HOME > 合格体験記 > 2012年 > よっしー

合格体験記

2012年 合格体験記

『7%を恐れる必要はない』
よっしーさん

今年の合格率を見て,想うことは人それぞれだと思います。
しかしながら,今年の試験の択一式で46 点を確保することが難しかったでしょうか?
選択式で26 点取得することは無理なことだったでしょうか?
私は出来のいい方ではありませんが,2 年間勉強した結果,社労士試験で選択・択一共に総合点以上を取ることは難しいことではありませんでした。
7%しか合格しないからといって,難問や奇問が出る試験では決してありません。
合格率の低さに身構えてしまっている人はぜひ数字を気にすることなく,自分の可能性にチャレンジして欲しいと思います。

私は1 年目は地元にあるO校を受講しました。学校ごとに特徴がありますが,O校の授業は基礎的であらゆる科目で大枠をつかむことができるものでした。
1 年目の私に足りなかったものは,回転数に尽きます。科目が多岐に亘るため,厚生年金が終わり労働基準法をやると何も憶えていません。
1年目での合格(一発合格)を狙うならば全ての科目を早く終らせて,また最初の科目から勉強し直すことを繰り返すのが良いと思います。

選択対策について
再受験(複数年目)の方は,一般常識以外の科目は勉強したところが出る,又は応用が利く為何とかなるという人は多いと思います。その中でもどうにもならないのが,選択式の一般常識のふたつ。
私も2 年目の試験前2 カ月間はほぼこの2 科目ばかり細かい部分まで踏み込んでやっていました。が,結果は全く見たことのない問題...
社会保険に関する一般常識は確実にわかるのが1 問だけ。
それでも3 問を正答し合格を勝ち取りました。
初見の問題でも,演習を繰り返していると最初は4 択だったものが3 つまで絞れるようになり,最後は2 択にまで正解を絞れるようになります。最後は練習問題を繰り返した結果が実を結んだ形となりました。
努力した人の全てが報われるわけではありませんが,報われた人は皆一様に努力しています
やればやっただけ点数は比例して伸びていく,とても公平な試験だと私は思っています。





デジタルパンフ 資料請求 オンラインショップ 無料Web視聴・無料体験講義 ダウンロード・web通信 テスト動画 条文順過去問題集 合格者喜びの声 合格体験記 アクセスマップ 受講に関するFAQ イデアクラブ
Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロードへ