HOME > 合格体験記 > 2014年 > 小雪ちゃん

合格体験記

2014年 合格体験記

眩きトンネルの出口
小雪ちゃんさん

 社労士になると決め真剣に取り組んだのに独学で2年連敗、それまでは本屋さんに並ぶ参考書や問題集をこなしていました。平日午前の3時間くらいしか一人きりになる時間がないので、その時間のうちに集中して終わらせました。

 独学は比較的お金がかからない、順位等自分のだいたいの位置が確認する術がないので周りに煽られない、マイペースが保てるというメリットもある代わり、分からない時に誰にも聞けない、進捗状況が遅いかどうか確認できない、記憶力に自信があっても問われた問題にしか対応できないというデメリットもあります。正直、過去問や市販の問題集・模試はほぼ100%正解できるくらいに勉強しても、この試験は井出先生が仰るように過去問は大体3割くらいしかかぶっていません。初めての問題に対応するのには記憶の「引き出し」を上手に整頓していないと、違う法律なのに同じ規定、同じようでちょっと違う規定等があって、とても煩雑で慣れるのに凄く時間がかかり、択一では候補を二つまで絞れても迷って結局分からず応用が利かないという状態でした。

 「お金で時間を買う」という言葉がありますが、i.D.E.社労士塾で受けた講義は結果としてまさにうまく時間を買えたと言えます。先生のまるでアナウンサーのような滑舌の良い講義、分かり易い板書は、何度もDVDを繰り返し見たりする無意識の内に、それまでのらりくらりこつこつ自分なりに作ってきたぼんやりした幾つもの引き出しの境目を、はっきり区切る仕切り板のような役割になっていて、直前期の模試の復習が終わる頃には初めて見る問題も該当する引き出しをほぼ間違わずに、去年の自分からは想像できないくらい素早く開け閉め出来るようになっていました。選択だけは何を何回しても怖かったですが、「面倒がらずグルーピング」を守り何とか労一で3点を死守できました。

 合格発表まで寝付けないくらい不安で仕方ありませんでしたが、恐る恐る発表当日ネットで番号を探し、見つけた時は思わず涙がこぼれました。嬉しいという気持ちに変わりはないのですが、「やったー」って浮かれて笑うというよりは全長が分からない暗く冷たいトンネルの先に漸く光を見つけた『安堵』という気持ちに似ていました。
 合格はゴールではなくスタート地点に立てただけなので、これからも更なる知識を習得していければと思います。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
過去問ゼミ
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ