HOME > 合格体験記 > 2014年 > てっちゃん

合格体験記

2014年 合格体験記

最後まであきらめない
てっちゃんさん

 合格体験記を執筆させていただけますこと本当に感謝の念でいっぱいです。
まずは諸先生方にお礼を申し上げます。

 実はこの原稿を書いている現在でも合格が信じられません。その位、自分では奇跡的な合格でした。私のような切羽詰まった状況でも、先生方の励ましに最後まであきらめなかったら合格することがありうることを、これから受験する皆さんにちょっとでも知っていただければと思っています。

 平成24年11月下旬から社労士の勉強をスタートしました。最初はどのようにしたら良いのかわからずU社やL社のテキスト、社労士の勉強法の本を読み作戦を立てました。半月ほど独学で勉強を試みましたが、全く過去問が解けないことに愕然としました。また、過去問も解説が詳しい問題集に出会えず途方に暮れていました。そうしているうちに、雑誌の社労士VとそのCDで井出先生の講義を拝聴してわかりやすさに感激しました。そこでiDE社労士塾のWeb講座を受講しようとしたのですが、机に座っている時間が少なく移動時間が多い私にはインターネット受講は難しいことがわかりました。そこでCDで受講できる通信本科ゼミと過去問題の講座、法改正講座などの直前ゼミ、答練ゼミを受講しました。受講して率直の感想は、勉強時間がたくさん取れれば面白く楽しいのだと思うのですが、実際にその当時の私は昼間に医療の仕事、夜間は専門学校の講師、4歳と2歳の子供の世話、4月に第3子の誕生と時間に追われる生活をしていましたので、勉強時間は1日2時間が精いっぱいでした。そんな中で受験した平成25年の試験は、合計点では合格基準に達していたのですが、選択問題で基準点を割れて涙をのみました。

 2年目は仕事の関係で平成25年11月に簿記の試験を受けなければならなかったので、社労士の受験後は急きょ簿記の勉強へ切り替えて、簿記の試験が終わるまでは社労士の勉強は全くしませんでした。簿記の試験後、今回の社労士受験は、出来るところまでだけでも講義を聴こうとWeb通信本科ゼミとCD答練ゼミ、直前講座、法改正講座、総まとめ講座など受講できる講座はほとんど申し込みました。簿記の試験が終わってから社労士の勉強を再開したのですが、勉強時間は1.5時間程度しか取れず1年目と同様になかなか勉強が進みませんでした。

 ブランクが開いていたために結構忘れている内容が多くて、かなり焦りました。また受験するにあたって家族にこれ以上迷惑をかける訳にはいかないとの思いが強く出てきたために、今度の試験を最後の受験にすることに決めていました。とは言え途中であきらめるのも嫌だとの思いも強く、空いている時間は最大限活用しようと自動車の中、電車の中、飛行機の中とずっと音声を聞き、座っているときは基本テキストと過去問題集とにらめっこをしていました。しかしながら、毎日1.5時間では思うように捗らず、とうとう基本テキストを1回読破、過去問1回解いて、iDE社労士塾の解説CDとWeb講座それぞれ一回受講しただけで本試験を受けることになりました。正直、全く勉強不足で受かる気がしなかったので、試験直前まで受験を辞めようかと思ったくらいです。ただただ井出先生の「最後まであきらめないで」の一言に押されて当日受験しました。
 実際に受験してみると先生が講座の中でお話しされていたことをもとに考えると解ける問題がいくつもあって、暗記だけではない部分で随分と助けられました。また、ちらっと見た部分であっても頭に残っている部分で答えられるところがあって、結果的には合格点に達していました。

 私のやり方で受験することは全くおすすめ出来ませんが、仕事や家庭の事情などで思うように勉強が出来ない方も多いと思います。そんな時に先生の言葉を信じて最後の最後まであきらめずに一歩でも前に進むことが大切だと思います。受験生のみなさんも最後まで頑張って下さい。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ