HOME > 合格体験記 > 2014年 > てるる

合格体験記

2014年 合格体験記

面倒臭がり受験生のありのまま体験記
てるるさん

 今年度の社会保険労務士試験に2度目の挑戦で合格することができました。以下は合格に至るまでの過程をありのまま正直に記したものです。これを読まれている方々の何らかの参考としていただければ幸いです。

1.学習期間と本試験での得点

1年目(平成25年1月中旬~平成25年8月下旬) 択一式34点、選択式24点 2年目(平成25年10月上旬~平成26年8月下旬) 択一式52点、選択式33点

2.使用した教材と学習量

1年目:他校のDVD通信+市販過去問10年分 DVDで全科目を一通り視聴したのに加えて、講義進行に併せてテキストと過去問10年分を1度読んだところでもうGW明けでした。その後本試験まではテキストと過去問をもう1度読もうとしましたが途中でタイムアップ。試験範囲の広さに圧倒され、年金もチンプンカンプン、全くの準備不足による当然の不合格でした。

 2年目:IDEの通信本科ゼミ+法改正ゼミ+白書・統計完全対策ゼミ+7年分過去問+中間模試+最終模試+年金特訓問題集(選択式問題のみ使用)、T社の市販横断整理本
【講義CD】全講座で平均2~3回ずつ聞きました。1回目は自宅で1.5倍速で、2(~3)回目は通勤の往復運転中に通常速度でです。
【テキスト】全科目通して2回熟読しました。1回目は講義進行に併せて、2回目はGW明け~7月中旬です。あとは過去問演習時に不明瞭な点をパラパラと読んだ程度です。過去問との突き合わせは行っていません。
【過去問集】1回目は講義進行と並行して問題と解説を熟読しました。2回目をGW明け~8月上旬までに一通り解こうとしましたが、6割程度の消化で終わってしまいました。
【模試他】8月中旬になってやっと中間模試と最終模試を1回ずつ解き、その後試験前日までに解答解説集を1回熟読しました。答練は受講しませんでした。
【その他】通信本科ゼミの確認テストを7月下旬になってから全科目まとめて1回解きました。年金特訓問題集(選択式問題のみ)は8月上旬に、T社の市販横断整理本は8月中旬~本試験日までに一読しました。

3.今年度合格の要因

上記の2.の通り、私の学習量は決して多くはありません。7月中旬までの平日の学習時間は0~2.5時間、休日は0~5時間程度です。この時期までの学習到達度は今考えても未熟で、もし試験日が仮に1か月早かったならば確実に今年も不合格であったと思います。 私が今年合格できた1番の要因は試験直前1か月間の集中にあったと思います。この時期は仕事時間以外の多くを学習に当てて、毎日複数科目を少しづつでもこなすように心掛け、特定科目の学習の間が空かないように努めました。もしかして今年はいけるかも...と思えるようになってきたのは8月中旬頃です。それまでCDやテキスト、過去問で別々に得た知識がようやく有機的に繋がってきた感じで、なんとなく「記憶のひっかかり」ができてきたような気がしました。結果として正しい知識を形をかえて繰り返し耳と目で反芻していたことが、最小限の学習で合格点を確保できることに繋がったのだと思います。

4.最後に

自分で当初予定していた学習量が今年も大幅に未達であったにも関わらず合格という結果をいただけたのは、間違いなく井出先生をはじめとするIDEのスタッフの方々のおかげです。講義、教材、最新情報の提供等々...全てにおいて高品質で、受験用の学習でありながら、なぜかこの期間を楽しく過ごすことができました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。1年間本当にありがとうございました。


資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
過去問ゼミ
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ