HOME > 合格体験記 > 2017年 > Y.Y

合格体験記

2017年 合格体験記

ようやくスタートライン
Y.Yさん

長い6年間の受験生活にようやくピリオドを打つことが出来ました。
1、2年目は他団体の通学講座を受講しました。IDE塾には2年目に短期講座、3年目からコース(3年目CD通信 4年目CD通信 5年目Web通信総合 6年目Web通信総合)+短期講座でお世話になりました。
初めて受講したのはホームページ上にあがっていた過去問ゼミ講座のサンプル動画を見て、過去問を1問1問丁寧に解説してくれて、分かりやすいと思い過去問ゼミを受講しました。私が所属していた他団体には過去問をこと細かに説明してくれる講座はなかったので大変ありがたかったです。昨今の本試験では塾長の言われる通り過去問の出題率は減少していましたが、過去問を覚えるのではなく理解すること(○×の理由等)で、多少言い回しが変わったりしても正答できるようになりました。その結果択一式に関しては本試験で合格圏内レベルに達することができました。
しかし、本試験では選択式でここ3年足踏みしてしまいました。1,2点足らないことや救済がありそうでない状態が続き、大変つらい思いをしました。
そんな状態だったため、今年は勉強開始初期から常に選択式を意識して勉強に取り組みました。具体的には、テキストを読むとき空欄にされたら嫌なところを意識したり、塾長に言われた通り答案練習ゼミ等選択問題は、まず選択肢を見ず自分の力で埋めるように努力したりしました。また、ここ数年の試験傾向から、労働一般と労災保険法と健康保険法の選択式がどうしても怖かったため、直前期にテキストと白書を隅々まで2,3回読みました。
 その効果があってか、本試験午前中の選択式が終わった段階で多分全科目3点確保できているのではないかと思い、午後の択一式に集中できたのもよかったと思います。
地方で通学が出来ないため、通信で通年講座の継続が可能かどうか不安でしたが、今ではIDE塾の講座を受講して良かったと思っています。1度位はライブで講座を聞いてみたいと思い、結果的に年金特訓ゼミだけは毎年1泊2日で5年間本校まで通学しました。その影響もあったのか年金が得意分野、得点源にでき、序盤(労働科目)でくずれても後半挽回できるという思いがあったのも大きかったです。
社会保険労務士試験は決して手に負えないほど難しい試験ではではないと思います。的確な学習方法をいかに継続出来るかだと思います。私自身頭の良いほうではないですが、試験傾向を分析し学習を継続することで合格することが出来ました。IDE塾にはそれが出来る環境が整っていますので、安心して受講できると思います。




デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ