HOME > 合格体験記 > 2017年 > 川崎和広

合格体験記

2017年 合格体験記

受験4年目、合格のためにやってきたことあれこれ
川崎和広さん

kawasaki.jpg






受験4回目となる第49回試験で、何とか合格する事ができました。これから受験される皆様のお役に立てばと思い、受験後忘れないようメモに残した『合格のためにやってきたこと』の一部を披露させていただきます。メモなので雑な文章ですが、どうぞご笑覧下さい。

● 4年目の勉強
・ O校横浜校の平日(火・金)完全合格コースに参加。初学者向けのコースで1から基本をやり直す。
・ 講義後、次回講義までに授業範囲のテキスト読み込み、択一一答過去問A・Bランク3回、選択問題集1回を復習として確実にこなす。
・ また講義の音声をダウンロードし、通勤の歩いている最中聴くようにした。
・ 昨年同様ゴールデンウィークまでで一問一答は封印、以降TACの5択問題集などで対応(2回ほど回す)。
・ ゴールデンウィークはテキスト読みとオプション講座のパワーアップ演習の問題を全科目回し、総点検を行う。
・ 以降、直前対策を受講しながらテキストを回す。
・ また2月よりi.D.E塾の答練をCDで受講。CDは朝食~出勤前の身支度時に答練の解説CDを流しっぱなしにする『門前の小僧作戦』に利用。
・ i.D.E.塾の無料セミナー「後半戦に向けてのガイダンス会」で井出先生がおっしゃったことを踏まえ、3月よりルーチンと称し、講義の終わった科目の選択問題を毎日1問(5穴)ずつこなし、感覚を維持。最初は4科目程度とボリュームも少なく、20~30分程度で負担もなかったが、最後は10科目(徴収のみ一答5問)で答え合わせを含め1時間以上かかるようになり大きな負担に。でも感覚を維持できた?
・ また一般常識(特に選択)対策に白書対策のDVDを購入し、門前の小僧作戦に使用。

● 勉強時間と方法
・ 平日は会社との往復の電車や昼休み、会社帰りに寄る公民館で計2~3時間、休日は公民館やいろいろ図書館を変えながら5~10時間といったところ。
・ 昼食を食べなかったため、休日は公民館や図書館に籠りっきりの状態に。
・ 週最低20時間、目標は30時間。
・ 立ったまま字が書けるよう常にクリップボードを持ち歩き、いつでも字が書ける状態に。座れないことを理由に勉強しないようでは勉強時間を確保できない。

● 目で見る管理
・ 日々の勉強時間を記録し、勉強時間の維持を心掛ける。今回の受験に向けて、記録が一目でわかるように工夫をした。
・ 勉強時間だけでなく、不足しがちな睡眠時間を管理すべく、24時間のバーチカル手帳を購入。
・ 勉強した時間を黄色の蛍光ペンで表示、青の蛍光ペンで睡眠時間を表示。
・ 週ごとのメモ欄に今週やるべきこと(勉強内容、その他)を記入し、クリアするとチェックを入れた。
・ 特に睡眠時間は「12時前に寝ているか」「少なくないか」など一目でわかった。
・ やるべきことの予定を立てたので計画的にこなしていくことができた。また予定を「日」に落とし込まなかったので、週の中で融通を利かしながら、進めることができた。

● 目的条文対策
・ 昨年、選択の雇用保険で目的条文ができず、基準割れとなってしまった。
・ 今年は特に労働契約法と労災に網を張りつつ、目的条文で落とすことが無いよう、対策を打つことにした。
・ 当初、目的条文集を作ったが、ただ単に条文を並べて眺めてもピンとこない。条文に穴を作っても、似たような条文はかえって混乱する。
・ そこで、条文毎キーワードとその周辺のセンテンスを抜き出し、キーワードは穴にした箇条書きのツールを作成する。これが自分ではなかなかヒット!試験会場で朝、最後に確認するツールとした。
・ 労働契約法や労災は出なかったが、社一の国民健康保険の穴にバッチリ対応、社一3点確保することができた。
・ 本試験で目的条文ができないと、1点失うことだけでなく、精神的なショックが大きく、他の問題まで影響を及ぼす。合格するにはしっかりと押さえておきたい。

● 択一試験でトイレ、給水しないために・・・
・ 特にトイレは手を上げてもすぐに行けないので、待っている間集中力が途切れ、結構時間をロスする。
・ トイレに行かないで3時間半集中するためにはどうしたらよいか?
・ 試験中や試験前も水分を控える。
・ 試験前水分を取らないために昼食を食べない。
・ また眠気防止からも昼食を食べない。
・ 昼食を食べない状態に体を慣れさせるため、2016年2月から昼食を食べないことにした。
・ ただし、会社にカップ麺を置いておき、どうしても必要なときはカップ麺を食べる。
・ 試験前最後の1週間は地元の公民館に籠もりっきりになり、昼食はとらずに過ごす。

● 座布団
・ 模試で尻が痛くなり集中力が途切れたため、定価6000円位の高機能座布団を購入。
・ それなりの大きさで、持ち運ぶのは大変だったが、本試験はもちろん、模試や直前1週間の勉強時に使用、快適で大いに助かった。

メモはまだまだ続きますが、あまり長々と書いても読む方が疲れますので、このあたりで失礼いたします。どうぞ皆様、最後まであきらめずがんばって下さい。




デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ