HOME > 合格体験記 > 2011年 > 田中 英則

合格体験記

2011年 合格体験記

『合格へは?』
田中 英則さん

syashin.jpg





 みなさん、平成23年に6回目の受験でようやく合格できました。試験後、帰りの地下鉄で号泣したこと、解答速報をみて、大学の校門でへたり込んでしばらく放心状態だったこと、様々なことが走馬灯のように思い出されます。

 合格には理由がありません。不合格には理由があります。惜しくも不合格となられた方は、本試験を自分なりに分析し、しっかり反省されましたか?キツイ言い方で申し訳ないですが、運の要素もないとは言えない試験です。しかし、本当に運だけで不合格になったのでしょうか?あと1点がどれだけ遠く、重いのかは重々知っております。この1点を取るために今、自分に何が足りないのか?をしっかり理解していないと、私のように不合格の樹海に迷い込んでしまいます。

 選択式で1点足りない方は、私と同様、テキストの読み込み不足が原因だと考えられます。私も択一は毎年50点以上ながら、選択で毎年涙を飲んだ1人です。合格した今年、様々なことを考え、受験にあたりもう一度自問自答しました。その答えがテキスト読みと法改正の復習でした。ある程度、自力が付いてくると問題演習は解答できるのが楽しくなり、勉強した充実感も生まれてくるものです。私も模試で一喜一憂し、ヨシヨシと1人納得したものです。しかし、今年!これはただの自己満足であることにやっと気が付き、合格するための勉強をと考え、択一の演習を例年の半分程度にし、テキスト中心の学習に切り替えました。切り替えた今年、あっさり合格しました。合格に必要なことはみなさん1人1人違います。合格者のほとんどは、テキスト・過去問・法改正のウエイトのバランスが上手いということが言えます。何でもバランスが大切だ!ということは、社労士受験から学んだ一つです。

 再受験生、長期受験生の中には「こだわり」を持つ方がいらっしゃいます。この「こだわり」こそ合格の道を防ぐ元凶だと思います。こだわりを捨て、当たり前のことを当たり前にやる!これこそが合格の近道だと思います。
 他にも元凶はたくさんあります。様々な誘惑です。受験生にとってテレビは一番の御法度かと思います。テレビを点けたら見てしまいます。テレビは点けない!これが鉄則!私は部屋に籠って勉強していたため、はやりの某お笑いタレントさんを受験が終わるまで知らなく、会社で話を合わせるのが大変でした。多少、社会から遅れても合格すればいいんです。再受験、長期受験から1年でも早く抜けだし、浦島太郎にならないように!

 あと、勉強場所!自宅が無理(様々な理由がありますもんね!)なら、ファーストフード店!他の人の会話が聞こえても苦にしない精神力を鍛えるためにもオススメ!現に本試験中に免除がどうのこうのと訴えている方がいましたが、まったく気にせず受験できました。勉強場所の王道と言えばやはり図書館!私の住む近くの図書館は夜9時までやっており、場所取りのため、朝8時から並び、10時間強休日は勉強しました。合格者は合格への執念が違います。こんだけやったから合格!とうのではなく、質との組み合わせは言うまでもありません。

 教材についてですが、やはり3種の神器!(テキスト、過去問、法改正)
 IDEのテキストは、他校よりも質が高いと評判です。しっかりとしたテキストを精読することで知識が確実なものとなります。過去問はまずひと通りやってみるということ!過去問なしに合格はありません。先生も言われているように、過去問・テキストの繰り返しが基本中の基本!この作業的というか、地味なことの繰り返しが実となり、花を咲かせます。4月に入れば法改正!他校を渡り歩いた私にとってこんなにわかりやすい法改正はないです!法改正問題も付随しています。ぜひオススメです。6月に入り、模試!IDEの模試はとにかく解説がすばらしい!問題も奇をてらう問題はなく、ひっかけが多く、弱点を見つけるにはもってこいでした。中間、最終共両方受けるべきです!直前期、時間がなければ模試の復習数時間で全科目の復習ができます。あと、他校のT社の模試全2回と組み合わせれば、択一式は心配いらないのでは?(もちろん、受けたら、解答を見て復習、わからなければテキストに戻るというしっかりとした復習があってこそ)

 最後に、長きにわたり受験生活を支えてくれた多くの人々、東京在住のT氏、先に合格してもいつもハッパをかけてくれ、自分にも厳しいT氏、地元の税理士志望のK氏!いつも「お前が合格しなければ誰が合格や」が口癖のように励ましてくれました。みんな私の後援会の大切な人達です。応援してくれている人々に申し訳ないと思う気持ちも社労士受験には必要です。自分のためにする勉強ですが、周りにも多くの迷惑や犠牲を払っているものです。この迷惑や犠牲をいつまでもかけるわけにはいかない!と思えば、心が折れそうになったときに踏みとどまれることと思います。家族には一番迷惑をかけました。長女には、夏休みどこにも連れていくこともなく、さみしい思いもさせました。6年受験しましたので、妻とも衝突することもシバシバ。合格した平成23年!あなたの好きにしていいヨ!との一言が最後の一押しとなり、見事に合格することができました。震災のこともあり、合格してから改めて"絆"を実感できました。
 両親も自分のことのように合格を喜んでくれて、少し親孝行ができたかと思います。今まで支えてくれた様々な人々にありがとうを伝えると共に、"法律の専門家"としての自覚をもって行動したいと思います。
 IDE社労士塾には、すばらしい講師がいらっしゃいます。自分を信じ、IDEを信じ、日々コツコツの姿勢を崩さず、決して諦めることなく頑張って下さい。




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝