合格体験記

2012年 合格体験記

『夢をかなえて』
Y.S.さん

 平成24年の社会保険労務士試験に合格致しました。合格基準点に未達の科目はありませんでした。これまでの学習経験が少しでも受験生の皆さんのお役に立てばと思い,いくつかの項目について体験記を書かせて頂きました。

「生活面‥すきま時間の活用と毎日の学習」

 社労士を受験される皆さんは,会社にお勤めされていたり,残業があり,家族の方々やお子様がいたり,とても多忙な中で勉強されていると思います。思うように時間が取れない時も多々あるかと思います。その時こそ"すきま時間の活用"です。お昼休みの30分,通勤電車の中の30分,積み重なると膨大な時間となります。そしてわずかな時間でも良いのです,毎日必ず学習する習慣をつけることをお勧めします。それが精神の安定にも繋がります。

「テキスト‥ひとつに決める」

 独学の方も,予備校に通われる方も,じっくりテキストを選び,自分と相性の良いテキストに巡り合えたら,最後まで脇目もふらずに使われることが良いと思います。ついつい新しいテキストに目が行きがちですが,使いこなせずに終わってしまい,かえって焦りを生んでしまいます。それから,井出先生がいつもおっしゃっていますが,テキスト読みは大事です。問題を解くことばかりに重点を置き,テキスト読みを疎かにしがちになると,直前期に「あぁっ,もう間に合わない」という事態に陥ってしまいます。どうぞ計画をたてて,テキスト読みにも取り組んでみて下さい。

「学習方法‥継続は力なり」

 i.D.E.社労士塾のweb講義+CDを受講しました。web講義はいつでも都合の良い時に何度でも見ることができ,講義の後にCDを聞きテキストを読むことにより,更に理解が深まり,私にとってとても合った学習方法でした。講師の方々は,理解するためのツボを説明して下さいます。今年の選択式試験の社会一般と厚生年金は,この講義のおかげで解答することが出来ました。頭の中の引き出しから解答が取り出せるというような感覚です。雑談の中でさえ,「あぁ!」と気付かせて頂くことも多々ありました。それから,板書は書き写すだけでは駄目です。井出先生が,「後で必ず自分の力で書いてみて下さい」と言われた箇所は,必ず書いてみて下さいね。自分の弱点も分かりますし,例えば徴収法の延納などは,すいすい解けるようになります。また選択式対策ですが,私は,その年の新書版が発売されてすぐ1冊の市販の問題集を購入し,繰り返し,繰り返し学習しました。厚い本でなくても良いのです。使い易いことが大事です。この選択式対策の学習が,択一式の復習にもなり,一石二鳥でしたし,毎日触れていることで忘却を防げました。

「学習スタイル‥バランスよく」

 平日は夜約2~3時間(寝る時間は12時を過ぎないこと),朝5時から6時までの1時間電車の中で過去問を解き,歩きながらCDを聞くという方法でした。過去問は,受験経験者の方でしたら,10年分以上解くことをお勧めします。確認テストや答案練習,模試を解いていて,「これは過去問にあって,角度を違えて出題されている」と気付く事が多々ありましたので,本試験の訓練にもなると思います。直前期に心掛ける事は,とにかく万遍無く!です。更に,年金2法を得意科目に出来れば鬼に金棒です。井出先生がおっしゃっていた,"毎日数問でよいから試験当日まで年金科目の過去問を解く方法"は本当にお勧めです。すんなり年金の問題に取り組めるようになれますよ。それから労働一般・社会一般のテキストが届いたら,後回しにしないで,毎日少しずつでもよいですから読むことをお勧めします。社会一般のテキストを読み,過去問を解くだけで親しみがわき,得意科目へと変わることと思います。それから,「~だったような気がする」で解いてしまった問題は,必ずテキストに戻って確認して下さい。"基本を強固にする"これは本当に大事です。

「当日‥とにかく落ち着いて」

 講師の方々もおっしゃられていますが,社労士の試験は精神状態によっても点数が変わる試験です。落ち着いて,余裕を持って試験会場に着けるようにして下さい。折角これまで真剣に努力を重ねてきたのに,試験当日実力を発揮出来なかったら本当に勿体無いです。それから,マークミスにはくれぐれも気をつけて下さい。そして,最高に研ぎ澄まされた脳で解いた問題は,明らかに間違いだと分かったもの以外は,直さない方が良いかと思います。当日の朝は,必ず解ける問題を数問解いてから出発してみてください。落ち着きますし,「おぉ!解ける」と自信がつきます。ポケットにはブドウ糖の入ったお菓子も忘れずに!

「最後に‥夢をかなえて」

 ずっと心掛けていたことが2つあります。ひとつは「忘れることを恐れないこと」,もうひとつは「決して諦めないこと」。社労士試験は粘りの試験です。最後の最後まで鉛筆を握って,粘りに粘って下さいね。i.D.E.社労士塾は,講師の方々もスタッフの方々もいつも親身に対応して下さり,それがとても心強かったです。合格できたのはi.D.E.社労士塾に出会えたからだと思っています。私にとって社労士試験合格は,いままでの人生の中で一番嬉しいことでした。

 さあ,次は皆さんの番です。諦めなければ,必ず夢は叶いますよ。




資料請求
無料Web視聴・無料体験講義
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝