HOME > 合格体験記 > 2013年 > 博多のディスラーメン

合格体験記

2013年 合格体験記

「テーマは時短,高速回転,スマホを駆使した合理的な勉強法」
博多のディスラーメンさん

この度2年目にして合格することができました。
i.D.E.社労士塾にお世話になったお礼として微力ですがわたくしの勉強方法をここに記します。

【1年目】
1日平均学習時間 約3時間
安価な他校の通信講座で学習。
じっくりテキストを読み,分からないところがあったら立ち止まり,調べて解決すれば次の項目へ・・・の繰り返し。
過去問題集はi.D.E.社労士塾の過去問題集を利用。
T校の模試では択一20点台と自信を失う。
本試験では択一式45点,選択式23点で不合格。

★問題点★
・勉強時間は確保出来たものの,細かいところにこだわりすぎて時間を費やす。
・テキストと過去問題集が違う団体だったため,突き合せがし難い。
・じっくりテキストを読んでいたせいで,全テキストを読み終わるのに相当な時間を費やし,結局復習段階では頭に知識が残っていない。
・直前期に焦りまくりで,無計画な勉強が目立つ

【2年目】
1日平均学習時間 約4時間
i.D.E.社労士塾の通信Pコースで学習

・解説CDはスマホで
解説CDが来たら即パソコンのiTunesに入れ,そのままスマホに移す
当時はアンドロイド系のスマホで,容量不足のため32GのSDカード(ネット購入が安い)を使用。
※iPhoneなら32Gや64Gを購入しておけば安心。

・人間の記憶について調べる
復習は翌日,1週間後,3週間後,7週間後が効果的!!・・・を意識して復習スケジュールを立てる。
記憶の定着を促すため,睡眠は十分にとる。
眠たければ潔く寝る。眠たい中勉強しても質が悪く,時間の無駄と判断したため。

・1日の予定を4ブロック4時間に分けて,幅広く薄く行う。
例えば,1hは授業箇所,1hは復習①,1hは復習②,1hは過去問等

・Googleカレンダーを利用
どこでもパソコンを閲覧できる環境にあれば確認できるため,かなり便利。スマホとパソコンを同期する。
そしてちょうどカレンダーの項目??の色が10色か11色,受講科目も10科目のため科目ごとに色分けが可。
月初めにおおよそ1ヶ月の枠組み,1週間ごとに予定の詳細を記入,かつ実際にやった箇所,時間数をその日の終わりに記入していく。
実際にやった科目,箇所を記入することにより,次回スケジュールをたてやすい。

・往復の通勤時間の2時間を利用しスマホで最初は2倍速,最終的には3.5倍速で
3.5倍速で通勤時のみでCD3枚~4枚は聴ける。
4倍速まで出来るアプリあり。確かaudio speed changer(有料)っていうアプリ。
iphoneではオーディオブック形式にすると純正で2倍速まではいける。
究極の時短!!

・テキストに情報を集約
板書ノートはコピーし,1枚1枚全てテキストに貼り付け
今思えば,授業で取り上げているところでも問題無いかも。

・分からない箇所はスマホのカメラで撮りまくる
細切れ時間にその画像をみて復習。
画像はわからない箇所の集まりなので,画像閲覧時はかなりきつい。
付箋代や付箋を貼る時間の節約になる。

・直前期は各予備校の模試を購入
i.D.E.社労士塾の模試は全問,他校の模試は選択式のみを解く。
とにかく高速回転。分からなくても直前期では飛ばす。忘れる前に拾う。解けた問題は消していく。

・どうしても分からない箇所は電話にて質問
かなりお世話になった。
当初通話料が気になったので,スマホでIP電話を作り,それ経由で質問。
050PLUSというアプリがおすすめ。通話料は格安。
音声品質は落ちるが・・・

★上記の勉強方法での成果★
i.D.E.社労士塾の中間模試では上位3%に入り自信がつく。
T校の模試でも上位3%に入り自信が確信に変わる(某有名人のパクりですが。。)。
本試験では択一式56点,選択式28点で補正措置に救われながらも何とか合格。


涙が出ました。


一人ひとり環境や勉強方法は様々だと思います。
一番大事なのは自分にあったスタイルを確立し,何よりも続けることだと思います。

これをみて参考になる方がいらっしゃったら幸いに存じます。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
オンラインショップ
Web通信
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝 Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ