HOME > 合格者喜びの声

合格者喜びの声

喜びの声

第49回社会保険労務士試験,合格おめでとうございます。皆様からの喜びの声を,順次掲載していく予定です。なお,掲載スペースの関係上、文意を変えない範囲内で修正・割愛をさせていただく場合がございます。
報告窓口

  • イデアクラブ(i.D.E.社労士塾OB会)
  • IDE開業実践塾
  • 服部年金企画
  • 相馬塾(社会保険労務士法人 あい事務所)
  • 第49回(平成29年) 社会保険労務士試験 合格者喜びの声

    受講番号291096 さん


    ここ2,3年は選択で1、2点足らずで涙を飲む事が多かったです。いつも労一で落ちていました。通っていた大手予備校では統計問題の対策が不十分だったので思い切ってIDEの門を叩きました。最初は理論重視のテキストや答案練習の内容の濃さに圧倒されてしまいましたが、井出先生の言葉を一言一句逃さないように集中して臨み、答練で間違えたところはテキストに書き込んだりして繰り返し復習しました。答練の自分で正誤の考えを文章で書き込む学習法は新鮮で論理的な思考力が身につくのが実感できました。丁寧に添削して下さるきめ細かさもIDEの魅力の一つです。大事な論点を授業、添削問題、答練で何度も強調してくれるので意識していなくても自然とポイントが頭に入ってくるのがありがたかったです。
    白書統計完全対策ゼミで井出先生が何度も何度も強調していたベトナムが本番の労一で的中した時はIDEに通っていて良かった!と心からそう思いました。
    井出先生、受講相談に乗ってくださり再受験の勇気をくれた関口先生、IDE塾の先生、スタッフの皆様本当にありがとうございました。

    kobezuki さん


    「わぁ!信じられない合格している!」

    なぜ、この言葉が私の合格時の第一声だったかというと。
    長年、落ち続け「今年もダメだったか」と不合格が当たり前になっていたからです。

    でも、不合格時には王貞治さんの言葉である「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。」を思い出しては、
    「そうだ、私にはまだ努力が足りないから不合格だったんだ。努力を怠らずチャンスが来れば必ず掴み取るぞ!」と自分自身を奮い立たせ続けました。

    そして何よりも、私が合格できる実力を手にできたのは、井出先生の講義動画に出会えたからだと思っています。
    思い返せば独学で2年間挑戦するもパッとせず。
    どこかの資格学校の力を借りないとダメかなぁ・・・?
    「でも、どこの講義も暗記重視でテキストをそのまま読み聞かせるだけなんじゃないか?それでは受講する意味がないなぁ~」って思っていた時に、
    偶然、井出先生の講義動画を観ることがあり
    ここだぁ!私が探していたものだ~!と、
    テキストに書いてあること以外に「なぜ、そのような法律の仕組みになってたり、改正が必要だったのかを理解すること」を重視されていたり
    問題を解く際も「なぜ間違いなのか、なぜ正解なのか」を言えるところまでができて解答だとされているところに共感したからです。

    本当にIDE塾との出会いが私の運命を変えたと思います。
    ありがとうございました。

    ぽんちゃん さん


    桜便箋で、先生方よりお祝いの手紙をいただき合格を実感しました。
    ide社労士塾(通信)に入って3年目、その前は、他校で3年、独学1年、計7年かかりましたが、勉強を続けてきてよかったと思います。
    継続は、力なりです。
    私は、社労士事務所勤務ですので、日々塾で習った事が、活用でき、モチベーションも保てたのかなと思います。
    また、スタプラという時間管理ができるスマホアプリがあり、そこでメンバーと励まし合いながら頑張れたのがよかったです。
    もちろん、ideの教材は必須です。
    白書講座は、特によかったです。毎年、1点足らずで悲しみに耐えておりましたが、今年は、ベトナムに助けられて初めて基準点割れ無しでした。

    先生ありがとうございました。
    今後、どう資格を活かしていけるか、。
    現在迷い中でございます。

    三四老 さん


    小生複数年の受験を経て、今年、合格の報を受け得たのは心底、塾のお陰と感謝しています。
    テキストは具体的表記と多くの図表が示され、過去問題集は条文別によく整理されていて老人力横溢な小生には受け入れ易いものでした。何より、それを活かしきる塾長、 講師の先生方の歯切れの良い講義、言語明瞭な出題予測とその背景の説明等々。有難い学習の記憶が鮮明です。
    一例ですが、過去から'被保険者資格の得喪とその起算日'は重要とわかっていましたが記憶できず、'ここはイイカ'と昨年までは放置してきていました。しかし、今年は違いました。塾長の講義とテキストが、小生のガンコな頭を前から後ろから'理解できる、記憶せよ'と打ってくれているような気がしました。結果、ほぼ1ヶ月、毎日15分を必要としましたが苦手ポイントを克服でき、本番に結びつきました。象徴的なこの1点が小生合格の全てであったかも知れません。
    有難うございました。

    あき さん


    3回目の受験で合格できました。

    途中何度も投げ出したくなりましたが、ide社労士塾の講師の皆さまのお言葉で自分を奮い立たせ最後まで諦めずに学習を続けることができました。ありがとうございました。

    1年目は通学基礎コースでしたが、学習量が全然足りませんでした。
    2年目は通学本科ビデオコースに切り替え学習しました。本試験では選択が1点足りず不合格となり悔しい思いをしました。
    3年目も自分のペースで学習できるのが良いなと思い、引き続き通学本科ビデオコースを選択しました。

    3年目の学習に入る前に、講師の皆さまからすすめられた学習方法のうち、2年目までに上手く出来ていなかったところを見直し、朝方の学習・中間模試と最終模試の復習・毎日全科目の過去問に触れることを徹底しました。これが功を奏し、あいまいだった知識をきちんと整理することができ、効率よく勉強することができたと思っています。

    それからide社労士塾の事務の皆さまにも大変お世話になりました。いつもあたたかく丁寧に対応してくださりありがとうございました。

    皆さまに感謝!感謝!

    ESTAsan さん


    3回目の受験で合格できました。

    2回目からIDE塾にお世話になりもう一歩のところで・・・
    今年は3月のガイダンスに参加して、いろいろとアドバイスをいただき、「何かを変えなければ、また同じ結果になる」が心に突き刺さりました。通信での受講でしたが、勉強方法、生活スタイルなど、科目の知識に限らないお話が聞けてなんとか合格ラインに乗せることができました。今思えば、勉強方法は大事ですね!

    井出先生のお話は受験上の事、実務上の事と多岐にわたり、科目内での関連事項、他科目との対比事項などを交えての講義で、印象に残り、楽しんで聞けました。また、添削問題での、各講師の方々のコメントにも大変励まされ、背中を押される思いでした。
    2年間お世話になり、ありがとうございました。

    ケイ さん


    私はCD通信本科ゼミを受講させて頂きました。受講前は音声のみなので不安も感じましたが、いざ始めると井出先生の世界にぐいぐいと引き込まれてしまいました(笑)
    また、私は倍速再生していましたので繰り返し講義を聴く事ができ、非常に満足しています。テストや答案練習等の添削も丁寧で判り易く、理解している時にはちゃんと褒めてくれる
    通信という距離感はあまり感じませんでした。今回無事合格できたのは他ならぬ井出先生をはじめとするスタッフの方々のサポートのおかげだと感謝しています。本当にありがとうございました!

    空 さん


    Web通信本科ゼミ、答案練習ゼミ、短期の白書・統計完全対策ゼミを受講させて頂きました。

    本試験受験回数を重ねてしまいましたが、何とか初志を貫き通すことが出来た事、これもiDE塾の教材とご指導のおかげだと感謝しております。

    これから新たなスタート、井出塾長がおっしゃる「使える社労士」になるべく邁進したいと思います。

    ヴェネツィアのデザイナ- さん


    「単に合格するだけでなく、実務処理能力の基礎までも身につけたいのであれば,IDEに限るよ。」との先輩諸氏からの教示を信じて受講してきました。おかげ様で、合格出来ました。塾長の板書は、系統立てて整理され、私のような者にも理解し易かったです。A3判の講義用レジュメは、各項目毎のポイントや関連事項も多様に挿入してあり、生徒の理解促進に力量を傾注している姿勢が窺われ、脱帽する限りです。中でも苦手としていた「年金2法」では、板書ノ-トを活用させていただき、本試験では大いに得点源とさせて頂きました。感謝申し上げます。

    八王子のtaka さん


    今年6回目の受験でしたが、初めてi.D.E社労士塾の講義を利用させて頂きました。例年、独学で勉強を進め、法改正、一般常識を予備校の直前対策講座をとる、というのがパターンでしたが、今年は、こちらで「法改正ゼミ」「白書・統計完全対策ゼミ」のほかに「年金特訓ゼミ」と「直前総まとめゼミ」の講義を受講しました。
    井出先生は試験対策上の要点を背景を踏まえながら、分かりやすく講義してくださいました。
    これまでいろいろな予備校を利用させて頂きましたが、勉強を進めながら、一番自分に合っている、と感じていました。
    最終模試で33点しかとれず、外部模試でもC判定でしたが、最後まで諦めず先生を信じて、繰り返し教材を学習した結果、ぎりぎりではありましたが、合格することができました。
    本科生ではない私がこちらにメッセージをするのはどうかと思いましたが、合格のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたく、コメントさせて頂きました。
    井出先生を始め、塾の皆さま、本当にありがとうございました。

    SACHI さん


    4回目の受験でした。

    今年は本科ゼミは受講しておりませんでしたが、
    横断ゼミ・白書ゼミ・模擬試験でお世話になりました。

    昨年本科ゼミを受講しており、
    井出先生の話し方やわかりやすい講義がとても好きだったので、
    昨年の本科ゼミの講義を繰り返し聞いていました。
    質問にもとても丁寧に回答していただいてありがとうございました。

    何度も嫌になって勉強をやめたいと思いましたし、
    「今年の試験でまた知らない条文や問題が出たらどうしよう」とか「今年も1点足らずだったらどうしよう」という不安と戦うのがいちばんつらかったですが、「やれることに集中しよう」ととにかくテキストを読み、過去問を繰り返しました。

    今年選択34点・択一53点でやっと合格できました。
    諦めなくて良かったです。
    井出先生はじめ、IDE塾の皆様のおかげです。
    ありがとうございました。

    megmeg さん


    4回目の受験、今年からide塾で勉強させていただき、ついに合格することができました。塾の課題、模試はテキストをサラッと通しただけでは歯がたたない内容の濃い問題が多く、毎回毎回、頭が痛くなるような感覚になりました。課題を通して言葉、言い回しの細部まで注意深く吟味して答えを導き出す、という作業を重ねられたおかげで、本試験も焦らずじっくり取り組めたと思います。また丸暗記からでなく理解重視の講義はとても興味深く学ぶ楽しさを感じることもできました。年々記憶力の衰えが顕著でもあり、昨年度基準点割れで落ちたこともあり、もうやめよう、と一時は諦めたのですが、諦めきれずide塾のお世話になったことでまた新たな人生のスタートにたてました。深く考えず受験した遠い昔の大学受験よりうれしいと言っても良いくらいの合格でした。添削してくださった先生、熱心な講義を聴かせてくださった先生、みなさん本当にありがとうございました。

    わかば さん


    平成29年11月10日官報で受験番号を確認しました。
    他校3年、ide塾7年の10年間の長きにわたる受験生活に
    ピリオドを打つことができました。

    他校で受講し、学習方法・教材への向き合い方がわからず
    低空飛行の成績が続いておりました。
    地元の勉強会でカセットテープで受講されている他のお仲間の
    予備校が気になり色々教えていただきide塾へ入塾しました。
    教材のレベルの高さ、理解中心の講義には「目から鱗」状態でした。

    10年という長い年月がかかりましたが、この期間が無駄とならないように常に初心に戻り社会保険労務士として精進していきます。
    井出先生、関口先生、五十嵐先生、板倉先生、事務局の皆様、長きにわたり、熱く温かいご指導いただきありがとうございました。

    tikahiro さん


    二度目の受験で合格しました。選択式の健康保険法が2点であったため、半分諦めて合格発表を待ちました。当日、官報で自分の受験番号を見たときは嬉しかったよりも、ホッとした気持ちの方がとても強かったです。

    受験勉強にあたって、井出先生、関口先生、板倉先生、五十嵐先生、事務局スタッフの皆さまには大変お世話になりました。特に井出先生はじめ講師の方々には、講義の内容に関する質問だけではなく、講座の受講相談、その時々での勉強法など親身になって相談にのって頂いたことに大変感謝しております。

    振り返ってみると、社労士試験は特に受験科目も多く、覚えることがたくさんあるわけですが、あまり強引に暗記したという印象がありませんでした。それはおそらく、制度の背景やどうして、こういう仕組みになるのかきちんと的確に説明していただいたとともに、それを意識して理解するようにしたからだと思います。

    昨年の本試験は、理解が曖昧なまま臨んでしまったため、今年は最初からiDE社労士塾でお世話になろうと思い(1年目は短期講座のみお世話になりました)、入門ゼミを受講したうえで、Web通信本科ゼミにCDを付けてインプット講座を受講しました。1年目は勉強ペースがつかめなかったので、今年は、基本的に講座の配信スケジュールにあわせるように勉強するよう意識的に心がけました。その為に、隙間時間を活用しました。お昼休みや朝の出勤前、退勤後もコーヒーショップで講義を見て、問題を解くようにしました。そして、CDはミュージックプレーヤーに入れて、テキストがなくても、移動中など短時間でも聞くようにしていました。

    インプット講座終了後以降は、短時間でも各科目に触れるようにし、感覚を鈍らせないようにするとともに、問題を解くときも、どの論点が誤りなのか、きちんと書き出すことをより意識しました。おかげで、模擬試験も中間、最終模試と少しずつ得点がとれるようになりました(得点自体はあまり意識しませんでしたが)。直前期には、間違った問題については論点を、「測量野帳」という小さいノートに書き出して、通勤やちょっとした合間に読み返していました。スマホのアプリなんかも少し活用させてもらいました。

    併せて休暇も活用しながら、保険給付以外の雑則や通則部分などを中心にテキストの読み直し、模擬試験や答練の復習を行いました。

    ちなみに試験当日は、直前に送られてきた合格手形を持って、「なんとかなる」と思いながら試験に挑みました。会場に行く前に井出先生が試験場近くにいらしており、激励の握手していただいたのがとても励みになりました。

    試験に合格しましたが、これが終わりではないので、今後も切磋琢磨し、せっかく勉強する習慣もついたのでこれを崩さず、更に向上させていきたいと思います。
    本当にありがとうございました。

    hiro さん


    最後の三ヶ月は法改正、一般常識、直前総まとめ、模試と直前対策の教材を使いました。
    合格に効果てきめんでした。
    本当にありがとうございます。

    ポッポ さん


    ようやく合格することができ、喜びと感謝の気持ちで一杯です。2年間、どうもありがとうございました。

    以前は独学で学習しておりましたが、2年前の合格率2.6%に打ちのめされていたところ、上司から『i.D.E社労士塾は理解中心に教えてくれるのでいいよ。今でも教わったことが役立っている。』と勧めていただいたのが、門をたたく、きっかけとなりました。

    井出先生の講義はとても分かりやすく、特に市販書で年金科目の理解に苦しんでいたところの理解が進み、最終的には厚生年金・国民年金8点ずつを取ることができました。

    教材については今年は手を広げず、i.D.E社労士塾、一本に絞りました。白書を含め、受験対策に十分な情報量だったと感じております。

    また、直前総まとめゼミ、白書対策、模試のCDを、家事や通勤、食事の時間に何度も聴きました。スキマ時間を使った耳での学習は効果があったと感じております。

    そして、試験前に届いた『合格手形』の葉書は、お守りにと手帳に忍ばせていました。

    これから、勤務社労士として頑張って参りたいと思います。本当にありがとうございました!

    CD通信本科ゼミを受講しました。 さん


    今年初めて社労士試験を受験しました。

    昨年秋より、通信本科ゼミにてお世話になり、ガイダンス時の板倉先生のアドバイスにより法改正、模擬試験を受講しました。(一般常識は日程の都合上、T社のものを受講。)

    CDによるインプット時は、井出先生の講義を聞くのが楽しく学習も苦痛になりませんでした。答練を取っていないことや市販の教材を利用していないことに対して、アウトプットの少なさを心配していたのですが、ガイダンスで板倉先生にアドバイスいただいた通り「テキスト読み、CD講義、復習、過去問、添削問題」で、時間がいっぱいで他に手を出す余裕もありませんでした。

    受講ガイダンスや後期学習ガイダンス等で自分の状況にあった勉強方法を模索していただき、大変感謝しております。

    わかりやすい講義や、ガイダンスの他にも、模試のお昼休みを利用したワンポイントアドバイスや、常にきれいに梱包された教材、丁寧に添削してくださる先生方など、随所で皆様の心遣いをいただきました。

    それらを支えてくださった皆様と直接お目にかかる機会はありませんでしたが、皆様の支えにより無事に合格できたのだと思います。本当にありがとうございました。

    ティーノ さん


    こちらの塾にお世話になってから3年目でようやく合格しました。
    合格する知識は井出塾で培ったという自負はありましたが、選択式には一喜一憂しました。

    通信生なので、先生方の講義を直接受けたり、お話をしたりすることはあまりありませんでしたが、社労士専門の井出塾を信じ、教材を通じ支えて頂きました。
    合格の報告をすることで、その恩に報いることが出来たのではと思います。

    詳しいことは体験記に思いの丈を書かせて頂くとして、合格をゴールとするのではなく、またここからスタートしたいと思います。
    井出塾の皆様、お世話になりまして誠にありがとうございました。

    シリウス さん


    5回目の挑戦で合格しました。

    他団体で3年半学習し、特に前回は気力体力のギリギリまでやった、との想いで受験するもまさかの38点。「4回も受けてこれしか取れないの?」「自分はこの試験に向いていないんじゃないか?」と思い始めていましたが、I.D.E塾の評判を知り、相談会に参加しました。
    板倉先生から暖かい言葉をいただき、ビデオを視聴、目から鱗の解説だったので、こちらでやってみよう!とスタートしました。

    質問するのは苦手な私でしたが、「質問するための授業料なのですから」「そのためにいるのですから」と常々おっしゃっているので、飲み込めないことはちょっとしたことでも質問することができました。
    勉強法も迷いが出た時はすぐ相談させていただきました。

    一番心に響いたのは井出先生の「今までのやり方で上手く結果が出ていないのであれば、やり方を変えること」との言葉。
    リセットして、一から井出先生のやり方に沿って進めました。「最後は教材を絞って」の言葉通り、答練・2回の模試の復習を繰り返しました。
    思い残すのは、テキストの読み込みがもう少しできればよかった、ということです。

    ウルトラQ さん


    勉強開始から3年、2回目の受験で合格いたしました。
    1年目は独学も、仕事が多忙になり受験を断念。この年に受験雑誌のセミナーで拝聴した井出塾長の講義が素晴らしく、2年目は年金特訓、直前総まとめと模試を受講し初受験に臨みましたが、労一選択で1点しかとれず足切りに。今年こそと答練、短期集中パックで特に答練に力を入れました。最終模試の択一は30点台でしたが、8月は答練と中間・最終模試の問題を繰返し復習し、本番に臨みました。結果選択32点、択一54点とほぼ8割の点数が取れたのは自分でも驚きです。iDEの教材と講義はわかりやすく、答練の問題もレベルが高く自信がつきました。また仕事の関係で年明けからしか勉強できない私には短期ゼミがフィットしました。合格できたこともそうですが、これまで54年の人生の中でこんなに勉強が楽しいと思えた日々はなく、iDE塾の皆様に感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

    H.Saito さん


    4回目の受験での合格でした。

    昨年まではユーキャンの市販本で勉強していましたが、点数が伸び悩み、自分は独学では合格できないと悟り、TAC、大原などなど受講案内を渡り歩いたのは2016年9月の頃でした。数ある中でIDE塾を選んだのが本当に幸運でした!

    そんなご縁で通学総合コースE(本科:夜間クラス)での学習を開始しました。模擬試験はTACのも受けましたが、その他はIDE塾のみの教材を先生に言われた通りに日々こなしていきました。板倉先生には何度も何度も学習相談をし、かなり細かなスケジュールを一緒に考えて頂き本当に感謝しています。

    井出塾長のCD講義は毎日聴きました。年金特訓の問題集を毎日解きました。過去問も毎日全科目を2~3問を解きました。睡魔と戦いながらテキストを読みました。苦手カードを作り毎日チェックしました。枚数は300枚を超えてました。もう苦手カードは見たくないので11/10に合格を確認してすぐにゴミ箱に捨てました(笑)

    試験当日の朝は試験会場前で関口先生に声をかけてかけて頂きパワーをもらいました。試験後には解答速報を配る五十嵐先生が人混みの中声をかけて下さりとても嬉しかったです。帰りの電車で健保が2点と判明し帰り道は頭が真っ白で記憶は全くありませんが今となっては良い思い出です!

    これからは社会保険労務士の資格をしっかりと生かせるように、もっともっと勉強していきたいと思っています!

    あきぴ さん


    ようやく合格できました。
    テキスト学習は独学でしたが、答案練習はIDEの直前答練でお世話になりました。
    受験も長くなって、自分としてもどう勉強したらいいのかわからなくなってきたとき、板倉先生のやさしいアドバイスがとても勇気づけられました。

    TAKE さん


    今回おかげさまで社労士試験合格することが出来ました!

    社労士を目指そうと志し、昨年3月に初訪問して関口先生にお話を伺い、井出塾長の講義を体験受講して、iDE社労士塾での勉強を決意してからはや一年余り、この塾で学ぶことができ大変感謝しております。

    振り返ると、私は意志や集中力が弱くスランプもありスケジュールは押し押しでした。回答速度は遅く、ミスを繰り返し、最終模試時点で一般常識のインプットが間に合わず常識択一が0点というように、直前までボロボロでした。
    ただ塾の勉強法に沿って、基本教材と井出先生の講義速聴、過去問、模試を軸に、論点の把握、間違いパターン・弱点の見える化、カード化で追い込みを繰り返し、最後まで諦めずやり切ることができたのが良かったのかと...

    先生方、塾の皆様、本当にありがとうございました。
    これからまたより一層励んでいきたいと思います!

    打倒労一 さん


    昨年、労一(選択)で1点を取り涙を呑んでから、打倒労一をモットーに一年間勉強を続けてきました。努力は必ず報われるもので、第49回社会保険労務士試験に合格できました。自己採点では、宿敵労一(選択)で5点を取ることができ、全体でも基準点割れの科目も無かったので合格を確信していたのですが、いざ合格発表日が近づくと、マークミスが無かったか不安になるもので、11月10日官報に自分の受験番号を見つけたときは、嬉しさと安堵感に包まれた次第です。なんとか打倒労一を達成できました。
    IDE社労士塾に出会ったのは、平成26年の最終模試でした。それから3年強の間、勉強をし続けられたのは、IDE社労士塾の教材のすばらしさと井出先生をはじめとした講師の方々の的確なご指導があったからです。目標に向かって努力することの充実感を味わえたと思います。やっと勝ち得た資格です。次の目標に向けてステップアップしたいと思います。

    嬉し泣き さん


    3回目の受験で、i.D.E.社労士塾でお世話になって初めての試験で合格することができました。基準点割れはなく選択35点、択一58点という私にしては出来過ぎの成績でした。
    過去2回の試験では他団体で勉強しましたが選択式の基準点割れで不合格となり、詰めの甘さを感じていました。テキストの読み込みと用語の正確な理解がしたかった私にとって、i.D.E.社労士塾のテキストはとても使いやすかったです。
    また、一度聞いた講義の重要な点がしっかり頭に残る井出先生の講義は本当に素晴らしかったです。今回の選択式のキーワードのひとつ「ベトナム」は試験中に井出先生の声で脳内に再生され、問題を解きながらニヤニヤしてしまいました。

    通信講座という孤独な環境でも、i.D.E.社労士塾には陰から支えられているなという安心感が常にありました。例えば、そろそろ添削問題の復習をしようかなという頃に添削の返却があり、そこにはいつも温かい励ましのコメントが添えられていました。また、講義や模試が全て終わった8月に頂いた「合格手形」という名の暑中見舞いでは、不安な私の心を見透かしたように勇気を奮い立たせるメッセージを頂きました。
    井出先生をはじめとする講師、スタッフの皆様方、どうもありがとうございました。世間のお役に立つ社労士になれるよう、がんばります。

    CD通信本科ゼミでお世話になりました さん


    こちらにお世話になるまでは、「社労士試験は暗記の試験。暗記は人に助けてもらいようがない」と思い込み、市販書で独学していました。しかし、受講してびっくり!丸暗記するべきことが激減しました。理解すれば、ムリヤリ覚えなくても良いのですね。お陰様で勉強がすっかり楽しくなりました。
    ギリギリ前日に聞いた白書統計ゼミから選択の問題も出て、最後まで感謝でいっぱいです。
    本当にありがとうございました。

    くろちゃん さん


    3回目の受験で合格できました。
    官報で確認しても不安でしたが合格証書が届きました。
    仕事、家事と合わせての受験勉強で、本当に大変でしたがやっと報われた思いです。

    1年目・2年目は少しでも多く勉強時間をとることそしてあれもこれもやっておかないとと無理をしてしまい、万全な体調で試験を受けることができませんでした。
    このままではと今年は、早めのスケジュール管理及び定期的なスケジュールの見直し、

    そして井出先生がおしゃった間違えた理由を考え、知識があいまいな教科の暗記の徹底。中間・最終模試を何回かにわたって徹底した復習を行う。
    これらを行った結果、ゆとりをもって試験に臨むことができ、解答に迷っても自分を信じることができ合格につながったと思います。

    井出先生はじめide塾の講師の方そして事務局の方にはお世話になりました。
    ide塾に通っていなかったら、モチベーションを保ち続けるのは難しかったと思います。

    本当にありがとうございました。

    はじくん さん


    4回目の受験でなんとか合格できました。(今年58歳になるオジサンです)

    最初の3年間は市販書で独学していました。2年目、3年目は択一は基準点に達しましたが、選択で基準点割れ。これではまずいと思い、CD通信コース,法改正ゼミ、白書対策ゼミを受講し、今年4年目は、択一48,選択31(健保2)で滑り込むことができました。

    井出先生の解説講義は、評判どおり大変素晴らしいものです。ある意味、感動的でもありました。講義を繰り返し聴いて、テキストの読み込みをすれば、合格点をはるかに超えるレベルに達することができると思います。

    私自身は、十分な学習時間がとれず、テキストの読み込みもできていない状態でした。直前期のあがきで、法改正と中間・最終模試の解説CDだけは通勤電車の中で繰り返し聴いていました。結果として、本試験での的中項目がいくつかあり、数点拾うことができ、合格に繋げることができました。

    井出先生、添削でご丁寧なコメントをいただいた諸先生、事務スタッフの皆様、直接お会いする機会はありませんでしたが、大変ありがとうございました。

    shihoyui23 さん


    8回目の受験で合格しました。
    他塾のウェブ通信講座で勉強していましたが、点数を伸ばすことができず、社労士試験に合格した先輩にすすめていただき、3年前にIDE塾に入塾しました。
    勉強のやり方を変えたのは以下です。(1,2,4は、井出先生のアドバイスを参考にしました)

    1,インプットの強化。テキスト読みと講義をしっかり聴くことに注力しました。先生の授業は実務をふまえて話してくださるので、とてもわかりやすく、知識がつながっていくのを感じました。テキスト読みをしていたおかげで、重箱の隅をつつくような選択式の問題に対応できるようになりました。
    2,アウトプットでは、選択式は「選択肢を見ずに解く訓練」、択一式は「×の解答に理由を書く訓練」をひたすらすることで点数が伸びました。
    3,子育てをしながらの勉強だったので、通信で授業を聴いていましたが、最後の2年間は、答案練習は会場で受けました。緊張感ある中で問題を解く訓練になりました。また、先生の生の解説講義や励ましの言葉を聞くことで、通信生の私にとっては刺激になりました。
    4,4月からは「毎日少しずつでも全科目に触れる」を意識して勉強しました。
    4月~8月までは、過去問を5問ずつ毎日全科目解きました。直前期は模擬試験や答案練習の基本編を毎日全科目ときました。この訓練によりまんべんなく知識を定着させることができたように思います。

    最後3年間は、択一式の総合点が1点足りなかったり、選択式の基準点割れに1科目だけひっかかったり、悔しい思いをしました。
    合格できたのは、夫や幼い子供達が支えてくれたことと、遠方に住む両親や祖母、職場の仲間や友達が応援してくれたこと、そしてIDE塾に出会えたからだと思います。
    通信生の私は、孤独の中で戦ってきたので、確認テストの添削してくださる先生から毎回頂くあたたかい言葉にもずいぶん励まされました。
    ずっと、合格したいと思っていました。
    最後の1年は、合格後の自分をおもいえがいていました。ゴールは合格ではなく、資格を取ったその先にどう活用するか、どんな仕事をしたいかなのだとわかったとき道が開いたように思います。
    これから転職活動を本格的にスタートします。
    遠回りしたけれど、自分を活かして社会の役にたつことができるようがんばります。

    kaz さん


    今回、2度目の受験で合格することができました。

    1年目は他団体の速習コースで勉強しましたが、テキストと過去問を何とかこなすのが精一杯の状態で本試験に突入し不合格。

    2年目は点数アップもさることながら内容をきちんと理解することを最優先に考え、丁寧で分かりやすく且つ詳細な講義内容のi.D.E.社労士塾で勉強させて頂くことにしました。

    2年目のスタートに当たり、通学コース(夜間)と答練をペースメーカーとして、次の2点を課しました。
    1.講義は休まない
    2.講義時間中は集中して理解に努め、早めに復習を行い極力疑問点は残さない
    3.教材や問題はi.D.E.社労士塾のものに絞り、手を広げない(模擬試験のみ他団体のものにも参加)

    要は、絞り込んだ内容を(それでも多くて途方に暮れることもありましたが)、後回しにせず、極力毎日少しずつでもコツコツやるという当たり前のことですが、1年目にあやふやだったり誤解していた論点が明確になり、答練や模擬試験の点数も安定して取れるようになりました。結果的に、今回の本試験では、選択式34点(基準点割れなし)、択一式60点と予想外の好成績で合格することができました。

    これもひとえに井出塾長、関口先生をはじめとする諸先生のご指導の賜物であり、心より感謝申し上げます。
    本当にありがとうございました。

    なかむら さん


    WEB通信本科・答案練習ゼミパック(Pコース)と短期の白書・統計ゼミを受講しました。

    井出先生の講義はどの法律課目も、内容はわかりやすくて面白く、話す速度もちょうどよく、わかると法律の勉強が面白くて、1年間受講を続けることができました。年金科目も板書で図解しながらの解説がわかりやすくて、「そういうことか」と感動しながら聴講していました。
    WEB本科の確認テストでは、解答用紙に論点を書き出すことで頭の中が整理されたように思います。確認テストを添削してくださった先生方の添削内容も勉強法のアドバイスもわかりやすくてよかったです。講評は励みになりました。
    答案練習ゼミは各科目の重要な論点と法改正項目の復習になり、記憶の定着が図れてよかった。
    本試験は、総合点も高得点とれて、基準点割れもなく合格することができました。

    お世話になった先生方、職員の皆様、本当にありがとうございました。

    国分寺のハマちゃん さん


    7回目のチャレンジで合格できました。
    1回目の2011年は独学。2回目~5回目は他校の通信コースで伸び悩み、2016年、17年の直近の2年間、iDE社労士塾にお世話になり、答案練習ゼミ(ダウンロード通信コース)と短期集中ゼミの全ての講座(ライブ)、中間・最終模試、直前講座を受講させていただきました。
    公休日と通勤時間だけの貴重な勉強時間。公休日は答練と短期集中ゼミの通学ライブにあて、通勤時間は井出先生のダウンロード講義を繰り返し、何度も何度も聴講しました。
    6月の中間模試の択一は29点でしたが、7月の最終模試で41点、本試験は50点獲得できました。2ヵ月で択一21点アップできました。まさにiDE社労士塾の直前効果です。
    答案練習ゼミは科目ごとの狙いが明確で良問満載。解説も素晴らしく、勉強が楽しくなりました。
    また、選択本試験中に白書・統計完全対策ゼミ(7月)での井出先生の「最近、高田馬場にベトナム料理店が増えたと思いませんか」のコメントがよみがえり、自信を持って労一選択「③ベトナム」にマークできました。
    iDE社労士塾に入塾して、本当に良かったです。
    先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました。心より感謝しております。

    km419 さん


    通信本科・大阪通学答練パックを受講させていただきました。
    講義につきましたは、井出先生の説明の進め方・口調・テンポなど、巷の評判以上で惚れ惚れするものでした。他の受験校の講義を模試の解説講義で聴く機会がありましたが、井出先生の解説と比べると明らかに物足りないものでした。
    とはいっても、やはり科目が多く初学だったこともあってか、なかなかCDの聴講が進まず、基本テキストを1回転終えるのに5月いっぱいまでかかってしまいました。当然のことながら答案練習や2つの模試の出来はよくありませんでした。
    しかし、「模試の点数は気にする必要はない。きちんと復習をすれば十分合格レベルには十分達する」という井出先生のお言葉を信じて、最終模試後ひたすら答案練習・模試の復習を繰り返し行った結果、本試験の2週間前ぐらいから手応えを感じ、何とか本番を乗り切ることができました。
    この1年、i.D.E.社労士塾で学んだことはことは今後も生きるであろうと確信しております。
    最後になりましたが、井出先生、五十嵐先生、板倉先生、関口先生、事務局の皆様、本当にありがとうございました。

    とと さん


    4度目の挑戦で合格することができました。

    メインは他校の通信でしたが、i.D.E.塾とは2年目に出会い直前期の講座を中心に受講していました。模試2回と法改正、白書統計は必ず受講し、昨年は意を決して本科平日ビデオ+解説CDで必勝を期しましたが、残念ながら択一1点足らず涙。それでもテキスト・板書ノートの読込み、音声をICレコーダーで繰り返し聞くことで知識の定着はかなり図れたと自覚しています。
    法改正、白書統計テキストの読込み、問題演習をしっかりやることで、労一の不安を払拭し、テキストを信じて受験しました。また、オプションの安衛・徴収まとめゼミは直前期に時間を掛けられない2科目を半日で復習でき、とても助かりました。

    毎年、i.D.E.塾の模試には苦戦し20点台、30点台が常でしたが、解答解説が充実しており、テキストに戻らなくても復習ができるようになっているので間違った部分を正答率の高い順に見直し、ここで弱点を補って本番に臨んでいました。

    もう1年やれば必ず受かれる、今年こそと臨み、択一45点選択33点(健保2点)と苦戦したものの、でギリギリで何とか合格できました。
    今年は最終模試ではじめて40点台を取ることができ、歓喜するとともに期は熟したと信じての受験でした。

    直前期にはi.D.E.塾に頼りっきりでした。何より井出先生の講義は、テンポも声も心地よく、もちろん内容も深いところまでわかりやすく教えてくれるので、ライブがとても楽しみでした。できるだけ前の席に座れるよう、早めに行くようにしていました。

    先生方には折々に親身に相談に乗ってもらい、あきらめず受験を続けることができました。感謝しております。ありがとうございました。

    エンキドゥ さん


    1年目の受験で違う予備校に所属していましたが、 模試を受けないといけないと思い、評判の良かったI.D.E社労士塾の
    模試を受け、昼休みに井出塾長の模試の解説があまりに素晴らしかったので、法改正ゼミや統計ゼミなどを受講してしまいました。 統計ゼミでベトナムを強調していただいてので、本試験で
    は迷うことなく入れることができました。 短期講座ばかりしか受講していないのに、疑問点に丁寧に答えれもらったりとかしてその場で疑問点がすっきり解決できたので、学習が進みました。 井出塾長、関口先生をはじめ、先生方、本当にありがとうございます!

    やすやす1112 さん


    5回目の挑戦でした。3年目までは全くの独学で、択一の点数が伸びず、4年目も独学でしたが、塾の法改正と白書対策、直前100問を受けさせていただきました。今回はCD通信本科、法改正、白書、横断整理、直前100問を受けさせていただきましたが、塾長の言われたとおり基本テキストとCD視聴を繰り返したことで、択一の点数が伸びました。今ではホッとしているのが本当のところです。「合格手形」も支えになりました。ありがとうございました。

    tk0826 さん


    2回目の受験で無事合格する事ができました。
    1回目の受験の際は、他団体の講座を受講しつつ、直前期のオプション講座のみide社労士塾でお世話になりました。生憎その年の合格を手にする事はできませんでしたが、講義内容の素晴らしさから次の年はide社労士塾の通信本科ゼミを受講させて頂きました。他団体の教材は一切使用せず、ide社労士塾の教材のみでの学習で、択一54点選択37点の基準点割れなしで合格する事ができました。ide社労士塾の指導を信じてついていった結果、努力が報われました。
    お世話になりました先生方、職員の方、心より感謝しております。本当にありがとうございました。

    ほんわかちゃん さん


    4回目の受験でやっと合格することができました。
    4年間、IDE塾の通信講座で勉強しました。
    井出先生の穏やかな声、丁寧な講義、温かい人柄が大好きでした。
    模擬試験の解説講座で井出先生が勧めてくれた、「覚えたいことは小さめのカードに書いて覚える」を実践してみたのですが、これがすごくよかったです。
    カードにひたすらまとめることで、頭の整理ができましたし、試験会場に持ち込んで直前まで苦手なところの復習ができました。
    (私は市販されているB6サイズの京大式カードというものを使用しました)
    IDE塾の皆様には大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございました。

    ぴゅう さん


    5回目の挑戦でやっと合格する事ができました。

    最初の2年は独学で、市販のテキストを使って学習しましたが
    全く内容が理解できず、2年目にiDEの短期講座を受講して
    ようやく理解するためのキッカケが掴めた感触を持ち、3年目から
    総合コースを受講しました。

    総合コースを受講しても、なかなかうまくいかない日々の連続。
    科目の終了ごとに提出する添削問題を提出しても半分も正解できず
    意気消沈する日々が続き、ようやく択一がなんとか基準がクリア
    出来そうなレベルに達しても本試験では選択で1点が足りずに
    2年連続で涙を呑みました。

    今年の挑戦で、本試験で合格出来たの勿論嬉しかったのですが
    iDEの模擬試験で2回とも45点を超える事が出来たのは自分でも
    感動しました。逆に、模擬試験の結果があったので、本試験は
    模擬試験のようにできれば、合格は間違いないという自信が付き
    ました。

    最初に受験した時は20点そこそこの成績で、その状態から
    ここまで実力を伸ばす事ができたのは、先生方のお陰です。
    本当にありがとうございました。

    アラフィフ55 さん


    今年、模擬試験、直前講座でお世話になりました。

    本年の試験は、やや易しいという感想が方々で聞かれ、択一の基準点も相当に高い予想のようで、正直心配だったですが、例年どおりくらいの基準点で、合格者一覧の官報に自分の番号を見つけた時には、本当に安堵しました。
    やはり、特に、直前講座の「年金特訓」の効果が絶大であり、このハイレベルな講座を受けて年金2法で得点できたことが良かったと分析しています。
    それと模擬試験です。IDE塾のハイレベルな模擬試験を1問も安易に考えずに、繰り返し解いたことが良かったとも思います。相当に難しい模擬試験でしたが、IDE塾の模擬試験が全部解ければ、絶対に大丈夫だという信念を持って試験に臨んだことも勝因だと思いました。

    お世話になった先生に感謝申し上げます。
    本当にありがとうございました。

    2児の父 さん


    2度目の勉強をideに替え、そのチャレンジで合格できました!
    自己採点で大丈夫そうでしたが、今日まで
    「マークミスあったらどうしよう...」
    と不安いっぱいでした。
    正直、ほっとしました(笑)

    苦節10年 さん


    10年目でやっと合格しました。
    当初大手予備校で受講したのですが、どうしても伸び悩み、IDE社労士塾の門をたたいたのが8年前のことです。当初はあまり学校の指導通りに勉強することができなかったのと、年金科目が伸び悩みました。ただ、毎年受験すると2点ずつ上昇していたのであきらめずに続けることができました。
    平成27年の受験の時に、これではいけないと、過去問題集のチェックを塾長がおっしゃられた「誤りの個所(×が論点の部分)の何が誤った部分なのかの理由を書き出す」「読み込みを行う」「過去問を1・11・21と10問ずつ飛ばして解き、毎日各科目に触れる」「答案練習・中間模試・最終模試の復習を徹底して行う」を行いました。
    特に合格した今年は「答案練習・中間模試・最終模試の復習を徹底して行う」により、模擬試験では30点台だったものが急速に伸びました。理由の書き出しと模試の復習が点数の伸びる肝だったと思います。
    最後に塾長はじめ先生方、事務局の皆様、今まで本当にありがとうございました。

    高橋義憲 さん


    3回目の挑戦で合格できました。
    過去2回は別の団体で勉強していましたが、択一の点数をなかなか伸ばすことができずに悩んでいました。
    受験ガイダンスで井出先生のお話を聞き、教材のサンプルを見て、実務的な内容も盛り込んだプログラムであることが自分のフィーリングにあったので、1年間お世話になることにしました。
    受講したコースは、CD通信、法改正、白書、答練で、他の団体の講座や教材は、模試以外利用しませんでした。
    中間模試を受験した段階では、昨年とあまり変わらない出来だったので少々焦りましたが、7月、8月は答練、過去問を繰り返し解くことで、最終模試、そして試験本番へ向けて自信を深めていくことができました。
    勉強方法は、井出先生が推奨されていた「テキストの読み込み」は、あまりできませんでしたが、問題練習では単に〇×をつけるだけでなく、理由を書き出すようにして、これが知識の定着につながったのではないかと思います。
    本番の択一では、過去2回の試験では40点に届かなかったのですが、今回は50点を取ることができました。そして、何よりも合否を分けたのは、選択式の労一で、白書ゼミで取り上げられた「ベトナム」を選ぶことができたからです。これがなければ、労一で涙を飲む結果になったでしょう。
    私は、現在ファイナンシャルプランナーとして活動していますが、社会保険の分野を自分の強みとしていけるよう、引き続き精進していきたいと思います。
    最後に、井出先生をはじめ、添削問題の一つ一つに丁寧なコメントをつけて下さった先生方に、深く感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

    sihou110 さん


    本日官報にて自分の受験番号が確認できました。
    ようやく合格することができました。
    市販教材での独学から今年IDEの通信に変更して大正解でした。
    私の合格は、ひとえにIDEのわかりやすい講義のおかげです。
    本当にありがとうございました。




    デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
    iDE社労士塾

    Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
    Adobe Readerのダウンロードへ