合格体験記

2014年 合格体験記

合格体験記
Y.Tさん

【受験の動機】

 平成21年の春、6月の55歳の誕生日を迎えようとしていた時期に、退職後のことを考え、何か資格をとりたいなあと思うようになりました。  書店の資格取得のコーナーで眺めていると、「社会保険労務士」が目に入り、過去問題などを読んでいると、全くわからない問題もあるものの、少し勉強すれば何とかなるような気持ちになりました。早速、その年に、受験申込みし、大した勉強もせずに受験しました。結果は、科目によっては合格圏内にあるものの、当然、不合格。翌年も市販の書籍一冊を熟読し、資格の学校が主催する模擬試験も受け、再度受験しましたが、択一では、総合点数で2点足らず、最低点の4点に満たない科目もあり、選択科目も最低点に満たない科目もありました。翌年も市販書を何回も読んで受験するも、択一で総合点数で2点足らず、敢え無く合格できませんでした。

【試験範囲の膨大さ、類似項目の多さで知識が整理できない】

 社会保険労務士の試験範囲は、膨大な科目であるため、各科目を一巡すると最初の科目の内容を忘れてしまうという、なんとも情けない状態が続いたものでした。かつ、最初の頃は読んだ内容がなかなか理解できないこともあり、同じ箇所を何回も読みました。また、全科目を一巡する頃には、どこかでよく似た内容を読んだとも思うようになりました。そうなんです。科目によっては、類似項目が結構あったのです。そのため、勉強すればするほど、知識がごちゃ混ぜになって整理できない時期もありました。

【勉強方法の転換】

 自分自身かなりの時間勉強したのに、本番の試験では全く目にしたことのない問題が多々ありました。結果を出せなかったことに腹立ちとともに勉強方法を変えないと合格は難しいということが分かりかけてきましたので、大手のT校に通学することにしました。 T校での基本教材は、一般にも販売されているものでした。毎土曜日に教室に通い受験しましたが、択一で総合点数に1点足らず不合格。翌年も当然チャレンジすることにしていましたが、過去、4回までの勉強方法は、勿論、理解して覚えている部分もありましたが、極端な言い方をすれば「丸暗記」の勉強方法でした。そのとき、ネットで資格取得の各学校のホームページを見ていて、I.D.E.社労士塾のことを知りました。同塾は、「理解して憶える」旨の方針を出されており、スクーリングに参加し、通信CDコースでの受講を決めました。CDをウォークマンに録音し、何回も繰り返し聞くことができることが決めた最大の理由です。現に、教材を一通り読んだ後に、CDで何回も2倍速で聞き、途中で寝てしまったこともありましたが、井出講師の声は、今でも頭に残っています。繰り返し繰り返し何回も聞くことによって、自然と頭に入っているのが自覚できました。

【知識のピークを本試験で発揮】

 過去4回の受験で思ったことは、模擬試験と本試験の点数を比較しますと、いずれも本試験の方が高得点でした。直前に集中して勉強した結果だと思います。本試験直前に自習室を借りて仕事帰りや土日に自習室にこもって集中して勉強しました。5回目のときも、模擬試験の択一で40点を超えることができませんでしたが、これまでの自分の経験・傾向から、模擬試験の結果に落胆しませんでした。本試験直前には模擬試験問題と過去問題を何回も読み、解きを繰り返し本試験に臨みました。本試験の自己採点では、択一45点、その内の一般常識は3点と、試験直後は、絶望的な結果でした。これまで、私自身、本試験の一般常識で4点割れをしたことがなかったので、他の科目と比べて一般常識対策は手薄になっていたのかもしれません。その後の各学校の予想合格ラインを見ると、到底合格できるものではありませんでした。全力を出し切って不合格でも仕方がないと、半ば諦めていました。

【最後に】

 11月7日の朝、電子官報に自分の受験番号の下四桁を探しまし、やっぱりなかったと諦めつつ、四桁だけじゃなく、ちゃんとすべての番号を探し、自分の受験番号を発見したときは、何回も何回も受験票と官報を交互に確認しました。嬉しくて嬉しくて、涙が出そうになりました。今思うことは、合格するまで何回でも受験するという気持ちでしたが、5回目がダメだったら、精一杯頑張ってもだめなんだから、もう限界ではないか、もう諦めようか、と継続して受験する気持ちが揺らぎ始めていたところでした。井出講師は、社労士試験に合格しても常に新しい知識を取り入れなければ「ただの人」とおっしゃっていました。これから、社労士会の通信教育を受け、常に新しい知識を吸収しようと思っています。これから受験される方々には、合格すれば勉強は終わるのではなく、合格後も勉強しなければならず、合格が終点ではなく、通過点であるということを思っていただけたら、勉強も継続するものと考えます。最初から最後まで、思っていることをつらつら書かせて頂きました。これから受験される方々の参考になれば幸せです。皆さま方のご健闘を祈ります。


資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
過去問ゼミ
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ