HOME > 合格体験記 > 2013年 > STTP

合格体験記

2013年 合格体験記

「数年越しの約束」
STTPさん

 私は,通学総合コースAとして,3年間お世話になりました。昨年は,選択式問題で基準点不足の科目があり,選択式問題の壁を経験しました。今年の試験は,択一:53点,選択:25点(社一:1点,健保:2点)でした。自己採点で「社一:1点」とわかったとき,覚悟はしました。合格発表日,自分の受験番号を見つけたとき,本当に達成感がありました。
 1日の勉強時間は,早朝3時に起床する朝活人間でした。仕事で残業などもありましたが,帰宅後は2時間勉強するようにしていました。休日は,最低でも7時間は勉強時間を確保してきました。年間で約1,850時間。働きながらの勉強でしたので,i.D.E.社労士塾の教材以外,何もやっていませんでした。しばらく手をつけていない科目が出ない様に,システム手帳で管理していました。今日1日,どの科目の何を勉強したか,日々,手帳に記入し,それを月別で科目ごと管理していきました。あと,自分が曖昧だと感じた箇所は,ノート(ポケットに入るサイズ)見開きページを4分割して「労基・安衛」,「労災」,「雇用」,「徴収法」と横断的にまとめました。同様に社会保険関係も。マスターしたページは,思い切って破り捨てていきました。
 試験1週間前の過ごし方は,先生が「騙されたと思ってやってみて下さい」と言っていた2年分の本試験過去問と,中間模試,最終模試に重点をおきました。試験前日からは「超プラス思考モード」で本試験をむかえました。「俺は,試験会場に行けば受かる」と。その効果か,緊張は殆どしないで本試験に挑むことが出来ました。
 今年は,今まで応援してくれた,家族や友人,職場の方々にやっといい報告が出来ました。しかし,1人だけその報告が出来ない人もいました。本試験終了後に亡くなった,祖母です。ひとり暮らしの私が,たまに実家に帰るときに,「試験はどうだ。無理するな。」と,いつも祖母は試験のことを,毎回,気に掛けてくれていていました。その言葉の後に私は,「受かるまでやり続ける」というような会話を繰り返してきました。祖母は仏壇の前でも合格するようにお願いしていたそうです。本試験の直前期に祖母の体調が悪くなってしまい,試験を受けてもいいものかとも考えていました。今,自分が出来ることはいい報告をするだけと思い,何が何でも受かってやると思っていました。約束は果たしたものの,結果的には,合格証書を見せてあげることが出来なかったのが,唯一の心残りですが,開業社会保険労務士として働いている姿を見せつけてやろうと意気込んでいます。
 最後になりましたが,i.D.E.社労士塾の講師の方々,事務受付のスタッフの皆さんには,大変感謝をしております。本当にありがとうございました。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ