HOME > 合格体験記 > 2014年 > うさぎさん

合格体験記

2014年 合格体験記

合格体験記
うさぎさんさん

 おかげさまで今年、念願かなって合格することができました。

 2013年の受験では某大手予備校に通学していましたが、3月中旬にさしかかり「このままでは一生合格できない」と考え、ide社労士塾の直前総まとめゼミ、中間・最終模試を受験。試験1週間前には労働100問社会100問を受講し、条文順過去問題集も併せて論点の突き合わせを繰り返した結果、択一式の点数が飛躍的に伸びました。(選択式で基準点に1点足りず涙を飲みましたが...)

 2014年の受験では合格発表後に勉強を再開し、基本的にはほとんど独学状態で学習を進めていました。なるべく早期から知識の確認ができればと考え、決めたのが答案練習ゼミの受講でした。受講に際し予習は一切せず制限時間の10分前までには終了するように解答しました。たとえ点数は悪くても、復習に重点を置くことに専念したのです。ide社労士塾の答練は捨て問もなかったことから、安心して一肢ずつ論点の突き合わせをする事ができた点がとてもプラスになりました。

 今年度の試験は社会保険科目を中心に法改正が多かったですが、合格された方から「塾のテキストは情報量が多い」と聞き、法改正事項に関してはそれを見ておけば大丈夫と考え、主要な改正点も掲載されていることから法改正ゼミを受講。直前期には講義CDも繰り返し聞いていました。6、7月には、中間模試・最終模試を受験し、復習の際は、原則的に確実に正誤の判断ができた箇所も含めて一肢ずつ論点の突き合わせをしたうえで周辺部分を確認しました。1ヶ月後位と本試験直前の1週間にも解き直し、曖昧な点についてはそのままにせずテキスト等で確認したことが択一式の点数安定につながった大きな要因でした。

 選択式対策については、合格された複数の方が絶賛されていたことから選択式の傾向と対策ゼミを受講しました。この講座の受講なくして今年の合格はあり得なかったです。記述式の出題実績や、選択式の過去問については平成12年から直近の年まで改正があった問題も含めて掲載されており、テキスト読みをする際の指標の一つになりました。また、直前期には細切れ時間も使いながら掲載されている予想問題も過去問と並行して繰り返し解きました。本試験の問題は、試験前1週間から前日にかけて目を通していた選択式の傾向と対策ゼミのテキスト、中間模試・最終模試、法改正ゼミのテキストからも出題されており、運にも恵まれた結果、択一式62点、選択式36点で全科目基準点を割ることなく合格することができたのです。

 最後になりますが、私が今年社労士試験に合格することができたのは、ide社労士塾に巡り会えたからに他なりません。井出先生、講師の先生方、事務局の皆さま、お世話になり本当にありがとうございました。そして、家族の理解と全面的な協力があったからこそ、長期間にわたり受験生活を続けることができました。心から感謝の気持ちで一杯です。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
過去問ゼミ
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ