後一層の努力を重ね、一人前の社会保険労務士になれるよう精進して参ります。 井出塾長、スタッフの方々、そして職場の某先生に改めて心より厚く御礼申し上げます。誠に有難うございました。

ひろんさん


井出先生及びIDE社労士塾の先生方、大変お世話になりました。 平成20年、21年と2度試験を受けてから、6年間、 父、母、夫の看護等で、講座の申し込みをするも途中で挫折する 繰り返しでした。今年やっと3度目の受験が出来ましたが、 最後の労働一般のWEBでの講義の受講を終えたのが8月のお盆 前でした。模試も参加できず、やっと試験前に目を通すのが精一杯 でした。それでも井出先生の講義は、理解が中心なので、 充分な復習時間が取れない私でも合格できました。 本当にありがとう御座いました。

Koryanさん


i.D.E.社労士塾の皆様、いつもありがとうございます。 去年は、選択式であと1点足りなくて(労災)、涙をながしました。 このとき、電話で相談にのっていただいた関口講師にはとても感謝 しております。 5度目の受験といろいろな意味で気が重い中、通信本科ゼミと法改正ゼミをとりました。 もう一度0から積み上げるべく全科目基本からやりなおしました。 今年はこれまで通信でやっていた最終模試を思い切って会場試験に切り替えて本試験に挑みました。 (ちなみに中間模試は通信でしたが) 本試験のとき午前の選択式の雇用保険と労働一般のときに 頭が一瞬真っ白になりましたが、最後まであきらめず落ち着いて問題文を読んだとき井出先生の講義ボイスが脳内で再生されて一気にペースをつかむことができました。 おかげで今年は、択一・選択式ともに合格安全圏に入り おだやかに本日の合格発表を迎えることができました。 i.D.E.社労士塾の講師及びスタッフの皆様本当にありがとうございます。

ロボットさん


私は他校の長期講座に通って勉強していました。しかし、4月と5月に通っている講義の当日休講が4回もあり、法改正講義も休講になりました。 そこで私はこのままこの学校で勉強してもダメになると思い、i.D.E社労士塾の存在を知り、5月に井出先生の法改正講義が地元でライブで受講できることが分かり受講しました。井出先生の講義をはじめて聴いたときは熱心で分かりやすい講義で本当に感動しました。講義終了後には受講生から拍手があるほどでした。 私はi.D.E社労士塾の短期講座の法改正ゼミ、直前総まとめゼミ、白書・統計完全ゼミ(白書のみ)、中間模擬試験、最終模擬試験を受講しました。 中間模擬試験は選択式30点、択一式27点でした。最終模擬試験は選択式32点、択一式34点と本試験の合格点には程遠い点数でした。 中間模擬試験と最終模擬試験と白書・統計完全ゼミのテキストを3回復習して、井出先生の解説も自分が完全に理解できるまで何回も復習しました。 本試験を終えて9月3日には他校で受講している私にも丁寧かつ親身に合格診断や2017年度の受講相談をしていただき、関口先生と五十嵐先生には本当に感謝致します。ありがとうございました。 平成28年度本試験の成績は選択式31点(全科目3点以上)、択一式42点(全科目4点以上)でした。この成績では今年の合格はあきらめておりました。 しかし、本日(11月11日)の合格発表を見たときには今まで辛い勉強を継続してやってきて、本当に良かったです。 私が合格できたのも、i.D.E社労士塾を信じて勉強をしたことが勝因だったと思います。本当に良かったです。ありがとうございました。 中間模擬試験と最終模擬試験と直前総まとめゼミの安衛法・徴収法は私にとって、合格に繋がる教材でした。自分に本当に必要な教材が見つかり良かったです。

ささみさん


i.D.E.社労士塾の皆様、本当にありがとうございました。無事合格することができました。 3月から本格的に勉強を始め、5月まで市販書テキスト+過去問を使い独学で進めてました。厚生年金が難関で、これはマズいと思い年金特訓ゼミに申し込み受講したところ、井出講師が何を言っているのかわからない。本格的に焦り始め、急遽i.D.E.の科目別通信を全科目購入し6月からスパートを開始した次第です。 トイレや風呂にもテキストor過去問集を読む。外出する際には常にi.D.E.のテキストを持ち歩き、ウォークマンにCDを移し常に聴ける状態に。ウォーキング中にはテキスト無しで聴く(これは効果なし!)。ご飯を食べながらテキストを読む(テキスト汚れます)。 そんな生活を3カ月ほど続け、最終模試は択一20点台でしたが、ギリギリ間に合ったようです。もしも私と同じような状況にある人でも、途中までやったのなら最後まで諦めないで下さい。 それと直前講座や模試は数をこなすのではなく、丁寧に解くことが大事です。手を広げすぎると満足感は残るが知識はまるで残っていない。あと本試験は選択、択一ともに問題文を丁寧に読むことが大事です。私これで2問取れたはずの択一の問題を落としていますので。 私のやり方はこんな感じでしたが、i.D.E.社労士塾のみなさんのご助力がなかったら合格はありませんでした。重ねてお礼を申し上げます。

はなわさん


4回目の受験で合格することが出来ました。こちらでは、短期通信パックや直前の労働100問社会100問講座でお世話になりました。どの講座もわかりやすく、ここはこういうことなのかと目からウロコが次から次へとこぼれ落ちるくらいでした。代表の井出先生をはじめスタッフの皆さんのおかげです。本当にお世話になりました。有難うございました!




デジタルパンフ
資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
過去問ゼミ
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ