HOME > 合格体験記 > 2014年 > 池袋要町

合格体験記

2014年 合格体験記

Never Giveup!
池袋要町さん

 僕が社会保険労務士を受けてみようと思ったのはファイナンシャルプランナー2級の資格を取った時です。試験の科目で特に興味を持ったのが「労働保険」「年金」です。
 もっと深く知りたい!と思い調べてみると、社会保険労務士と言う資格が僕の知りたい事にピッタリ合っている!と思いました。
 初めは他の専門学校で講義を受け受験しましたが、不合格でした。そこで社会保険労務士専門の学校『iDE社労士塾』を知りました。井出先生の講義は解り易く、とてもポイントを得ていると思いました。昨年(H25年)は選択式の健康保険で0点で不合格でした。今年はリベンジと思いアウトプットに専念しようと、秋保先生の問題集と加藤光大氏の問題集を徹底的にこなしました。秋保先生の問題集は「王道」と言う感じで平均点をたたき出せる問題集だと思いました。加藤光大氏の問題集は井出先生も言っていた「判例・通達の問題」を盛り込んだ、どちらかと言うと上級者向けの問題集だと思いました。
 試験前の1ヶ月はiDE社労士塾の予想模試と秋保先生の予想模試を繰り返しこなしました。直前の1ヶ月で模試をこなす事で、力を付けられたと思いました。
勉強時間は特に決めず、「ノルマをこなす!」様にしました。
具体的に勉強は択一式は問題を解き、間違えた箇所や解らないところはテキストに戻る。
選択式はテキスト、特に条文を読み込む事。
その繰り返ししかないのではないかと思います。
 試験の直前期はどうしても時間が足りなくなります。そこで大切なのは、焦ってしまわずペースを崩さない事だと思います。

 みなさん同じだと思いますが、「絶対に合格する!」と言う強い気持ちを持ち続けられるかが大切だと思います。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ