HOME > 合格体験記 > 2012年 > 匿名希望

合格体験記

2012年 合格体験記

『私の勉強方法について』
匿名希望さん

 私の話が少しでもこれから社労士を受験される方々の参考になれば幸いです。
 私は今回4回目の受験で合格できました。ずっと独学でやってきて,今年i.D.E.社労士塾の通信教育を受けることにしました。テキストと解説CDの量の多さに,はじめは正直気が萎えました。3年間勉強してきた経験があるにも関わらず,解説CDを2回聴いてもなかなか内容が頭に入らず,なぜか解説CDの途中に少し入っている先生の雑談だけはよく頭に残るという,どうしようもない状態でした。しかし,i.D.E.社労士塾のテキスト・解説CDは,「こういう理由なので,こういう法律になった」など理由付けや内容理解を重視したものでしたので,独学でやってきた私には目からウロコだったことがたくさんありました。
 解説CDを聴くのも3回目くらいになると,テキストと解説CDの内容が頭に入るようになりました。しばらくしてテキストを読めば,解説CDを聴いていなくてもその言葉が浮かぶ程になりました。それからはiPodに解説CDを入れ,2倍速で繰り返し聴きました。幸い私は単純な性格で,勉強のために生まれて初めて買ったiPodがうれしくて,持ち歩いて聴くのも楽しかったです。
 平日は仕事が終わった後3時間ほど,休日は地元の図書館で開館から閉館まで,家に帰ってからも夜寝る前まで勉強しました。勉強も始めるとなかなか面白く,あれもこれもと気になって,あっという間に時間が経ちました。テキスト・解説CD・過去問題集を何度も繰り返してやり,なかなか覚えられない箇所のみをノートにまとめて毎日見るようにしました。しかしその大切な"まとめノート"も受験日当日には家に忘れてしまったのですが(笑)。
 勉強にあったって心がけた事は,「曖昧な暗記はしないこと」です。「この文章はどこかで見たことがあるような...」という曖昧な知識では,択一式問題の正解をひとつ選択するのはとても難しくなります。あと,「不服申立て」と「支給制限」が出題されたら,必ず点数が取れるように暗記しました。過去問中心に勉強をしていると,答えだけを暗記してしまい,単純な問題ほど意外に理解が浅くなってしまう恐れがあります。この2箇所はきちんと押さえておけば,確実に点数が取れる箇所だと思います。
 これまで何度も不合格通知を受け取りましたが,勉強をやめようと思ったことはありません。何かの本で読んだ言葉があります。「半途にして怠れば,前功を失い未熟にかえる」,まさに結果が出る前にやめてしまえば,今までの努力が無駄になり未熟な自分に戻るという意味です。色々な事情があり,勉強を続けられない方もいらっしゃいます。勉強できること,受験できること自体幸せなことです。そして合格できたら本当に幸せなことです。社労士としてこれからも勉強や経験を積んでいきたいと思っています。
 最後になりましたが,私の勉強に協力してくれた家族・いつも励ましてくれた友達たち,i.D.E.社労士塾の先生方にお礼を申し上げ,結びの言葉とさせていただきます。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝