HOME > 合格者喜びの声 > 第42回(平成22年)

合格者喜びの声

第42回(平成22年)社会保険労務士試験 合格者喜びの声

やすにいさん


初めての受験で合格することが出来ました!理系畑で育ってきて、法律知識は皆無。iDE社労士塾の基礎マスターゼミ(通学)で法律を初めて学びました。私は入塾の日から本試験の前日まで、ただひたすらiDE社労士塾での指導に沿った勉強を繰り返しました。その中でも特に、毎日15分、年金科目の問題を10問づつ解いたことは、私の中で年金科目を苦手科目から得意科目へ変える大きな要因となりました。一心精進すれば夢は必ず叶います。井出先生を始め、講師の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

kogoroさん


3回目の受験となりました。1回目の受験は、他校で勉強していました。1冊の書籍のみに頼った勉強でしたが、その年の5月に、はじめてide塾の条文順過去問題集の存在を知り、書店に走ったのを思い出します。勿論、初回合格を目指していましたが、残念ながら選択の国年1点に泣きました。2回目の受験は、11月の半ば過ぎに迷わずide塾の門をたたき、再出発をしました。1年目での得点から、やはりどこかに甘さがあったのか、2年目も選択の労働一般の2点に泣くはめとなりました。昨年は、さすがにショックも大きく、11月の末に再度ide塾の門をたたきました。とてもやる気になれない日々が続きましたが、皆様に励まされ、5月の中間試験を仕上げの日と決めて、もともとの出社前の1時間の勉強に、更にお昼休みの40分を加えました。学生の頃から、隙間時間に勉強をすることが得意だった私は、最後までそれを続けることができました。5月の中間試験で、選択39点、択一59点を取ることができ、若干の自信とともに、その後を過ごすことができました。今年は、他校の模擬試験も可能な限り受け、万全の体制で臨みました。試験当日の朝、会場で井出先生にお目にかかり、その笑顔に勇気百倍で乗りこみました。試験が終わって、選択の回答を貰いましたが、怖くてとうとう電車の中では、開くことができませんでしたが、どのみち見なければならないと思い、馴染みのイタリアンに入り、封をきりました。全科目3点以上を確認したときは、思わず涙が溢れてきました。今回は、発表を待つことなく、合格を確信することができました。今でも井出先生の講義は、私の宝物です。井出先生をはじめ、先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

村雨さん


2年間の受験生活にようやくピリオドを打つことができました。最初の年は市販書で勉強したものの合格レベルには程遠く、あえなく不合格。やはり独学の限界を感じていた折、井出氏のオープン講座を受講、その理詰めの話の展開に少なからず感銘し、何の疑いもなくiDEの通信講座を申し込み、井出氏の講義にすべてをかけました。その私の選択には、やはり間違いはなく、井出氏の格調高い講義は、まさしくプロ中のプロ、本当の本物といえる申し分のない内容でありました。今年の試験は作問ミスやら解なし等、憤りを禁じ得ず、しかも健保で基準点割れ(これはあきらかに小生のミス...)をしでかし、この国家試験に対してややモチベーションが薄れかけていたところ、おもわぬ合格通知。なんと、ありえないはずの健保の2点救済で救われておりました。こうなると現金なもので、「勝てば官軍」となりゃあ、本試験のモヤモヤがいっぺんに吹き飛ぶとともに、嬉しさが思わず込みあげてきました。iDEの関係者の皆様(井出氏、関口氏ほか講師の方々、スタッフのみなさん)、本当にありがとうございました。貴校の受験システム、指導スタンス、ヒューマニティ等、いずれにおいても素晴らしいものがありました。今後とも、質の高い受験校として後進の指導に邁進されることを願ってやみません。

しゅんけんさん


合格しました!IDE一本でやってきました!
受験勉強期間中は谷あり山ありでしたが、井出先生のおっしゃる"内容を理解する"という姿勢を崩さずやってきました。そして、自分の受験番号を見つけることができました。井出先生をはじめIDE社労士塾の先生方、スタッフの方々、大変お世話になりました。

ぴっころさん


ゼミとしては、直前対策ゼミをいくつか受講させていただいただけですが、日ごろから使用した条文順過去問題集は、大いに活用させていただきました。以前に使用した過去問は、項目別としていながら、少々テーマからずれた条文が紛れ込んでいたりしてテキストとの突き合わせが面倒でした。初期のころは、結局テキストの条文が見つけられなかったり...。条文順過去問題集はテキストとの突き合わせがしやすく、面倒なことが大嫌いな私にはぴったりで、勉強がはかどりました。おかげさまで択一60点、選択28点とアンバランスな点数ではありますが合格することができました。こちらの過去問題集は、量的にも7年分と多からず少なからずでよいと思います。この条文順過去問だけをマスターすれば、とりあえず択一は合格点まで持っていけますので、来年受験のみなさん、がんばってください!

さんちゃんさん


一年目は通信、2年目はビデオ通学でお世話になりました。2年目は仕事の関係であまり勉強時間が取れませんでしたが毎週教室に通ったことが合格につながったと思っています。本当にありがとうございました。

マンダムさん


2回目の受験で合格しました。1年目は他校に通学して勉強しましたが、疑問点に立ち止まる事が多く、理解不足でした。井出先生の無料オープン講座で過去問への視点・取り組み方の違いに驚き、2年目はiDE塾の通学に決めました。一番の勝因は、講義・テキストの分かり易さだったと思っています。講義では規定の趣旨や他科目との横断的な説明が随所にあり、ノートに取って復習に活用しました。さらに、板書ノートのおかげで条文の内容を図解でとらえることができ、理解・記憶がしやすかったです。また、通勤電車の中で講義CDを聴いて予習し、週末に生講義を受けるというスタイルで理解が深まりました。勉強は読み書きで覚えるものと思い込んでいましたが、意外にも講義CDを聴いて覚えていた事も多かったです。おかげで井出先生の口調まで覚えています(笑)中間模試も最終模試もボロボロでしたが、5月の勉強方法セミナーで板倉先生に言われたように、「試験前日まで自分には伸びしろがある!」と心の中で唱え続けてモチベーションを保ちました。救済での合格でしたが、あきらめず最後までやり通して良かったです。初歩的な質問や的外れな質問にも丁寧に答えて下さった井出先生を始め講師の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

りんこさん


この度、4回目の挑戦でやっと合格しました! 1年、2年目は他の受験校で勉強しました。3年目にIDE塾の通信Pコースを受講し、オプションで年金特訓、選択式、白書・統計、総まとめ講座を受講しました。IDE塾の教材や先生を信じ、がむしゃらに頑張ったのですが選択(労一)で1点足りず不合格でした。4年目の今年は、1月から本格的に勉強を始めました。通信講座を受講しようか迷ったのですが、3年目のテキストを使い、IDE塾の法改正と白書・統計と模試を受講しました。そしてひたすら過去問を解きました。ノートに論点を書き出す方法で繰り返しました。試験直後は自信が持てず落ち込んだのですが、思いがけず選択32点、択一56点で合格できて嬉しくホッとしております。 今年は長期講座は受講していませんが、IDE塾生として合格したとひそかに思っております。大変お世話になりました。ありがとうございました。

H.Fさん


2度目の受験で、合格することができました。1度目の昨年は、4月からわずか4ヶ月余りの独学で、択一26点・選択30点(全科目3点以上)と、お試し受験にしてはまあまあの結果でした。ただ、独学への限界も感じていたので通学の総合コースを受講することにしました。さらに弱点を克服するために年金特訓ゼミ、白書・統計完全対策ゼミを受講しました。過去問の問題集が一問一答形式になっていて、最初はこれで本試験に対応できるのかなと疑問に思っていましたが、とにかくiDE塾を信じて各科目最低3回取り組むようにしました。その中で特に正解率の低い分野については、繰り返しCDを聴いたり、と再インプットに心掛けました。また、講師の方々の勉強法についてのアドバイスで、なるほどと思ったものは次々と取り入れました。GW明け以降は毎日、苦手科目であった年金は他の科目と平行して過去問の演習を行い、また労働経済・労働統計対策として、「じゃあなる」の労働統計の全て○の問題を1日1問ずつ丸写し(3回転)したり......、と。その結果、択一が中間模試で60点超、最終模試でも50点台後半と自分でもびっくりの結果が。だが、模試はあくまで模試ということで、結果に浮かれることなく答練ゼミ・中間模試・最終模試の見直しなど復習に勤しみ、本試験前日をNo勉強デーとしリラックスして本試験に。本試験では、国民年金法の選択には苦しめられましたが、それ以外はほぼ順調で、択一56点・選択32点(全科目3点以上)でおかげさまで合格に辿り着くことができました。本当にありがとうございました。この資格を活かすべくこれからもがんばっていきたいと思います。

熊本市のNさん


21年は、選択32点ながら択一41点と惨敗しましたが、22年は、選択32点・択一48点でギリギリでしたが、何とか2度目の受験で合格する事が出来ました。1、2年目とも他の予備校に通いましたが、過去問題集・短期ゼミや模試でお世話になりました。GW、大阪で受講した井出先生の年金特訓ゼミで、年金を得意科目にする事が出来ました。また、直前期は総まとめゼミ(通信)だけ繰り返し聞きました。総まとめゼミは圧巻で、それまでの暗記に理解がプラスされ、確実に知識が仕上がって行きました。そして、福岡で受講した中間・最終模試で、本試験の心構えやポイント等を教えて下さった、渡部先生ありがとうございました。

武蔵府中の苦労人さん


今年9回目の挑戦でやっと合格できました。ここ数年は選択式の労一で涙を飲んできましたが、今年は労一以外すべて4点で合計31点取ることができました(択一50点)。私は51歳ということもあり暗記力は低下気味です。井出塾では3年目で合格できましたが、1年目で眼から鱗でレベル的には昨年でたぶん合格レベル近かったと思います。井出先生をはじめとしたわかりやすい講義(岩崎先生の講義を聞いたときは違った意味で引き込まれました)と教材の素晴らしさ等お褒めの言葉は他の人にまかせます。とにかく何も考えず講師の先生にまかせる(信頼する)ことです。ぼくが使った教材は井出塾テキストと過去問問題集と答案練習問題集です。それと市販の1冊の合本テキスト(書き込み用)。過去問は春先までに5回繰り返し、その後はひたすら答案練習問題集特に選択式の問題は井出先生も強調してますように語群を隠して問題を解く練習を繰り返しました。一通り終わった後は奇数問のみとか偶数問のみという感じで各科目を満遍なく演習しました。不得意科目を作ると僕みたいに苦労しますのでバランスが大事です。模擬試験の復習もしっかりやりました。長くなりましたのでこれくらいにしておきますが、自分と井出塾を信じることからすべてが始まると思います。

わとそんさん


2回目の受験で救済2科目(厚年、国年)を受けてですが、何とか合格できました。1年目は、市販の過去問題集を論点も把握できないまま、回数だけこなして満足してしまい、選択では基準点に到達していたものの、択一(特に年金科目)は散々な成績でもちろん不合格。昨年の6月にiDE塾の存在を知り、慌てて法改正、直前総まとめゼミを通信にて受講しましたが、あまりにも開始が遅すぎて、教材をこなせない状態でした。2年目の今回は、基本からきちんと理解することに決め、それには、塾の基本テキストを学ぶべきと、すぐに通学コースを申し込み、1年間、先生の指導についていきました。少しでも空き時間があれば、CDを聞いていましたので、井出先生の声が今でも耳から離れません。今回、択一の得点がアップしたのも、論点をきちんと書き出し、理解しようと努めたからだと思います。素晴らしい講義を受けることができて、この基本は今後につながると思っています。情熱を持って、生徒に接してくださった先生方、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

キス禁止条例さん


2回目の受験で合格しました。1回目は市販の参考書・問題集を買ってきて、3ヶ月で挑んだのですが、あえなく撃沈。2年目は、IDE塾の門を叩き、条文順一問一答、答案練習ゼミを中心に何度も何度も繰り返しました。特に答案練習ゼミのすばらしいところは、問題に対する解答解説はもとより、その背後にどのような意図があって、条文が作られている(構成されている)かの詳しい説明があり、バラバラであった知識が鎖のように連結して覚えられるようになり、しっかりした知識として記憶に残りました。1年目の単に問題に対する解答を覚える(頭に詰め込む?)作業から飛躍的に点数がUPしました。他にも年金特訓ゼミ・白書統計ゼミも申し込んだのですが、どちらも非常にわかりやすい内容でした。年金特訓ゼミは、年金2法に苦労している方が受講すれば、思わず「なるほどっ!」とうなる箇所が随所にあるかと思います。...来年以降社労士受験を考えている方へ 社労士に関する予備校・参考書は世の中たくさんあれど、IDE塾であれば、きっとあなたの熱意を受け止めてくれ、本試験での知識や知恵に変えてくれると思います。

まことさん


2年間の通信総合講座受講の末、3度目の受験で合格する事が出来ました。過去問を中心に「皆が出来る問題は確実に正解できるようになる」という教えを愚直に守り、過去問・基本テキスト中心の学習を何度も繰り返しました。午前中の選択式試験では、国民年金で確実に3点は取れていないと思い落ち込みましたが、井出先生の「試験当日の昼の休憩は、答え合わせをしてはいけません。たとえ3点を取れていない科目があったとしても、皆ができていなければ必ず救済が入ります」という言葉が頭に浮かび、「今は午後の試験で1点でも多く正解できるよう頑張る事しかできない」と、気持ちを切り替えて午後の試験に臨み自分の力を出し切る事が出来ました。改めて社会保険労務士試験を知り尽くした井出先生の言葉の重みに気づかされ、助けられたと思いました。また、他の先生の方々にも親切な対応をしていただき、とても感謝しています。本当にありがとうございました。ありがとうございました。

ミッフィーさん


今年3度目の受験でした。1年目は他校で学びましたが大変悲惨な結果でした。知り合いにIDE社労士塾を紹介して頂き、2年目から通信でお世話になりました。井出先生の素晴らしい講義CD、特に苦手な年金も特訓ゼミと関口先生のご親切なご説明で一気に成績が上がり感動しました。が、2度目の本試験は選択の労基が1点で不合格でした。3年目はお電話で選択式の勉強方法について何度もアドバイスを頂きました。親身になってお話を聞いて下さった渡部先生に感謝しています。今年の選択は社一2点・国年1点で、発表までは絶対に不合格だと思いましたが救済に救われました。合格証書が届いた時は涙が出ました。本当にお世話になり有難うございました。

ビデオ本科生さん


今回2回目の受験にて何とか合格(救済2科目ありなので)することが出来ました。本当にありがとうございます。以下、簡単ですが感謝の気持ちを書かせていただきます。私はビデオ本科生として受講していました。まず今思うことは、あらかじめ板書(毎回5~8P位)をレジュメとしてもらえましたので塾長の講義を集中して受けることが出来たのが通学コースにないメリットの1つだと思います。(毎回どこかで横断的な説明があった=i.D.E塾の強みだと思います)通学出来る環境(時間や金額等)にある方にはお薦めします。講義中では『書いて覚えること』や『問題を解くときは時間を計ること』、『三分あれば五肢解くことが出来ます(≒電車の待ち時間』等の学習の進め方のアドバイスを信じて一年間学ぶことが出来たと思います。i.D.E塾を信じて学習を続けていれば必ず結果はついてきます。塾長、事務局の方々、講師の皆さまには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

ミモザさん


合格証書と成績表が届いて、ようやく合格を実感しています。3回目の受験でした。1回目は市販テキストのみの勉強で、受験申込後の5月から勉強をスタートし、結果は選択21点、択一33点でした。同じ方法で一緒に勉強を始めた知人(司法書士)は一発合格。驚きましたが、2年目も市販テキストにしてしまった理由でもあります。2年目は1月頃から勉強を始め、5月~7月にIDE社労士塾の短期ゼミを受講しましたが、最終模試を受けた時に、合格に必要な知識に達していないと実感しました。本試験結果は勉強期間が長かったにも関わらず、選択28点、択一35点と前年とほとんど変わらない成績に、勉強時間だけでなく、情報(教材の質)が必須と痛感しました。3回目は、IDE社労士塾にしようと決めていて、早速、去年9月に申し込みしました。自分のペースで勉強できるので、通信Pコースにしました。教材は信頼していましたし、井出先生のCD講義もテンポ良く、順調に勉強していましたところ、12月頃から15年働いていた会社を辞めざるを得ない状況に陥り、勉強に集中できなくなってしまいました。結局、4月末で退職しましたが、その間はテキスト広げても集中できず、勉強は滞っていました。5月になって、一日8時間は勉強できる環境になって良かったと開き直って、勉強を再開しました。最終的な勉強時間は1000時間を超えました。試験が近づくと、当日の体調は大丈夫だろうかなどと、不安にもなりましたが、直前のIDE通信の適切なアドバイスにより、乗り切ることができたような気がします。本試験結果は、選択32点、択一50点でした。模擬試験では択一55点(中間も最終も)でしたので、比較すると、本試験受験中はできの悪さを感じました。「ダメかもしれない」と思いつつ、あきらめないで最後の1分まで取り組みました。実際、合格発表まで心配でした。振り返ると、IDE社労士塾の先生には本当にお世話になり、感謝の想いでいっぱいです。これからも前向きにあきらめないで、一歩づつ進んでいきたいと思っています。

myuさん


4回目の挑戦で合格できました。昨年までは他の受験校で勉強していましたが、力技のような詰込み式が性に合わず、理解も達成感もないまま試験に臨み毎年1,2点に泣いていました。I.D.E塾の過去問題集はそこの学生も必携でしたので、最後の挑戦と決めた今年、こちらの塾の通信パックを申し込み、目からウロコとはこのことだ!と思うくらい理解が出来ました。試験が終わったときは「自分の力は全部出し切った、これで落ちるなら仕方ない」という気持ちになれ、すがすがしいくらいでした。井出先生をはじめ諸先生方には大変感謝しております。合格できたのも試験直前まで細かな舵取りをしていただいたおかげだと思っています。ありがとうございました。

MKさん


この度、3回目の挑戦で合格することができました。初年度から3年間ide塾の通信本科ゼミを中心にお世話になり、なんとか結果を残すことができホッとしております。勉強方法を試行錯誤しながら3年目に基本に立ち返り、基本テキストの読み込み、過去問突合せ、法改正のみを反復することにより強固な基礎力をつけることができ、結果として選択式の1点1点に積み重なったのだと確信しております。ide塾を信じて本当によかったと心から思います。

タカさん


昨年は他校の通学コースで勉強しましたが不合格でした。今年はIDE社労士塾の通信でようやく合格することが出来ました。仕事と家事をしながら工夫して毎日2~3時間の勉強時間をつくり出し勉強しました。井出先生のCD講義はとてもわかりやすく理解できました。また先生方のアドバイスを忠実に実行し、諦めなければ努力は裏切らないと実感じました。井出先生に出会えた事や家族の支えに感謝します。本当にありがとうございました。

いしころさん


社労士学習のスタートは、49歳の時、平成11年秋からでしたが、仕事と両立できずに挫折。 IDE塾を知り、平成15年秋から「通信総合コースN」を受講しましたが、豊富な教材をこなしきれずに、またもや挫折。その後は、「市販の教本での独学」でマイペースでの継続。とくに平成20年度には、IDE塾「条文順過去問集」と市販の教本とのつきあわせ学習。平成20年度終了時点での受験票は、5枚となっていました。そして、平成21年度は、「選択式 31点(労務管理・労働一般常識2点)、択一式 48点」で不合格。総得点ではクリアしている(合格基準は、25点以上、44点以上)のに、「選択式1点」の重さを実感。この不合格で、一念発起。今年度は、IDE塾の「通信答案練習ゼミ(通信)」と「白書・統計完全対策ゼミ(通信)」を受講し、IDE塾ではない模擬試験(自宅)も3校受験。結果は、塾長の「合格手形」(試験会場に持参)のお力添えもありまして、「選択式 3 5 5 4 3 3 4 4 (31点)」 「択一式 10 9 7 5 6 8 8 (53点)」で、合格することができました。 今年の試験日の一週間前に、60歳になりました。学習スタートから11年が経ちました。

みきさん


初めての受験で合格することができました。ありがとうございました。受講したのは「通信答案練習ゼミ」等ですが、実は途中で体調を崩したこともあり、一度も答案を提出していません。受験することもあきらめかけたのですが、井出先生の「直前まであきらめずにがんばってください」という言葉に、できるところまではがんばろう、と、8月になってから送っていただいた提出問題の解答と解説を中心に必死で総復習を行いました。結果、選択で30点、択一で50点をとり、合格することができました。ただ、国民年金と厚生年金では救済に救われた結果の合格であり、答案の提出をきちんと行ってその都度復習していれば、どちらも確実に点が取れていたはず、、、と思います。今は、あきらめずに最後まで粘って本当に良かったと思っています。「喜びの声」を寄せるのは、提出物などもきちんと出されるまじめな方が多いと思いましたので、あえて私のような者でも最後まであきらめなければよい結果が得られることもある、ということをお伝えしたく、メールさせていただきました。本当にありがとうございました。

ノエルさん


平成18年の独学でのスタートから5回目の挑戦で合格証書をいただくことができました。最初の不合格の翌年からIDE塾の通信でお世話になりましたが、わかりやすいCD解説、中身の濃い教材。全てにおいてすばらしいものでした。それなのに、3年連続1点不足で不合格。すばらしい教材を提供していただいているのに申し訳ない気持でいっぱいで、「合格と不合格の差はどこにあるのか?これ以上何をすればいいのか?」いつも自問自答していました。結局たどりついたのは、基本にもどり、理解したつもりにならず、完全に理解することに努めました。そして、テキスト読みも時間があれば繰り返し読みました。(今年はIDEの教材、模試もIDEのみでした)試験当日、午前中の選択式で折れかかった心を必死に支えて択一式を終えたときは、結果はでなかったけど、やり遂げた感はありました。そして発表の日、国年、厚年が救済され合格できました。合格手形に記されていた「天は自ら助くる者を助く」、努力は決して裏切らないということひしと感じた瞬間でした。特別なことはしていません。しかし努力はしました。後悔したくないから・・・。最後に井出先生をはじめ、講師の先生方、スタッフの皆様、そして友人、もちろん家族に感謝の気持でいっぱいです。ありがとうございました。

リベンジの夜さん


2年目の挑戦で合格できました。1年目は、市販書を中心に勉強しましたが、運良く、法改正ゼミを使用する機会があり、井出塾長の講義に衝撃を受けました。2年目は、iDE社労士塾の通信に申し込み、塾の指導方針を信じて地道に勉強しました。勉強方法を検討する時間を大幅に削減でき、メンタル面でも迷いがなくなりました。講義CDは何回聞いたのか覚えていないぐらい愛用し、iDE塾長のモノマネが出来るほどです。社労士受験業界内で最高峰の講義をご提供頂き、有り難うございました。大変、感謝しております。

ちょこさん


他の予備校に通いつつ短期ゼミや模試でお世話になりました。初受験だったため、年金科目の勉強に煮詰まった時、5月に関口先生の年金特訓ゼミを受講したのが最初でした。目からウロコの分かりやすさと、これからの勉強方法や本当の勉強はこれから、この時期からがんばった人が合格するんですよ!と大きな声で活を入れられ、その言葉をきっかけに全力で総復習に励んだのを忘れません。I.D.E社労士塾の先生方はどなたも生徒に親身になって下さっているのが伝わり、もし2年目があるとしたら、来年はこちらで勉強しようと心に決めていた位です。(笑)先生方のお言葉を信じて最後までがんばって良かったです。本当にありがとうございました。

きよっちさん


4回目のチャレンジで合格しました。2,3回目は一点足りずに落ちました。自分にはなにが足りないのかを考えたところ1点を取りに行く強い精神力が必要だと思いました。実力は他の受験生とは大差ないはずです。そう思い今回は見事合格をもぎ取ることができました。これからがスタートラインです。IDE社労士塾には大変お世話になりました。ありがとうございました。

SILKKさん


5回目の受験で、選択式国年1点・社一2点救済に救われて、やっと合格できました。択一の点数が40点に届かない状態で3回目の受験に失敗したとき、はじめてIDE塾にたどりつきました。基礎が理解できていないのに、「受験経験者=上級者」と勘違いしていた私は、IDE塾の通信の答練ゼミを受講して、「暗記だけじゃだめなんだ・・もっと早くIDE塾に出会っていれば・・」と後悔しました。4回目の受験に失敗した後、今度こそ通信本科ゼミを受講して、基礎を固めるべくテキストを精読、CDを2回転した結果、苦手だった択一の点数が去年より10点も上がり、50点を超えることができました。IDE塾のわかりやすいテキスト、井出先生の楽しい講義CDのおかげです。本当にありがとうございました。

ナオさん


5回目の受験でようやく合格できました。まだあまり実感がありませんが、合格通知をみて少し実感が出できました。IDE塾にお世話になり2年になりますが、カリキュラムが本当にすばらしかったと思います。ありがとうございました。今やっと、スタートラインです。これからが、大変だと思いますが、がんばって行きたいと思います。ありがとうございました。

かんぱちさん


3回目でやっと合格できました。これも井出先生の講義、渡部先生から個人的に苦しくなったときのメンタル面のアドバイス、最後に関口先生から「過去問ゼミ」を勧めていただいたのが、合格できた大きな要因だったと思っています。1年目はいい加減な受験生、2年目は短期ゼミの取りすぎで1点に泣いた受験生でした。3年目は、通信Pコースを受講し、過去問が大切だと痛感して、「過去問ゼミ」を受講しました。すると各法律のつながりが、よくわかるようになり、横断縦断対策にもなりとても有意義で力のついたゼミで、中間模擬試験で択一が65点まで伸び択一にあまり不安を感じないようになりました。短期ゼミとして、「選択式の傾向と対策ゼミ」を受講したのですが、今年は、昨年の「労働一般」のミスをIDE塾が懸念したためか、過去10年分の選択式の過去問がついていました。そこでこの選択式過去問を3度は手書きで解き直しました。これが、選択式基準点未達を起こさなかった要因だと思っています。それと、答案練習ゼミを取られる方は、井出先生の解答解説をしっかりと聞いてください。選択式で「なぜこの語句がここに入るのか」という前後のキーワードをしっかり説明していただけますので、できることなら2回目は速聴でも良いですから必ず聴いてみてください。これが通信講座の強みだと思っています。来年受験される方は、IDE社労士塾に信じてついていけば、必ず「合格」の2文字が近付いてきますので頑張ってください。

ぼんくら塾長さん


1、2年目通信本科ゼミ、3年目以後は当練ゼミや法改正ゼミでお世話になりました。 2年以降、択一はクリアしていたのですが、選択の足切りで涙を飲み続けていました。 やっとのことで、5年目にして合格できました。長かったです。井出先生の講義は、丸暗記ではなく、制度のしくみから説明して下さるので、とても頭に入りやすかったです。またIDEのスタッフの方には、ずいぶんと電話質問でお世話になりました。私の愚問に対しても、誠実にお答え下さいました。IDEは、受験生に対して、ほんとうに親身になって指導して下さる塾です。凡才ゆえ合格まで長年かかってしまいましたが、それでもくじけず頑張り続けることができたのは、IDE社労士塾があったからこそです。感謝しております。 本当にありがとうございました。

HALさん


井出先生 IDE塾の皆様 本当にありがとうございます。合格しました。実に14回目の受験でようやく社労士への切符を手にしました。ちなみに選択健保、社一救済の28点、択一正味45点+解なし加点3点の48点でぎりぎりの結果でした。この15年間の学習期間、貴塾にお世話になったのは通信で主に後半期間です。わかりやすく、法の成立背景までを視野にいれた講義に幾度目からうろこが落ちたことでしょう。にもかかわらず、このように合格まで長期間を要したことは井出先生には本当に申し訳なく思っています。というのもその原因は、一度も先生のおっしゃっていた学習方法をとっていなかったからです。仕事の忙しさを言い訳に、毎年その年の受験勉強を始めるのが4月から5月連休明け、過去問を一巡できない年もありました。添削を出したのは1年度しかありませんでしたし、ほぼCDやDVDの視聴だけを一巡させて一夜漬けのような状態で本試験に臨むのがやっとでした。当然、消化しきれない教材も多数ありました。今年も例年どおり4月から始めて、過去問も一巡限りでした。ただ違っていたのは、答案練習をはじめ、中間、最終模試、2年過去問を全て解き、短期パックのDVD,CD全てを視聴したことです(付属の練習問題までは手が回りませんでしたが)。これが最終的な力になったと思っています。毎日すこしづつでも学習して、過去問と教材の突合せをきちんと行っていたら、もっと早くに合格できていたでしょう。これからIDE塾の通信で学習を始められる方は、井出先生の学習方針を信じて過去問の突合せを行い、教材はじゃあなるも含めて全てに目を通して、添削は必ず提出して指導を受けてください。それが早期合格の早道です。井出先生、本当にお世話になりました。ありがとうございます。今後も知識のブラシュアップのために法改正ゼミなどを受講しようと思っていますのでよろしくお願いします。

Y.Kさん


4年目の受験で合格しました。19年は受験勉強をする期間はなかったが経験のため受験。20年は選択労災2点択一総合点1点不足、21年は選択労一が零点でそれぞれ不合格。今年は全国模試で成績優秀で氏名が載るところまで実力はつきましたが、選択試験の本番への不安はいくら勉強しても払拭できませんでした。そのような受験生活の中で井出先生のすばらしさを受験専門雑誌の法改正の執筆を見て最初に知りました。また、白書統計対策ゼミのDVDを見てその講義のすばらしさに感銘していらいIDE塾講座を可能な限りとり勉強しました。今年は法改正ゼミ88ページ(国年年金推移グラフ)をコピーし て部屋の壁に貼っていたのが的中しました。地域の関係で生講義は聴けませんでしたがDVD,CDで井出先生の講義を聴いたのが合格につながったとおもいます。ありがとうございました。

カワボウさん


3回目のチャレンジで、過去問ゼミ、短期ゼミの通信でお世話になりました。各校の模擬試験でも択一が40点くらいしか取れず、いずれもC判定。今年もダメかと落ち込んでいた本試験の1ヶ月前にi.D.E社労士塾からの陣中見舞い(合格手形)が届きました。ハガキの文面の「最終模擬試験では30点しか得点できなかった→十分な得点です。この1月の過ごし方で本試験では50点近く得点できるでしょう」に心が救われる思いがしました。1ヶ月間無心に過去門ゼミと横断ゼミ、選択式の傾向と対策ゼミの演習を繰り返しました。本試験にも合格手形を持参して、選択式32点、択一式50点で合格できました。本当に最後の1ヶ月が勝負なんだと実感できました。ありがとうございました。

まさたけさん


4度目のチャレンジで合格の2文字を獲得することができました。H20の健保の選択問題で、こんなところまで問われるのであれば無理かなと一旦諦めかけましたが、心機一転IDE塾の門をたたいて大正解でした。単なる試験対策だけでなく、理解促進と時折合格後の実務にも触れていただき、目的をもって講義を聞くことができました。H21の労一の選択では涙を飲みましたが、実力がついたという自信が、今回の結果に結び付いたのだと思います。充実した指導をして頂いた井出先生を始め講師の皆様、丁寧な対応をして頂いたスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

まさるの父さん


諦めなくて、本当に良かった!平成11年より足掛け10年以上かけてやっと合格できました。ide社労士塾には大変お世話になりました。2007年の基礎マスターゼミ、2008、2009年は通信ゼミ、今年は直前の法改正問題、選択ゼミでお世話になりました。井出先生、五十嵐先生、関口先生、板倉先生、渡部先生、そして事務局のスタッフの皆様本当にありがとうございました。今、池袋の校舎での思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡っています。これからも人の役に立てる社労士になれるよう精進してまいります。

らてさん


昨年選択式で悔し涙を流し、2回目挑戦の今年、晴れて合格することができました。私は短期ゼミの通信でお世話になりましたが、井出先生の非常にわかりやすい講義のおかげで、試験直前期の焦る気持ちのなか、知識の整理をすることができました。選択式対策ゼミの教材を繰り返し、過去問焼き直しに対応できたのが大きかったと思います。受験勉強の日々は、とにかく自分自身との戦いでしたが、運、タイミング、周りの環境に感謝し、信じ、乗り切ることができました。親身なご指導、本当にありがとうございました。

淀屋辰五郎さん


今回の試験で何とか合格できました。某受験予備校のテキスト、過去問を中心とした独学で4年の月日を要しました。1年目、2年目はお試し受験、3年目は仕事の都合で受験できず、4年目の今回やっと合格できました。特に2年目では労災の選択の足切りのため、合格点に達していたのに・・というこもあり、特に今回は気合が入りました。IDE塾の評判は社労士関係のHPで見聞きしておりましたので、改正法、白書及び年金特訓については受講させていただきました。朝から晩まで井出先生の熱い講義を受けることができ、より知識を定着化することができました。また、試験直前には私どものような短期受講生にまで『合格手形』をお送りいただき、温かいお言葉にどれほど励まされたか分かりません。「志有れば事竟になる」、「天は自ら助くる者を助く」、合格手形のこの言葉をこれからも自分の人生の中に生かしていきたいと思います。本当にIDE塾に出会えて良かったです。

relaxさん


ide塾の「過去問題集」と「模擬試験」でお世話になった者です。過去問題集は、どこよりも早く出版されるので、先んじたスタートを切るのに良かったと思います。コンパクトな大きさで、持ち歩くのに重宝しました。過去問の反復が、合格への最大の近道です。模擬試験は2回とも、会場で受けました。模擬試験の解説講義も、併せて受講しました。ゼミ生ではなかった私ですが、ここで井出先生のご講義を受講したことは、大きな宝となりました。知的な語り口と明快な講義に、社労士受験を超えた「物事を理解する力」を頂いた思いがします。この模擬試験を教材として、受験直前まで、本番を想定して何度も解きました。これも合格に大きく繋がったと思います。頭のよくない私が、ギリギリながら1回の受験で合格できたのは、勉強にide塾を取り入れたことだけは正しかったからだと思います。 井出先生、及びide塾の皆様へ、衷心より感謝し、御礼申し上げます。

双子ママさん


四回目でやっと合格できました!過去2回は1,2点で涙をのみ今回は育児で時間がとれず何度も諦めようと思いながら最後のチャレンジと必死でしがみついてきました。いまだに信じられない思いです。3年間i.D.E社労士塾を信じて頑張って本当によかったです。本当に良い教材にあえて良かったです。

M.Hさん


お陰様で、4回目で合格することができました。選択式で1点足りず涙を呑むことが3回続いており、非常に辛い思いをしました。今年も選択式国年2点でひやひやでしたが何とか救済で合格が舞い込みました。i.D.E.社労士塾の皆様、お世話いただきありがとうございました。

甲子園出場組さん


直前総まとめ講座等受講しましたが、大変役立ちました。数社の講座受講しましたが、一番内容が豊富と感じました。ありがとうごさいました。

マルさん


2回目の試験で無事に合格することができました。昨年は独学に近い形での学習でしたが、今年はオープン講座で井出先生の講義に感動し、翌日にはiDE社労士塾の通信講座に申し込みました。合格できたのはとにかくテキスト通読・CD速聴・過去問を繰り返し学習すること、そして最後まで社労士への挑戦を諦めないことだと思います。本試験の選択式では社会科目が難解で苦戦を強いられましたが、1年間学習した塾での知識を総動員し、執念で合格点を確保しました。井出先生をはじめ、九州の方まで何度も足を運んでいただいた渡部先生、電話での質問に丁寧に答えていただいたiDE社労士塾の先生方には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

魔法の言葉さん


5回目の受験で合格しました。3回目の受験で痛恨のマークミスを犯し、合格を手中から逃したときは本当につらかったけれども、あきらめず続けて本当によかったです。この1年で理解することの大切さを本当に身にしみて感じました。井出先生の素晴らしい講義を何度も聴き、過去問を解き、直前対策を怠らなければ合格のチャンスはきっと来るものと思われます。今まで、長い間苦労をかけてきた家族に本当に感謝しています。これからは、この資格を生かして、充実した人生を送ることができるよう頑張るつもりです。

ごまさん


短期ゼミの受講でしたが、どれも素晴らしい内容でした。また、直前期の苦しい時に勉強法のアドバイスもいただき助かりました。本当にありがとうございました。

Beemさん


長い受験生活が終りました。コツコツと何年かけても勉強してれば合格できるんだと、実感しました。 何度も挫折しそうになりましたが、家族・学校の講師の先生からの応援のおかげで、やっと合格できました。本当にありがとうございました。すっごく嬉しいです♪

西村 佳浩さん


とうとう合格しました。4回目の受験でしたが、あきらめずに自分を信じて最後までやり抜きました。 又、今年からIDE塾の短期講座(6つ)を受講しましたが、非常にわかりやすく、暗記だけではなく理解するということの大事さがわかりました。井出先生、そして協力してくれた家族のみんな、本当にありがとうございました。

ニッキーさん


受験2回目にして合格証書が先ほど届きました。去年は発表当日に圧着はがきだけが来たので、発表当日にはがきが届かなかった時点で、「もしかしたら......。」とは思っていたのですが、実際、証書を手にして、本当に嬉しいです。今年は第一希望の会場が取れず、希望していなかったお台場での受験となりました。当日、会場のあまりの大きさに面食らいましたが、「勉強したことは全部出し切ろう。それで駄目なら仕方ない。」と考え、落ち着いて受験することができました。  受講生としては課題も殆ど出さず恐縮していますが、CDはウォークマンに取り込み、通して聞くよう努めました。(今の機種はスピードコントロールが自在にできるので重宝しました。)  既に来年度の試験に向け、先生方、受講生の方々はスタートを切っていらっしゃることと思います。僭越ですが、今度は皆様の努力が報われるよう、お祈りします。ありがとうございました。

PANDAさん


井出先生の講義をはじめて受講した3年前、こういう理解力で試験に臨むのだと知り、震えました。私は、短期ゼミ生でしたがいつも優しく質問に答えていただき、それを糧に勉強を続けることができました。教材やお知らせなどの発送事務が行き届いていて、塾のクオリティの高さに感服し、本試験1週間前の選択対策講座も大手予備校にはない受験生への暖かさが伝わってきました。本当にありがとうございました。

ポンコツ中島さん


三度目の正直でやっと合格できました。 過去2年いずれも選択式で涙を飲み、今年は2年間の失敗を繰り返さない と思いながらも、国年で1点を取ってしまいました。 でもほかの科目は未達がなかったので、IDEの通信本科ゼミの教材ひとすじで、 何度も反復学習をしてきた結果が出たのだろうと思ってます。 最高の教材、最高の講義CDが、合格への最短ルートになりました。 井出先生がよくおっしゃってますが、 「誤りの理由を書く。選択式は語群を見ないで、自分の力で空欄を埋めていく」 という方法を忠実に実行したからこそ、自分でも知らず知らずのうちに 力が付いたのだと思います。 井出先生をはじめ、IDE社労士塾のみなさん、ありがとうございます! そして、これからもどうぞよろしくお願いします!

hideさん


インターネット上に自分の受験番号を見たとき、何度も何度も確認しました。そして間違いないと確信したとき、感激で体の力が抜けるような気がしました。これまでもFP・宅建と合格してきましたが、このような体験したのは今回が初めてでした。  私は選択式対策のDVD講座を受講したのですが、選択式のみならず択一式にも効力を発揮し、とても感謝しています。本当にありがとうございました。

サムくんさん


井出先生・関口先生有難うございました。 IDE塾を信じ、勉強し、合格することが出来ました。 関口先生には私の質問に対して親身に対応していただき、本当に有難うございました。 

かめこさん


朝受験番号を見つけたときは正直腰が抜け座り込んでしまいました。夜になり合格したんだとしみじみ感じています。先生のテキストとCDで概要を理解して、限られた教材を活用できたからだと思っています。不安になったときもとにかくテキストを読んでいました。これからは実務経験を積み学んだことを活かせていけたらと思っています。先生方お世話になりました。ありがとうございます。




デジタルパンフ
資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
過去問ゼミ
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ