合格体験記

2017年 合格体験記

三度目の正直
森本さん

 「中国」「ベトナム」「フィリピン」。外国人の雇用状況で、国籍別に最も多い外国人労働者の順です。
白書・統計完全対策ゼミの講義のなかで、井出先生は"これ出ると いいですねぇ""最近この辺りでもベトナム料理のお店増えましたねぇ・・・"と。
え~これが出る?
選択労一にでました。
 雇用保険法からは、「職業の安定」「労働生産性の向上」。"これは絶対にでます"と、断言しました。
新しくできた条文だから。雇用安定事業及び能力開発事業は、被保険者等の・・・。
模試をはじめ、何度も目にした問題です。

正解の一点を得るのはすごく大変。
 二年続けて、労一の選択で一点足りなくて涙。「二度あることは三度ある」を追い払い、「三度目の正直」となることを願って、毎日、社労士の受験のことだけ考えて過ごすようにしました。
勉強時間は平均したら一日5時間。午前2時間半、午後と夜で2時間半。

 長い間、自宅学習だけで受験していました。合格点にちょっと足りない状態だから、もっとがんばればいいと思いつつ何年かが過ぎていきました。
60歳を過ぎて・・・ある時、ハッと気がついたのです。このままでは何年受けても合格できないかもしれない。身体は年々衰えていくのは確実。早く受かりたい。外に出てみよう。
 I.D.E.社労士塾のHPで、答案練習講座と模試が行われていることを知りました。
少人数で、2月から始まりほぼ毎日曜日。とても新鮮で、毎回発見がありました。
講義は、一言一句聞きもらすまい。試験で間違えた個所は必ず覚える。そこでは、過去問はO×式で一問一答をオススメ。社労士で補助して下さるある方が、僕も使用したと言ってI.D.E.社労士塾を紹介して下さいました。
そして、その問題集で合格した後もフォローして下さることを知り、私は、この塾の卒業生になりたいと思いました。

 I.D.E.社労士塾では、わからないところは電話でも指導して下さいます。一度だけ年金の問題で電話したことがあります。この問題難しいですよね。こういう風に読んでみたら、と読む順序を変えたり、( )で括ったりなど アドバイスいただきました。後で考えたら恥ずかしさでいっぱいでした。自分の強い思い込み、頭の固さが問題なのです。それからは、分からないところは文章を句切って読んだり、図に書いたりして考えました。

 社労士の勉強をすることで、多くのことを学びました。
人間、生きている時間には限りがあります。余計な事は考えない。悩まない。腹は立てない。
人を憎まない。イヤな事は忘れる。気持ちを調えて、常に勉強だけに集中できる環境を作ることも大切なことです。勉強できる時間を作ってくれた家族には、感謝しています。




デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ