HOME > 合格体験記 > 2017年 > ぴゅう

合格体験記

2017年 合格体験記

5年掛かりました
ぴゅうさん

 5年掛かりました。長いようであっと言う間の時間でした。皆様の参考になるか分かりませんが、合格までの道のりを書いてみたいと思います。
【3年目】
独学の限界を感じ、iDEのお世話になる事にしました。勉強時間をなんとか増やそうとしました。テキストの読み込みの作業はとにかく眠くなりますが、井出先生の講義をウォークマンに入れて、通勤の間は聞くようにしました。出張が多い仕事ですので、出張の時は必ず問題集とテキストを持って出かけました。朝早起きしてみたりもしましたが、昼間に運転中に眠くなったりしたので、直ぐに止めました。早起きも体質に合う人は良いですが、無理はしない方が良いとは思います。
仕事をなんとかやりくりして、早く終われるように工夫しました。平日は大体21時から2時間。2時間を1単位として休日は朝、昼、夜にそれぞれ1単位ずつ3単位は時間を確保しました。
頑張りましたが、結果には現れず択一で44点。年金が予想外に得点が伸びませんでした。悔しい気持ちで、年金アドバイザー3級を受験してみましたが88点で合格。モヤモヤとした気持ちだけが残る結果でした。
【4年目】
3年目に感じたのは、知識が整理されていないという事でした。似たような言葉、特に適用条件などが問題演習の弊害か、視点を変えた問題になると途端に得点できなくなる弱点を痛感しました。対策として、雑誌の付属の単語カードなどを利用し、問題の演習ではなく、言葉を説明できるようにし、殆ど過去問はやりませんでした。通信講座を利用していましたので、各教科毎の確認テストを郵送したら、解答が送られるまえに、テキストで内容を全て確認しました。解答をノートに書き込み、テキストの該当ページと、該当部分をノートに書きました。かなり細かくテキストを読み返す事ができ、内容の理解が格段に深まりました。これで他校の模擬試験でも安定して択一で45点以上は確保できるようになりました。
肝心の本試験は択一が49点まで伸びましたが、選択の雇用保険が2点で基準点割れ。この時の不合格はかなり堪えました。
【5年目】
諦めきれずに、再度トライする事にしました。
勉強方法としては、4年目のやり方を続けました。模試は6回ほど受験しましたが、全て45点以上を確保出来、最高54点まで取れるようにはなりました。
それでも、選択の一般常識で1点という時があり、どのように対策するのか悩みました。
直前期の時間の半分以上を白書の読み込みと、他校(辰巳)のですが一般常識対策講座を取り学習しました。前の年の問題を予想出来ていたという文句につられて受講しました。今年は予想された問題は出題されずに終わりましたが、ここまで一般常識を勉強した事がなかったので、これでダメならという気持ちで本試験に臨みました。
 本試験の選択では、一般常識よりも健康保険で苦戦しましたが、4点を確保でき、選択は全て3点以上、択一も49点という結果で合格することができました。今年の社会の一般常識での結果は、iDEでの学習の賜物と思います。
 ここまで力を付ける事ができたのは、年金を理解する事ができた事に尽きると思います。
模擬試験や確認テストではかなり自信が無くなる事が多かったですが、iDEで鍛えていただいたので今の力が付いたと思います。本当にありがとうございました。




デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 Web通信 ダウンロード通信 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ