合格体験記

2012年 合格体験記

『学習を振り返って』
Yさん

 私は3回目の受験で合格できました。

 1年目:i.D.E.社労士塾(基礎マスターゼミを通学)で勉強を始めました。予習としてテキスト読み。講義。復習として,過去問題集,解説CD聴。次の講義までにこの繰り返しを行うのが精一杯でした。地方から通っていたので体力は消耗し,学習時間捻出のため,趣味,娯楽に充てていた時間は我慢し,体力・精神力ともにかなり疲弊しました。学習時間は約900時間。選択式合格ライン突破(厚年,国年救済),択一式数点足りず。

 2年目:前年の疲労のため,同じ1年を過ごすことは考えられず,大きな法改正も無かったので,基本的には独学を選択。i.D.E.社労士塾で横断整理ゼミ,年金特訓ゼミ,法改正ゼミ,白書・統計完全対策ゼミ等の短期ゼミを受講。気を抜いたつもりはないのですが,結果から見ると,そうなってしまいました。学習時間は約600時間。選択式「労一」基準点達せず,択一式数点足りず。

 3年目:講義を受講しないとなかなか学習ペースが掴めないので通学したかったのですが,遠方ということもありi.D.E.社労士塾のweb通信を選択。まず,学習計画を立てる(11月の合格発表の日は「合格発表」,12月には「合格祝賀会」と記入)。毎日やった内容と時間数を書く。予習としてテキスト読み。過去問題集突合せ。講義。復習として,過去問題集,解説CD聴。過去問に多数回取り組むことができました。学習時間は約900時間。選択式合格ライン突破(各3点以上),択一式50点超。

 私が3年目で合格できた理由(結果論であり,あくまで私見)を考えました。
*1年目の時に,ずうずうしく合格するつもりで勉強したこと。最初から3年計画だったら,3年目でもダメだったと思います。
*2年目に少し休息が入った(?)こと。これが3年目のがんばりに繋がりました。
*前記のとおり3年目にやった事といえば,塾の先生方が常に指導して下さることだけで,特別新しいことはありません。3年目なので今までの知識の積み重ねがあり,先生方の指導ポイントが真に実行できたことが結果に結びついたと思います。1年目からやっていたつもりでしたが,あくまで「つもり」であり,できていなかった,解っていなかったということです。

 タイミング毎の先生方の「これは書けるように!」「基本的な問題を取りこぼさない」「中間模試の復習をしっかりと」などのアドバイスに真摯に耳を傾け,「最後まであきらめない」「天は自ら助くる者を助く」などの言葉を信じて,真に行うことが合格への道だと考えます。実際,私はこれで今年の社一の試験を乗り越えました。

 最後になりましたが,井出先生始め諸先生方,事務局の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。


PS. 塾等に所属している方へ:迷った時には先生に相談しよう!的確なアドバイスがもらえます。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝