HOME > 合格体験記 > 2012年 > あんぶれら

合格体験記

2012年 合格体験記

『最初で最後の挑戦』
あんぶれらさん

受験するきっかけ

 私は派遣会社で一人総務をしている主婦OLです。2年前,前任者が病気のため休職することになり,総務未経験だった私がいきなり実務を行うことになりました。派遣業というのは労務トラブルの多い職種の一つです。毎日のように起こるトラブル対応や社会保険等の手続を手探りで行っているうちに,社労士の試験範囲とほぼ同じだということが分かり,実務に役立つだろうと思い受験を決めました。
 ただし,家族の協力を得られて受験できるのは1回,落ちたらもう受けられない,という背水の陣で臨むことになりました。

予備校の選び方

 社労士予備校の知識も全くなかったのですが
・社労士のみを教えているところ
・テキストが単色であること

 (自分でマーカーをひいたり書き込んだりしてテキストを作りこみたかったため)
・合格後もOB会などフォローがあるところ
という条件で絞り込み,やはり塾長の講義が決め手となり,i.D.E.社労士塾に決めました。通学か通信かは悩んだのですが,自分の都合のよい時間に勉強ができ,かつ教室の雰囲気も少し味わえる,ということでweb通信を選びました。解説CDがあるところもポイントでした。

学習方法

 3月くらいまでインプット重視。テキストと過去問の突合わせは全科目行い,テキストに書き込むのと同時に過去問題集にもテキストの何ページかの記入をしました。持ち運びやすいようにすべてのテキスト,過去問題集,板書ノートをバラバラにし,テキストはセクションごと,過去問題集と板書ノートは科目ごとにまとめ,持ち運びやすくしました。

 4月以降インプットとアウトプットの並行,隙間時間はipod touchの過去問アプリをダウンロードし,こまめに解いていました。Webは各講義1回ずつだけ見て,過去問,答練,章末問題をひたすら繰り返し解き,理解できなかったところは解説CDを聞きました。テキストは,問題を間違えたときに調べる辞書のような存在として使い,問題を間違えた個所は目立つようにしておきました。

 7月末ぐらいからアウトプット重視の学習でした。問題集も末尾が0,1,2...という方法でやっていたものを,問題を探してページをめくる時間も惜しくなり,この時期からはひたすら順番に暗記できるくらい解きました。

 8月は結果が思わしくなかった中間模試と最終模試の復習にほとんどの時間を割き,わからないところは徹底的に潰していき,自分で解説できるくらいまで理解しました。直前の3日間休みを取りましたが,ここでは今までに潰しきれなかった過去問題集等を寄せ集め,徹底的にやっつけていきました。

最後に

 私は面倒くさがりやで飽きっぽいため,途中から学習予定も立てず勉強時間の記録もやめました。自分の性格を把握して勉強方法に活かすことも大事です。途中で何度も息切れしましたが,こんなしんどいこと来年もやるのは無理だし,そもそも1度しか受けられないのだから,と強い気持ちをもち,決してネガティブな言葉を人前では言わず,合格したらやりたいことを具体的に描いて周りに話したりしていました。沢山の方がおっしゃっていますが強い気持ちと諦めない心,そして自分を信じること,がやはり大事だったと実感しています。
 この度,勤務社労士登録することになりました。社労士って実は何をしているのか,特に勤務社労士って何者?と思っている人が多く,今後は勤務社労士の周知と地位向上の活動もしていきたいと思っています。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝