合格体験記

2017年 合格体験記

諦めなくてよかった!
SACHIさん

合格発表の日、「諦めなくてよかった!」本当にそう思いました。
合計で4回の受験を経験しました。振り返ると試行錯誤の4年間でした。

<1年目>
教材:CD付市販書、大手資格学校の速習コース(通学)、その他市販書

学習開始は3月。最初にCD付市販書を購入しましたが、半分程進んだ所で理解できないことに気づき、通学に変更。速習コースを受講し、過去問中心に学習。他にも様々な市販書を購入しました。内容が理解できていないのに正誤はわかるという状況に陥りました。結果は、択一式で一科目基準点割れ、1点足らず。

<2年目>
教材:大手資格学校の上級コース(土日通学+WEB通信)、直前講座

通学生講義とWEB講義で、同じ講義を2回以上ずつ受講しました。聞き洩らしやマーカーの漏れがあったら嫌だったからです。過去問中心に、間違えた所はテキストに戻る勉強方法でした。直前講座も様々受講、模試でも合格ラインに到達していたので自信はあったのですが、選択式の社一で1点しか取れず。

<3年目>
教材:IDE社労士塾(通信総合コース(CD))

前年度の過去問集でIDE社労士塾のものを使用していました。解説やサンプル講義動画がわかりやすかったことから、IDE社労士塾での受講に決めました。ガイダンスで、井出先生から、テキスト読みの重要性や過去問からの出題減少のお話を聞き、学習方法の見直しをしました。過去問中心からテキストを中心にし、朝勉強を開始、通勤時間は講義を聞く習慣をつけました。

5月、仕事で異動がありました。仕事で覚える事が多く、慣れない環境のせいか、家ではぐったりしてしまい、なかなか勉強に向かう気になれませんでした。気晴らしをしても勉強していない事に対する不安、かと言って勉強しても「また1点足りなかったらどうしよう」と不安になり、勉強に集中できず、いちばんつらい時期でした。学習から離れると、解けていた問題が解けなくなり(全く解らないのではなく「△」が増えました)、焦り、更に解けなくなるという悪循環でした。

<4年目>
教材:他社通信講座、直前対策(IDE社労士塾)

受験する気はなく勉強から離れていましたが、3月頃、このままやめてしまうと後悔するだろうなという気持ちが強くなり、勉強再開。IDE社労士塾のテキストをやりきる時間はないと判断し他社通信講座を受講。ただ、通勤時間は井出先生の講義を聞いていました。平日は、出社前にテキスト読み、昼休憩時に携帯アプリで正誤問題や穴埋め問題、帰宅後は講義や過去問。週末はこれと言って決めずに、平日に必要だと感じたことをしていました。昨年度の反省から、毎日少しでも良いから勉強する事だけは意識しました。開始が遅かったこともあって、集中力を途切れさせることなく、試験当日を迎えることが出来ました。


4回の受験勉強機関、いちばんしんどかったのはメンタルコントロールでした。色々な不安や焦りとの戦い、勉強していない自分を責め、落ち込んでは這い上がりの繰り返しだったと思います。

色々悩みましたが、「諦めないこと」がいちばん大事だと思います。




デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ