HOME > 合格体験記 > 2014年 > minataku

合格体験記

2014年 合格体験記

努力は必ず報われる、そう信じて 最後まで諦めずに頑張って欲しい。
minatakuさん

井出和幸先生、今年やっと、無事合格することができました!
長い間、御指導下さり、本当にどうもありがとうございました。

僕が社労士試験に合格できたのは、i.D.E塾のお陰だと思っています。
僕は、2008年(平成20年)11月から社労士試験の勉強を始めました。
i.D.E.の講座を受講し始めたのは、2009年(平成21年)から。僕が最初に受講したのは、「過去問ゼミ」でした。
(「過去問ゼミ」と「答案練習ゼミ」と、両方受けるには、時間的に無理があったので、初年度は、「過去問ゼミ」を受講しました。)
今でこそ、ネット配信で、板書はPDFだけれど、その頃は、初めて「過去問ゼミ」がスタートした年で、解説DVDと板書レジュメ。井出和幸先生の解説は、標準語で話されて、凄く分かり易かったです。
倍速で録音されているので、初めての受講ということもあったけれど、DVD1枚を視聴し終えるのに何時間もかかりました。
毎回送られて来る膨大な量に圧倒されたけれど、必死になってついて行こうと努力しました。毎回、DVDが送られて来るのが楽しみでした。
年金科目は、理解が必要な科目なので、「過去問ゼミ」だけでは足りず、「年金特訓ゼミ」も受講しました。
語呂合わせは、i.D.E.で習った語呂合わせに加えて、社労士V の「重要項目ゴロ合わせ丸暗記」のゴロも覚えました。
「条文順過去問題集」を解く都度、知識があやふやな箇所は、「過去問ゼミ」で使用した板書レジュメで確認しました。

2年目には、「通信本科ゼミ」(CD通信)と「答案練習ゼミ」、それから、「過去問3科目集中ゼミ(労基・健保・厚年)」を受講しました。
i.D.E.の「条文順過去問題集」は、解説が一番詳しくてしっかりしていて、「過去問ゼミ」と「年金特訓ゼミ」を受けたことで、特に、年金の理解が深まり、「答案練習ゼミ」を受けたことで、重要な論点を押さえることができ、知識が定着して行きました。
3年目は、「通信本科ゼミ(旧「基礎マスターゼミ」)」(Web通信)と「答案練習ゼミ」を受講しました。
4年目は、「通信本科ゼミ」(Web通信)と「答案練習ゼミ」を受講しました。
5年目は、「答案練習ゼミ」を受講しました。
自分は和歌山在住なので、近くに社労士塾は無く、通信講座で受講してきました。
通信講座で受講したので、講義は、基本的に、全て、井出和幸先生の講義でした。
(Web通信を受講した際、一部、他の先生の講義も受講したけれど。)
(通信本科ゼミの添削課題は、他の先生にもお世話になりました。)
模試も、i.D.E.の模試の解説が一番詳しくて、一番、力が付きました。
直前期の、「法改正ゼミ」や「白書・統計完全対策ゼミ」も、大変良かったです。

自分は、毎年、選択式で1点足らずに泣いて来たので、(平成21年は、初受験。平成22年と平成23年は、選択労一1点足らず。平成24年は、選択社一1点足らず。平成25年は、選択労災1点足らず。)
今年は無傷で(基準点割れの科目なく)合格できたのが、本当に嬉しかったです。(平成26年は、択一55点,選択38点。)
社労士の資格を取るのに7年かかったけれど、その分、合格証書を手にした時の喜びは 大きかったです。

僕も、「イデア・クラブ」に入りたかった。
たまたま、今年、基本テキストを使った講座を受講していなかった為に、「イデア・クラブ」に入れなくなってしまったのが、残念です。

ひよっこだった自分の力をここまで伸ばして下さった、i.D.E.でお世話になった御恩を忘れずに、又、御恩に報いる為にも、世の中のお役に立てる、立派な社労士になれる様、これからも一生懸命頑張って行きたいと思います。

本当に今までどうもありがとうございました。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ