HOME > 合格者喜びの声 > 第47回 (平成27年)

合格者喜びの声

第47回 (平成27年)社会保険労務士試験 合格者喜びの声

M.S.さん


2回目の受験で合格することができました。 なかなか思うように学習時間が取れないなか合格できたのは、i.D.E塾の講義、先生のご指導、アドバイスのおかげと思っております。 本当にありがとうございました!

ユッサさん


今年2回目の受験で合格しました。昨年度に通信Pコースの本科生として1年お世話になり、今年は中間・公開模試と直前対策の100問100問を受講させて頂きました。私は地方住まいで通学できる予備校もなく、実務経験もなく、フルタイムで働く会社員でしたが、直前の空き時間にはひたすらIDE塾の模試解説CDを何度も何度も繰り返し聞いておりました。模試ではいちども択一基準点を超したことがなかったのが、本試験で初めて基準点を上回ることができたのは、理路整然とした塾長の解説講義のお陰であると思います。100問100問も最後の知識の整理に非常に有用でした。配信がないため新幹線で参加しましたが、ぜひ後学の皆様のために配信もご検討ください。また、1年目は年間を通して、2年目はオプション講義参加時などの折に触れて、親身な講師陣のアドバイスに本当に励まされました。ここまで一人一人に親身になってくれる予備校は他にないと思います。合格できたのはIDE塾のおかげです。本当にありがとうございました。

げんたろうさん


やっと『合格』することができました。iDE塾を信じ、自分を信じて、諦めずに頑張った甲斐がありました。 本当に良かった!井出先生をはじめiDE塾の皆様、本当に有難う御座いました。

マッチャンさん


井出先生はじめ講師の先生方、そして、いつも受付で明るく迎えていただいた事務方の皆様。幸運にも、今年、順番が来て合格する事ができました。本当にありがとうございました。 昨年は基礎マスターコース、今年は答練ゼミでの受講でしたが、電話での質問に対しても親身に相談に乗っていただき、本当に心強かったです。 井出先生の講座はCD2倍速で5回は聴いたでしょうか。これは土壇場で力になったと思います。 合格した事で、実務に向けての勉強というスタートラインについた気がします。改めて、感謝申し上げます。

ちえこさん


6回目でやっと合格することができました。昨年は択一が1点足りず44点で(選択は基準割れなし34点)というなんとも勿体ない形で終わってしまったので、1問1問を大切にすることの重要性を身にしみて感じ、この1年いつも1問を大切にすることを意識して勉強してきました。普段は、他校メインでしたが、井出先生には「年金特訓ゼミ」と直前の「労働100問、社会100問」を2年連続受講してお世話になりました。先生の「国年と厚年はたとえ1問ずつでも毎日やれば、必ず得点が伸びてくる」という言葉を信じ、たとえ10分程度1問ずつであっても必ず国年、厚年セット(勉強しない日を作らない)で2年間これを実行したところ、労働科目よりむしろ年金科目のほうが得意になり、本試験では過去最高点(特に厚生年金は10点満点)をとることができました。まさにずっと信じてきた「継続は力なり」という言葉が実現できた今年の試験結果でした。 井出先生本当にありがとうございました。

決して諦めなかった男さん


漸く合格いたしました。井出先生有難うございました。 試験回数を重ねるたびに試験慣れし、ケアレスミスもだんだん多くなり点数が伸びなくなる状況が続きました。「絶対に社労士になる」という強い意識を持ち、毎年の不合格にもめげず勉強をし続けてきました。ここ数年はI.D.E.社労士塾の法改正と白書ゼミを中心に講義を受けていました。特に、今年は井出先生が講義の中で言っていた「基本をしっかり押さえること」、「最終模試後、一問一問大切に」を忠実に実行しました。今年のI.D.E.社労士塾の最終模試では択一が30点。残りの時間をその1問1問に丁寧に取り組みました。まさに大逆転です。今まで諦めずに続けてきたこと。そして、I.D.E.社労士塾の皆様の協力のおかげだと思っています。心からお礼申し上げます。 社労士として本当の勉強が本格的に始まります。これからも、何卒よろしくお願い致します。

くるみさん


第47回社会保険労務士試験に合格しました! 幾度も挫けそうになりましたが、正しく今年、この手に合格を掴みました! 本試験が終わった瞬間の達成感、スポーツで例えると「めっちゃ、いい試合が出来た!」という感覚をリアルに思い出しました。 問題を解きながら井出先生が授業でおっしゃっていたことが何度も何度も何度も頭によみがえり、解答を導き出すことが出来ました。 合格率2.6%を突破出来たのは、ポイントが的確で理論がしっかりした授業だったからこその賜物と心より感謝しております。 社会保険労務士としてのスタートにようやく立つことが出来ることになりました。IDE社労士塾を晴れて卒業いたします。 これからはイデアクラブでどうぞよろしくお願いいたします。

KSさん


昨年まで4回連続で選択式の点数が1点足りずに不合格でしたが、 今年は全科目3点以上得点して合格できました。 予想問題に取り組む時期を遅らせて、初見の問題を制限時間内に処理する訓練を重ねたのが功を奏したようです。 その訓練の場として、又勉強のペースメーカーとして、答案練習ゼミ(ライブクラス)は非常に有用でした。 5年の長きにわたり、ありがとうございました。

たかびっちさん


今年4回目の受験でようやく合格することができました。塾長はじめiDE社労士塾の皆さま本当にありがとうございます。自分は2回目の受験まで独学で勉強していました。iDE社労士塾を知ったのは、3年目たまたま受けた中間模試がきっかけです。独学でしたが、自分の今の実力を知るために資格学校の模試を受けてみようと軽い気持ちで受け挑んだのがはじめです。他校の模試も受けていましたので、点数も合格基準を満たしている。実力的にも今年は大丈夫じゃないかと思っていた矢先受けたiDE模試の結果は散々たるものでした。全く歯が立たなかったです。そこから勉強方法を変え、短期講座も受けるようになり、いままで曖昧だった知識がしっかりと定着し、万全を期して試験に挑みましたが、選択で基準点割れとなり、残念な結果になりましたが、次こそはと、迷わず通学本科ゼミを受講したのを覚えています。iDE社労士塾では、暗記よりも理解を中心に講義されています。最近の本試験の傾向が変わってきたとはいえ、制度の理解と周辺知識をもってすれば、たとえ難問・奇問の出題であっても対応できたんだと思います。ありがとうございました。

きらきら星さん


5度目の受験で合格することができました。 勉強を始めて2年間は、大手予備校へ通っていましたが、不規則な仕事なので通学が難しくなり、3年目から貴塾のCD通信を始めました。「理解中心の学習で知識を定着」という方針の下に教材作成がなされているのが、とても魅力的でした。 私は60代になって、新しい仕事に必要なファイナンシャルプランナーの資格を次々に取得しました。年金・医療等をテーマに講演をしたり、相談活動をしたりするなかで、社会保険労務士の資格取得を決意したのが65歳のときでした。 勉強時間の確保が一番の悩みで、CDを録音して通勤や出張の電車の中で繰り返し聴きました。井出先生の発声は極めて明瞭で、1.75倍速で聴いても十分理解できました。また、法制度改正の背景にまで触れてくださる丁寧で分かりやすい説明は、私自身の仕事にも大いに役立ちました。 70歳を迎えた直後に合格証書を頂き、感激しています。来秋には社会保険労務士として登録ができるよう、これから準備を始めます。 本当にお世話になりました。

森の宙さん


合格発表を見て、まず目に飛び込んできたのは、合格率2.6%合格者数1051人の数字です。 確かに一瞬指が固まりましたが、官報号外サイトで自分の受験番号を見つける事が出来た時は感極まりました。 あぁ、これで受験勉強から解放されると!!また、井出塾の方々はじめお世話になった方々、ご迷惑を掛けた方々、それから家族への感謝で心が満たされていきました。 択一54点、選択33点(労一救済)で、3回目で合格しました。過去2回とも択一選択とも合格点はクリアーできたのですが、労一選択1点及ばずで惜敗に終わり涙を飲んで来ました。(少しおかしな試験制度ですね) 平日ビデオであったため、教科書中の疑問の箇所は、五十嵐先生、関口先生、板倉先生にご質問をさせて頂き、優しく懇切丁寧な指導により1個ずつ解消していきました。 井出先生の説明はとても素晴らしく、以前通っていた予備校での単なる口上的条文説明に留まらず、条文立法に至るまでの立法事実の説明等については、目から鱗で、単なる暗記に終始することなく着実に頭に定着させる事ができました。 それと共に、ビデオでは埋め切れないところは諸先生方に対する質問でカバーしていく戦術が功を奏し合格に繋がったと思います。 井出塾では他に答練、白書、法改正を受講しましたが、ここの答練は とても練れており、単なる条文上の文言や数字の記憶を問うテストではなく、体系的立体的に網羅された優れモノでした。 故に、教科書の読み込みの後は、この答練問題の確認、中間模試・最終模試の確認、各科目毎の確認テストの確認で十分だと思います。 勿論、問題に関連した箇所の教科書の単元は読み込みました。 時間のない我々にとっては、これで十分だと思います。他は何も必要ありません。 あと、苦手にしておりました安衛、徴収、条文出題の社一、労一は、少なくとも択一においては、得点源だと気付きました。ここで、今年の本試験においては満点の15点稼ぎました。 本試験直前期で各科目1日で4日間費やしての15点は効率的と思います。勿論、問題から教科書という流れでした。 なお、過去問への対応の仕方は、全科目一回解いた後は、間違った問題だけに付箋を貼り本試験直前に確認したぐらいです。 最後に、先生方のみならず、スタッフの方々にも大変気持ちよく接して頂き誠に有難うございました。心よりの熱誠を持ちまして厚く御礼申し上げます。

うみかぜさん


東京から、遠く離れた離島で受講してました。 5度目の受験で合格です。 その間、第3子、第4子を出産。仕事をし、授乳しながらのweb受講。早朝からの答練、模擬試験。 基準点割れで、何度か涙し、やっとこの日が来ました。 本校と変わらない素晴らしい講義が 離島でも受けられる今の時代に感謝し どの予備校よりも丁寧な解説をしてくれた教材に出会えたことに 感謝しています。 学歴もない、地理的にも恵まれない状況下でも 人生を豊かにする術をくださった IDE社労士塾にお礼を申し上げます。 今後は、法的サービスの不足している地域に貢献していきたいと思います。 ありがとうございました。

K.A.さん


労一・社一の救済を受け、辛うじて合格することが出来ました。 井出先生とiDE塾に出会えなければ、最後まで興味と熱意を持って学習する事は出来なかったと思います。色々考えてみましたが、どんな言葉を使っても上手く感謝の気持ちを伝えられそうにありません。ありきたりの言葉で恐縮ですが、どうも有難うございました。 本当は傷なしで合格し、胸を張ってご報告したかったですが、このちょっと後ろめたいような気持ちを今後の糧に、継続して励んで参ります。

へび子さん


択一式45点で合格しました。最終模試では30点でしたが、『毎年ここから本試験までに10点以上伸ばす人がいます』という言葉を私のことだと信じ、朝、昼休み、帰宅途中、就寝前の細切れ時間に集中して、確認テストと基本テキストの見直しを1日2科目こなしました。 講義はわかりやすく、受講する毎に新しい知識の扉を開くようでとても楽しかったです。思うように時間のとれない中で、いつも前向きでいられました。ありがとうございました。

縁側生活さん


2回目で合格することができました(点数は択一57点、選択32点)。 私は通学が困難であったため、1回目・2回目ともに通信本科ゼミ(CD)を受講しました。 i.D.E.社労士塾は暗記ではなく理解中心で講義を進めていくので、択一式で見慣れない問題が出題されても冷静に対応することができました。 また、選択式で回答に迷ったときでも井出先生のCD講義を思い出して乗り切ることができました。 井出先生の記憶に残る講義に本当に助けられました。 ※実務でもi.D.E.社労士塾で勉強したことは非常に役立っています。勉強・実務ともに実力をつけられる点が最大の魅力でした。本当にありがとうございました。

フクオカのくまさん


昨年通信本科ゼミを受講。今年は予算の都合上、法改正ゼミ、白書対策ゼミ、選択式対策ゼミ、最終模試を受講させて頂き五回目で合格出来ました。今までの反省として、勉強が進むとどうしても基本がおろそかになると感じ市販書で基本を、CDで内容をより細かく学習するようにしました。  また、井出先生には受験のテクニックを教えて頂きそれが本試験で神の声?のように降りてきて、お陰様で労災選択BとCでダブルマーク何とか三点を死守することが出来ました。 短大卒還暦のおばさんでも合格出来たのは、i.D.E.社労士塾のおかげです、本当にありがとうございました。

カシローさん


4度目の受験で合格することができました。大変お世話になりました。 2年間講義を聴講させていただきましたが、以前通っていた資格取得校の時には無かった、試験勉強の楽しさや理解することの喜びを感じました。実務家として社会とお客様に貢献していけるような社労士になりたいと思っています。 本当にありがとうございました。

しょうじちえさん


3回目の受験で合格することが出来ました。とにかく勉強勉強にならないように、いつも実務とリンクさせながら学びたいと思い、2年目から社労士事務所で働きながら勉強しました。力を入れて必死に1年で1,600時間勉強した年もありましたが、その年は合格出来ませんでした。かならずしもたくさん勉強したからといって合格できるとは限らないと思いました。最後の受験の年は、子どもと一緒にキャンプに行ったり(しかも8月直前期に!!)、週末は買い物に出かけたりと自分にストレスを溜めないように楽しみました。勉強方法としてはテキスト読みを徹底的にやりました。テキストは正直、製本しないものを送ってほしいと思いながらセクションごとにびりびりやぶって仕事用のカバンに持ち歩き、電車の中や職場の昼休みなどでボロボロになるまで読み込みました。もちろん井出先生の講義は常に耳に入れて1.75倍速で聞いてました。この合格は、いろんな人の支えによるものです。決してひとりで勝ち取ったものではないのです。職場の尊敬する先生の支え、共に仕事をしながら育児と家事を頑張るママ友の支え、家族の支え、ide社労士塾の先生方の支え、いろんな人の支えがこの合格に導いてくれました。基礎を地道にただ自分を信じて、どういう社労士になりたいかビジョンを持って勉強すれば、絶対に合格できます。周りではなく、自分の気持ちが一番大事です。感謝の気持ちとともに、これからも更に専門性を磨きたいです。

w.w.wさん


3回目の受験で、奇跡的に合格することができました。 1回目は独学でしたが、とても受かる気がしなかったので、2回目からi.D.E.の通信本科ゼミを利用させていただきました。 とは言え、全く勉強時間が取れず、過去問を解くどころかテキストさえ全く見ることができませんでした。 ただ、毎日の通勤時間を利用して、車中で行き帰りに1講義ずつ倍速で繰り返し繰り返し井出先生の講義を聴いていました。4~5回転はしたと思います。 本試験は、全く手応えが無く、選択は途中で退室して帰って来たほどでしたが、結果的に、択一50、選択25(1科目救済)でギリギリ合格していました。 もちろん運が良かったというのもありますが、井出先生の講義を繰り返し聴くことで、知らず知らずのうちに知識が身についていたのだと思います。ありがとうございました。

ほしのかーみぃさん


2013年の初学からお世話になっています。 受験は2回目でした。択一式45点、選択式29点、ギリギリ合格に漕ぎ着けました。  合格発表まで自己採点もしていなかったため、合格証が届いてから取るものも取りあえず高田馬場へ向かい、ちょうどいらっしゃった井出先生と関口先生に合格を報告できました。  実は7月末の最終模擬試験は惨憺たる結果でした。あまりにもひどくて個人成績表も何故か見つからない有様ですが、確か択一式が27点くらいだったと記憶しています。  本試験までにどう挽回するかを考えた時、とにかくひたすら「やるべき勉強の取捨選択を誤らないこと」これに努めました。 具体的な取捨選択方法は、例えば「中間模試、最終模試だけは各設問の5肢ごとにしっかりテキストの読み込みを行う」「ついでにその前後のページをざっくり読む」「通達は目を通すに留める」「目的条文も目を通す」「過去問はもう解かない、何故ならテキストに全部書かれているから」などです。  最終模試の択一などを解きなおす場合は、全科目全設問をいっぺんに解くのではなく、各設問を解いたら、設問ごとに解説を読む、もっと理解したい場合はテキストに戻る、理解したら次の設問、という解き方を繰り返しました。全設問をいっぺんに解くと解説を読む時に最初の設問を忘れていて逆に時間がかかるからです。また各設問ごとにタブレットのタイマーを3分にセットし時間を計測して、長文問題や難しい問題が出た時にどのくらい時間がかけられるかを感覚で理解できるようにしました。  先に「勉強の取捨選択を誤らないこと」と述べましたが、それは最終模試以降に限った心がけではなく、初学の頃からずっと意識していました。そしてその方法は自ら編み出したのではなく先生方が仰ることをそのまま行っただけで、勉強が進むにつれ自分なりのアレンジも進み、上手な勉強の取捨選択のセンスが磨かれていったように思います。  今年の本試験は択一式も長文問題が多く、私も面食らいました。そこで焦りながらでも何を問うているかを見抜くことができたのは、いつも先生方がテキスト読み込みを丁寧に行うようにと仰っていて、それを励行していたからです。 労災の選択式も、この設問はいずれ出ると思っていました。これも勉強の取捨選択が上手に行えたからです。  それでも特別なことはしていません。 先生方が仰るとおりの勉強を進めただけです。  勉強で後悔があるとするならば、もう少し計画的に勉強すればちゃんと自己採点してもっと早く合格を味わえたのに、ということです。 それから本試験後全く勉強してないのでオソロシイほどに内容を忘れていて、いまやすっかり「タダの人(井出先生曰く)」になってしまったことでしょうか(笑)。  末筆になりますが、先生方、事務の方々にあらためて感謝を申し上げたいと思います。 いつも支えてくださりありがとうございました。 これからもたくさんの社会保険労務士がi.D.E.社労士塾から生まれることを祈っております。

タコ社長さん


私は4回目の受験で合格することができました。 妻もIDE塾の卒業生で、平成24年に合格しております。 これで夫婦そろって社労士になることができました。 本当にありがとうございました。 これから受験される方々へアドバイスになるかわかりませんが 今年の私の勉強方法を記載させていただきます。 去年までは問題演習をメインにこなしていましたが、 本試験の結果は択一、選択がかみあわず 択一で合格点が取れても選択がダメ。 選択で合格点が取れても択一がダメ、の繰り返しでした。 そこで後が無い今年はIDE塾の教えに従い、テキスト読みをメインに勉強を重ねました。本当に徹底的に読みました。 井出先生がおっしゃった重要事項はすべてテキストに書き込み 書くスペースが無い場合は大きめの付箋を使用し貼り付けました。 テキスト読みをすることで、過去問や答案練習に載っていない スキマの知識を埋めることができたと思います。 選択対策としては、テキスト読みに加えて答練と市販の選択問題集を何周も回しました。 本試験直前には7日間の休みを取得し 全科目のテキスト読みと模試の復習を徹底的に行いました。 勉強時間は平日2~3時間(WEB講義視聴含む) 土曜日は7~8時間 日曜日は直前期以外は完全OFFにあてました。 妻が社労士でしたので受験には協力的で、環境面は本当に恵まれていたと思います。 先生方と家族に感謝です!

ぴよぴよざうるすさん


15590(いこう合格!)の嬉しい語呂(←講義で教えていただいた)がおかげさまで現実のものとなりました。 基礎クラス(通学)で愛情いっぱい育てていただき、本当にありがとうございました!私は予備校や習い事が好きではありませんでしたが、オープンゼミに出たり講義ビデオを見せていただいたりして、ここ(iDE塾)に通いたい!と思いました。思った通り、講義はとても楽しくて、勉強がつらいと思ったことはありませんでした。答練や模試の出来がよくなくて、危機感を持ったり不安になったりしたときもありましたが、いつも親身になってサポートいただいたおかげで乗り切ることができました。昨年の本試験で35点だった択一が、今年は53点まで伸びました。 iDE塾で学べたことを誇りに思います。"うちの生徒"から"うちのOBの社労士"って呼んでいただけるように、頑張っていきたいと思っていますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。 本当にありがとうございました!

toshi1109さん


今回は、模擬試験と『必勝!!労働100問』、『必勝!!社会100問』を受講させて頂きました。塾長の分かりやすい解説と、直前期の学習方法を聞かせて頂き、忠実に実行させて頂きました。 また、模擬試験の解説CDは何回も何回も繰返し聞かせて頂き、頭に叩き込みました。お陰様で4回目にして合格する事ができ大変感謝しております。ただ、合格したのでこれで塾長の講義が聴けなくなるのが少し寂しいですが、今後は自力で頑張って活躍できる社労士を目指したいと思います。本当にありがとうございました。

あおいとりさん


去年の春にiDEの短期コースを受講し始めました。  前回の試験結果自体は残念だったものの、障害給付やブラック社労士問題なども含めて実務への関心を高める内容の講義だったうえ、「問題の意味が解るようになった」感触があったので,今年は本科コースで受講しました。  歳も歳なので集中力が長続きしづらくなっているうえ仕事もあるし...で通信受講としました。  1コマ1.5時間を視聴するのもきつい日もたびたびあったけれども、1時間なら、30分なら...と、ほぼ毎日視聴を欠かさずに聴ききって、課題を提出しました。(答案練習ゼミも申し込んでいたものの、そちらは結局手つかずじまい(^_^;)  iDEの講習だけでなく、AFP資格を更新するための継続教育セミナー、インターネットでは関連官公署のHPや衛生管理者の過去問サイト(労働基準法・労働安全衛生法の学習のため)など、使える限りのものは手当たり次第活用しました。  学習期間も大詰めになる頃には、真夏の昼間となるとどうしても暑い時間帯に勉強する気が起こらなくて、いきおい夜更かしで生活リズムは乱れ放題、夜まともに眠れないまま当日の朝を迎えてしまいました。  その日の朝はとにかく最後までちゃんと集中を切らさないか、今年本当に合格できるのか、...かなりナーバスな状態で向かいました。 しかし、会場の大学に着いたとき、秋の気配をみせはじめた青空と風に、 (これだけあがっているのは、心のどこかで通ると思っているからだ、本気で頑張ってきたからだ) と吹っ切れた気持ちになりました。  いざ始まってしまえば、もう目の前におかれた問題をその場の判断でガシガシ解いていく以外にすることなどないのだけど、なんとなく前の扉が次々開いていくような感覚がありました。問題文のボリュームがかなり多めでしたが、マークミスの見直しをする時間もなんとか取れました。  完璧とは程遠い受験生活でしたが,iDEの講習で学んだことを励みに取り組んできて良かったと思います。ありがとうございました。

いしちゃんさん


2回目の受験で合格できました。点数は択一53点、選択34点でした。まさかこんなに取れるとは思っておりませんでした。  第47回本試験が非常に難しく、試験中もうダメかも知れないと諦めそうになりましたが、今までのi.D.E社労士塾で学んだ事を思い起こし、何とか合格する事ができました。  先日、11月6日の合格発表におきまして、合格率が史上最低の2.6%という事を聞いた時は、しばらく呆然とし、恐ろしくて合格発表の掲示を見ることもできませんでした。  合格できましたのは、井出先生をはじめi.D.E社労士塾の講師の方々、スタッフの方々、そして今まで応援してくださった家族をはじめ周りの方々のおかげと思う次第です。  本当にありがとうございました!社会保険労務士になっても頑張ります!

naoさん


4回目の受験で合格することができました。i.D.E社労士塾の皆様には長期間お世話になりました。本当にありがとうございました。合格した後どのようにこの資格を活用していくのか、イメージはまだできていませんが、これまで学習してきた知識を無駄にしないよう頑張りたいと思います。簡単な文章ですが以上報告まで。 最後にもう一度、ありがとうございました。

シンシア煎餅さん


自分に必要な科目だけ受講できるIDE塾はいいですね。 労働一般の講座と直前講座の選択セミナーを受講しました。 井出先生の語群は見ずにまずは自分の言葉で書き出してみるというアドバイスで、苦手だった選択問題が模試でも本試験でも基準点割れすることなく解けるようになりました。ありがとうございます。 板倉先生、関口先生からいただいたアドバイス感謝しています。

もりこさん


5回目の受験で合格できました。IDE塾には感謝の気持ちでいっぱいです。今年合格しなければいつ合格するんだという気持ちで臨みましたので、結果がでて本当に良かったです。提供された教材を徹底的に利用したことが、合格につながったと思います。井出先生がおっしゃっていた「毎日健保、年金2科目の過去問5肢づつ解く」はとても効果がありました。不安になることもありましたが、手元にある教材を信じて学習してきました。素晴らしい教材、講義をありがとうございました。

ぶたにしんじゅさん


井出塾長、IDE講師、事務の方各位。 本年無事合格致しました。択一54点、選択35点(全部3点以上)でした。 ひとえにIDEの皆様のおかげと心より感謝申し上げます。 特に授業で的確な指摘を頂いたこと、指摘事項は必ずまとめることを実施したこと、「選択式の傾向と対策ゼミ」の考え方を身に付けることに心がけたこと(基本は考えること、選択肢を見ないで埋めてみること、国語的能力を磨くこと)が合格に結び付いたのではないかと思っております。 今後もお世話になることが多々発生すると思いますが、今まで以上に何卒宜しくお願い致します。 本当にありがとうございました。

miroさん


6回目の受験でようやく合格できました。i.D.E.塾生としては最後の3年間web通信生としてお世話になりました。前年は選択労一2点で不合格になり気力を失いかけましたが、なんとか完全合格を目標に頑張ろうと決意し、基準割れなしで合格できました。 今年はテキストのより深い理解に努めるため、CDやテキストの繰り返しで基礎的な部分を徹底的に頭に叩き込み、さらに応用力や試験時間中最後まで集中する脳の体力を維持するために勉強方法を工夫したことが、択一式のページ数増にうまく対応できたのではないかと思っています。 合格証書が届いてやっと合格したことを実感できました。 最後になりましたが、塾長含め講師の方々には本当に感謝しております。ありがとうございました。

hanaさん


3回目の挑戦で合格することができました。 昨年は選択の労働一般が2点で不合格。 択一の点数が良かっただけにショックも大きく、今年に向けての勉強方法を悩みました。 他校の通学講座に通っていたのでテキスト類は持っていたのですが、出るところに絞った学習方法に不安を感じ、i.D.E.の通信本科ゼミを受講し、勉強をやり直しました。 今年の合格はこの選択が良かったのだと思います。 試験に受かるための勉強ではなく(ある程度、そういう部分もありますが)、理解する勉強をすることができたため、択一49点、選択32点(全て3点以上)という結果を得ることができました。 途中、どうしても仕事と勉強の両立がうまくいかない時期に電話で相談にのっていただいたこともありました。 これからも定期研修会などでお世話になりたいと思います。 本当にありがとうございました。

わやくCMさん


今回5回目の受験で合格することができました。 1、2年目は市販書籍で、3~5年目までが当塾Web通信を受講。5年も費やした原因の一つが、独学での初回受験の成績がそこそこ良く、なめてかかったことにあります。そして一昨年、昨年と選択式で一科目基準点に及ばす、かつ救済もされず涙をのみました。今回はこれまでの学習の蓄積が活かされた結果だと感じます。 Web配信日程に追いつくことを一つの目標にしたことで、学習の習慣がついたこと、そして答練等のアウトプット教材の質が良い当塾の受講を続けたことが勝因だったと思います。 ありがとうございました。

NAONAOさん


大阪教室ができてからずっとお世話になり、長い時間がかかりましたが、やっっっと合格することができました。 本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

まるとらさん


2年間ビデオ通学で受講していました。昨年は選択労一で1点足りずに不合格でした。 今年1年間はテキスト読みに力を入れようと決めていたので、テキスト中心に勉強しました。 フルタイムの正社員として勤務し、また親戚の介護をしていたので、たくさんの時間を勉強にあてられる状況ではありませんでしたが、ビデオ通学の時は集中して講義を聴き、仕事前や通勤時間、昼休み、また親戚の介護の行き帰りなどいつもテキストや過去問を持ち歩き、勉強出来る時間が少ない分、集中して勉強しました。テキストは、1科目平均7回くらいは通読しました。 結果は択一53点、選択35点(救済無し)で合格でした。 実は、本試験当日は体調があまり良くなくて、択一ではケアレスミスを連発してしまい自己採点するまではもう絶対にダメだと思っていました。 テキストを何度も読み込んで、隙を作らない勉強をしていたおかげで、体調があまり良くない状況でも合格点を確保出来たのだと思います。 私は特別な事は何もしていません。i.D.E社労士塾の教材を信じて、テキストを中心に何度も繰り返し勉強して合格出来ました。 そして、自身喪失して弱気になっていた私のくだらない愚痴を辛抱強く聞いてくださった先生方にも感謝しています。 本当にありがとうございました。

T.Mさん


井出先生、通信本科ゼミで愛情のこもった講義ありがとうごさいました。苦節10年でやっと合格することができました。自己採点はいつもしないので、あまり見たことのない問題が多かった今年もダメかなと思っていましたが、傾向と対策よりも理解中心の講義を受けたことが、最後に活かされたのかなと思います。成績は一般常識免除で、択一42点、選択21点でした。大手予備校2社、独学期間合わせて9年間ダメでしたが、iDE社労士塾1年で合格できました。本当にありがとうごさいました。

ほりすみさん


2回目で合格することが出来ました。1年目他校で勉強していた時、100問100問のみ受けさせていただいたのですが、井出先生の講義のすごさに目から鱗が落ちました。 不合格後、ボロボロな気持ちでIde塾によろよろとかけこみました。その際板倉先生に「1年目よりも覚悟を決めて勉強しなきゃいけないよ」ときっぱり言われた事を覚えています。 平日の昼間のみしか時間が取れないので、平日ビデオ通学、平日ビデオ答案練習、法改正、横断整理、白書統計ゼミ、直前対策(過去問と100問100問)でお世話になりました。ビデオブースにずっとおりましたので受験生仲間はできなかったのが心残りです(苦笑)。 井出先生は中間模試の際、最終模試の際、直前期の際、その時期に合わせて受験生の学力状態と心理を熟知しておられるので、的確なアドバイスを頂けました。出るところと出ないところ、覚えるべきところを明確に分けて下さいました。あとは忠実に「やっておくと良い」と言われた事を出来るだけやったつもりです。今年の社会一般は目的条文でしたが、横断整理テキストの条文羅列のおかげで5点取ることができました。 先生方、事務の方々に感謝いたします。本当にありがとうございました。

acaciahoneyさん


6回目で合格しました。2年目以降毎年、選択、択一どちらか1点が足りずに涙を飲んできました。自分には何が足りないのか、自問自答を繰り返しました。そんな中、今年は新生児を抱えて、初めての子育ての中での受験となりました。今までとは比較にならない程、勉強に使える時間は減り、体力気力ともに最も苦しい受験生活となりました。とにかく限られた時間でやれることを、効率良くやるしかありません。基本は絶対に落とさない、改正項目はマスターする、細かく掘り下げすぎない等を意識し、出来るだけシンプルに勉強しました。結果が出て本当に嬉しいです。長い受験生活でしたが、諦めずに続けられたのも、ずっと応援し続けてくれた塾のおかげです。ありがとうございました。

あんさんさん


本試験は4回目、i.D.E塾の生講義2年で今回、合格することができました。 自分の勉強に成果が出ているか不安になることもありましたが、電話で何度となく先生方に励ましていただいたおかげで、自分に自信を持って本試験に取り組むことができました。 また、生講義で頑張っている仲間がいたから最後まで頑張れました。 本当にありがとうございました。

AYさん


6回目でやっと合格しました。  過去2年連続で選択1科目基準点割れ(25年労災1点、26年労一2点)で不合格となり、どうしてもあと1点の壁が破れずに、運がないと思っていました。  今年は、救済なしで完全合格を目指して、前年の敗因を徹底的に分析して対策を立てて実行しました。  IDE塾は、昨年に法改正ゼミを利用して、テキストが読みやすいことと、井出先生の分かりやすい講義が良かったので、今年は、最後の受験にしようと思い、お金を惜しまず、法改正ゼミ、白書統計対策ゼミ(一般常識法規含む)、選択式対策ゼミと直前講座のみを利用しました。  ガイダンスの個別面談等で、直接井出先生に勉強の仕方のアドバイスもたくさんいただきました。  井出先生の、テキストを読む、毎日複数科目を勉強する、選択式は語群を見ないで自分の言葉で書く、直前期は労一・社一・安衛・徴収に重点を置くなどのアドバイスを忠実に実行した成果だと感謝しています。

夏さん


合格証書を手にし、合格できたことを実感しています。 択一47点/選択26点(全科目基準点以上)での合格で、ようやく6年間に渡る受験生活を終えることができました。 i.D.E.社労士塾には通信生として3年間お世話になりました。 井出先生をはじめ、他の先生方やスタッフの方に支えられてこその合格だと思います。心から感謝をしています。 仕事上、業務に必要であった知識を得る為に始めた社労士の勉強。 受験当初は、独学、他校の教材を使用していましたが、やる気も結果もいまひとつ。。。 転勤でアメリカに引越す事になり一度は社労士試験の受験を諦めましたが、井出先生の評判を聞き講義を視聴。井出先生の講義内容に感銘を受けもう一度、井出先生の下で勉強がしたい!合格したい!と思いました。 i.D.E.社労士塾に出会えたからこそ、勉強を再開し継続できたこと。そして、合格を掴むことができたと思います。 I.D.E.社労士塾で勉強したことを誇りに思います。ありがとうございました!

なにわのユミさん


4回目の挑戦でやっと合格しました。 今年ダメだったら撤退も考えていましたので、結果が出て本当によかったです。 本当に今回は自分を追い込んでいましたので、本試験中にわからない問題に遭遇したときには応援いただいたいろんな方の顔が頭に浮かんで涙が出てきたのですが、「絶対あきらめるもんか!」と思って解き切りました。 独学から学習を開始した私でしたが、受験3年目で塾に出会い、知識面でもメンタル面でもi.D.E社労士塾の井出塾長はじめ講師、スタッフのみなさまには本当にお世話になりました。この学びを今後の人生と周りの方の笑顔のために活かしていきます。 本当にありがとうございました。

るいるいさん


今回6回目の受験で合格することができました。 そのうち、最後2年間はi.D.E.社労士塾にお世話になりました。 そのおかげで、両方の年とも択一は50点台を取れるまでに学力が身につき、本年の合格年の選択では傷なしでした。 合格率2.6%のなか合格できたのは、ひとえにi.D.E社労士塾の講師の方々、スタッフの方々のおかげとしみじみ思う次第です。 本当にありがとうございました。 せっかく取った資格なので有意義に使って行きたいと思っております。

Starseekerさん


2年目からお世話になり、3回目の受験で合格できました! 点数は択一46点、選択26点のギリギリでした。 1.基本を丁寧に押さえること。 2.テキストをしっかり読むこと 3.正しく理解すること 4.万遍なく科目を学習し、常に触れていること という指導・アドバイスを常に意識して学習を進められたからだと思います。 本当にIDEに巡り合えてよかったです。 ありがとうございました! しかしようやくスタートラインに立つことができたところですので、引き続き精進し、今後のことについても相談できればと思います。

K.N@西武新宿線さん


他校で勉強していたのですが、塾長の模試解説等の素晴らしさに惹かれて、27年度は通信コース(CD)、オプションの選択式(DVD)と白書・統計を受講しました。いずれも、これまでの疑問や理解の不確かさを解消してくれる「一言」が満載の講義でした。 実は、2年連続で、選択の1科目のみが救済基準に1点届かずという落ち方だったのですが、「予備校の選択式のテストは教えた範囲からしか出題できないが、本試験は違う」「ふだんのテストで苦労せずに点が取れるのに、本試験で見たこともない問題とぶつかると詰め切れずに失敗する。択一式ができて選択式で失敗という人のパターン」という趣旨の塾長のお話には、目から鱗の思いがしました。 択一式で7、8割取れるようなら、選択式は自ずから結果がついてくるという考えの甘さを反省し、「急がずに、一気にやってしまわずに、丁寧に」という塾長の言葉どおり、選択式の問題演習に取り組みました。せっかちな性分の私にはかなり辛い勉強でしたが、これが、選択式35点という結果につながったのだと思います。 範囲が広くて的を絞ることができない白書・統計も、演習問題を繰り返すことで何とか切り抜けることができたと思います。オプションの2つの講座は、私にとっては、本試験合格のセーフィー・ネットだったと思います。 通信の科目毎のテストでは毎回丁寧な添削とコメントをいただきました。質問の電話でも諸先生から本当に親切にご指導いただきました。心から感謝しております。これからも、毎年の法改正セミナーなどで、塾長の講義を聞かせてもらうつもりです。どうぞ宜しくお願いいたします。

マローブルーさん


受験勉強を始めて今年で約8年でしょうか。通信生なので井出先生の講義は、初めの頃はカセットテープでした。CDに変わって、今はWEBで先生の講義を自宅で受講できるようにもなりました。それだけ8年という年月は長かったです。もう私が合格できることは、絶対ないのではないだろうかと、思ったことも何度もありました。その度に友人や家族に励まされ、この喜びの日を迎えることができました。今一番に言えることは、「あきらめなくてよかった。続けてよかった。」ということにつきます。井出先生の講義が支えでもありました。素晴らしい講義をしていただきありがとうございました。




デジタルパンフ
資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
過去問ゼミ
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ