HOME > 合格体験記 > 2018年 > T.まっちゃん

合格体験記

2018年 合格体験記

繰り返す、続ける、あきらめないこと
T.まっちゃんさん

〇 はじめに 
長期受験生でとてもとても長い道のりでした。
選択式の合計 28点 択一式の合計50点
選択の国年は見直して2点でした。しかし、国年に救済があって今回合格できました。

〇 社会保険労務士をめざしたきっかけ
ファイナンシャルプランナーの勉強をして社労士のことを知り、サラリーマンの仕事をやめて開業しようと考えました。

〇 勉強方法について
IDE塾の直前対策の法改正ゼミは5月の連休あたりから開講され、どこの予備校よりも早く法改正についての情報が得られました。また、横断まとめ講座ではポイントを効果的に受講でき、井出先生の丁寧な講義はとても頭に残りました。
模擬試験は必ず受験し、中間模試では、総合36点、最終模試で40点でしたが、700問の一枝一枝を解き直し、わかるまで繰り返しました。また、模擬試験の取り組み方についてのアドバイスをしっかり実践することにしました。

〇 普段の勉強時間について
早朝は4時半から2時間
午前は8時からカフェで1時間
夕方は5時からカフェで1時間
夜は就寝前1時間,復習等を行いました。
毎日4~5時間勉強し、年間トータルで1,000時間以上を費やしました。

〇 選択、択一対策 
過去問を中心に択一を解き、わからないところはテキストにもどって進めました。
選択はどんな問題か傾向を知るために過去問の選択問題を解きました。
択一は合格点に達してからも選択の基準点に1点や2点足らないことが5回あり、特に労一には何回も泣かされましたので、厚生労働白書などはこまめにチェックしました。

〇 本年の直前対策で特に注意したこと
間違ったところを二度と間違えないように徹底的に繰り返し覚えこみました。
時間がないので、トイレ、お風呂、料理、家事等をしながらスマホを何回も聴きました。
間違いノートやカードも作り徹底的に頭にたたきこみました。
8月中旬から自習室に閉じこもり、模擬テストや年度別過去問350問を一番眠くなる午後1時半から3時半ごろにかけ
て毎日2時間で解く訓練をし、本番で活かせました。

〇 最後に
この試験では特に結果がなかなか努力に結びつかないことが多く、1点や2点で泣くことが何回もありましたが、夢や目標をしっかり定め、毎日繰り返す、そして決してあきらめないことが大切です。




デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 ダウンロード・web通信 テスト動画 条文順過去問題集 過去問ゼミ 科目別教材 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ 採用情報