HOME > 合格体験記 > 2012年 > おでんくん

合格体験記

2012年 合格体験記

『最後の一年と決めて』
おでんくんさん

 私は他校で1年目は通学講座,2年目は通信講座を受講したものの,択一の点数が思うように伸びず,不合格になっていました。周りの人にかけている迷惑や自分の気持ちを考えると頑張れるのは今回までと思い,3度目の受験で初めてi.D.E.社労士塾の通信講座を受講しました。

 i.D.E.社労士塾を選んだ理由は,受講相談の際にS先生にとても親身になって対応していただいたからです。それまでの勉強の仕方や試験の結果を伝えると,自分に足りない部分とそれを補うための勉強方法を提案してくれ,「ここであと1年頑張ろう」と決意させてくれました。
 通勤中や昼休みなどのすき間時間を使って勉強したかったのもあり,通信総合コースP・法改正ゼミを受講することにしました。「基本教材だけでも十分な量だから,たくさんの教材に手を出さなくても大丈夫」と教えていただいたときは,いい意味で商売っ気のない学校だなぁと感じました。

 学習をスタートしてからは勉強時間よりも,その質にこだわって取り組むようにしました。具体的には過去問に偏りがちだった学習を,論点を変えられても対応できるように過去問とテキストの突合わせに重点的に取り組むことでした。また,法律ができた経緯やその意図まで説明してくれる井出先生の講義(解説CD)はとても面白く,新鮮な気持ちで学習に取り組むことができました。

 平日は3時間,土日は5時間程度勉強していよいよ中間模試を迎えました。結果は...選択式は基準点割れあり,択一式も37点と40点にも届きませんでした。
 この時期から生活も仕事以外はほぼ勉強になり,本番のつもりで最終模試に臨みましたが,結果は...選択式はまたしても基準点割れがあり,択一に至っては30点でした。
 焦りはあったのですが,井出先生が模試の解説で「模試で点数が低い人はきちんと復習するので,2択まで絞り込めた問題を正解できるようになれば,ここから15点~20点伸びる」と教えてくれ,自分の中にも同じような手ごたえがあったので,今年は絶対に受かるという気持ちでひたすら勉強しました。新しいテキストや問題には手を出さず,ひたすら模試と答練,テキストとの突合わせを徹底しました。

 8月はお盆休みや試験前の金曜日に有給を取らせてもらい,かなり追い込みをかけることができました,今までにないぐらい勉強して,毎日苦しくて「早く試験日が来て,全て終わってほしい」と思ったのは初めてでした。

 当日は,やるだけのことはやったので,落ち着いて試験に臨むことができました。前日からの食事や睡眠,当日の朝食や昼食なども模試と同じようにし,余計なことは考えずに問題に取り組み,結果は...選択式は基準点割れなしの33点,択一式も基準点割れなしの48点という成績で合格することができました。
 合格した中では決していい成績ではありませんでしたが,結果を出すことができたのは最後まで諦めずに自分を追い込み続けたことと,i.D.E.社労士塾のカリキュラムを押さえれば合格できると信じて取り組むことができたからです。
 途中,勉強がしんどい時期もありましたが,i.D.E.社労士塾には「後半戦に向けてのガイダンス」などモチベーションを保つためのフォローもあり,本当にお世話になりました。
 ありがとうございました。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝