HOME > 合格体験記 > 2013年 > ふみふみ48歳

合格体験記

2013年 合格体験記

「絶対合格と家族に誓う」
ふみふみ48歳さん

 私は当初独学で学習を開始しましたが,特に年金科目の理解に苦しみました。そこで,i.D.E.社労士塾の評判を知り,井出先生のガイダンスに参加しました。参加して感じたことは,とにかく解り易く聞きやすいのです。ここにかけてみようと固く思い,WEB通信講座を申し込みました。
 初めに基礎をしっかり固めることにしました。目標は,ビデオ講義2回以上視る,テキスト精読5回以上,板書ノートも活用しできるだけ図解で理解することを心がけ,テキストに過去問のマーキングを確実にして論点を確認し,過去問7年分を10回転,正答率95%以上としました。この高い目標をクリアするために必要なのは家族の強力でした。特に子供が2年生と4年生であり,夏休みの試験日までなかなか相手をしてあげられませんでした。妻には特に迷惑をかけっぱなしであり感謝しております。
 GW明けからは,答練が本格化していきます。私も答練は各科目5回ほど回し,この頃からアウトプット中心の学習方法になっていきました。しかし,社一と労一だけは何処までやればよいのかわからず,後手,後手となっていきました。
 中間試験は,選択社一が2点でありショックで落ち込みまいたが,気を取り直し臨んだ最終模試では択一60点オーバー,選択34点の基準割れなしという結果でした。ちなみに他団体の最終模試でもほとんど60点台という結果であり自信がつきました。
 7月は苦手科目の社一と労一を中心に学習を進め,その他の科目は過去問を中心に学習をしたのが良い結果となりました。
 8月からは,この1カ月の過ごし方が特に重要と考え,テキスト精読,ビデオ視聴,各模試・答練の解き直しを中心に進め,途中で暗記確認のため板書ノートのポイントを図解で説明できるように確認しました。試験前1週間は,1日12時間以上学習をしましたが,直前2日間はきるだけリラックスするように計画を立てました。試験前日は,ぱらぱらと2時間ほどテキストを一通り確認しただけでした。
 試験当日は,模試で何度もシュミレーションした朝起きてからの行動パターン,会場では待ち時間の使い方,問題の解き方,解き順,時間配分等を意識しました。
 結果は,択一53点,選択31点(社一が2点)で無事合格となりました。あきらめないこと,毎日コツコツやることが合格のポイントです。年金2法が苦手だった私が,本番では年金2法の択一は17点ありました。
 井出先生はじめi.D.E.社労士塾の皆様には大変感謝しております。皆様のおかげで「合格」を手に入れることができました。本当にありがとうございます。
 今後もi.D.E.社労士塾で学習したことを忘れることはありません。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ