HOME > 合格体験記 > 2011年 > Y.I.

合格体験記

2011年 合格体験記

『No pain,no gain!』
Y.I.さん

◎「はじめに」
 私は36歳の平凡なサラリーマンです。今回3回目の挑戦で合格することができました。

◎合格までの道のり
<1年目> 
 受講料が一番安いというだけで某通信教育会社の通信コースを受講しましたが,内容を理解しないまま,単なる暗記に没頭してしまい,見事なまでに惨敗しました。学習時間も400時間程度でしょうか。絶対的に不足しており,過去問はなんとなく解けるが,今考えると,恥ずかしながら,あてずっぽうに近い状態で,まったくもって井出先生の言う「論点」が把握できていない状態でした。
<2年目>
 1年目の反省から,予備校や教材を吟味した結果,受験生の間で評判の良いi.D.E.社労士塾に決めました。通信総合コースNと白書・統計対策ゼミを受講,10月からスタートして,勉強時間はトータル600時間程でした。1回転しかできなかった科目・3回転ほどできた科目と斑状となってしまいましたが,本試験の結果は,択一式が1点足りず不合格となりました。1年目と比較すると点数がかなり伸び,ある程度の手ごたえを感じ,「もう一度基本に戻って,あと1年頑張れば来年こそは可能性があるぞ!」と思いました。
<3年目>
 i.D.E.社労士塾の法改正ゼミ,横断整理ゼミのみを受講しました。
 2年目の反省から,あれこれ受講して消化不良になるよりは,基本を重視してテキスト,CD,過去問をしっかり勉強しようと思い,他の講座は取りませんでした。
 勉強時間は約600時間と2年目とあまり変わりませんでしたが,要領を覚えたせいか,テキストは3回転,過去問は5回転させることができました。中でも,講義CDに関してはipodに落とし,往復の通勤時間にテキストを見ないで聴き,家に帰ってからテキスト・条文順過去問題集で確認というサイクルを確立できたのが大きかったと思います。

◎ i.D.E.社労士塾について
 私は社会保険科目,特に年金科目に苦手意識があり,かなりの時間を割く事になってしまいました。比較的余裕のある1~5月の時期に労働保険科目を数回転させておくと知識がある程度定着しやすいので,やることがたくさんあり過ぎる「魔の追い込み時期」にも慌てる事は無く過ごせました。
 講義CDや答練・模試の解説CDも,1度ではなく繰り返し聴く事が重要だと思います。
 テキストには載っていないこと,選択式対策のキーワードもたくさん出てきますし,何より井出先生の絶妙な講義説明の一言一句が,模試だけでなく本試験でも頭の中をよぎりました。i.D.E.社労士塾の通信教育だけで十二分に合格が勝ち取れるカリキュラムが組まれていると思います。
 また,模試については,他の学校の模試も会場で受験した方がいいと思います。他の予備校の出題傾向が違う問題や初見の問題への対応は,本試験で大いに役立つはずです。ただし,復習ができずに消化不良となってしまうのであれば,他の予備校の模試については受験回数を減らしたほうが良いでしょう。
 『No pain, no gain!』これが合格へと導く一番大切な事だと思います。これから受験する皆さんも,決して諦めず,合格を目指して頑張って下さい。
 最後に,井出先生をはじめスタッフの皆様,2年間大変お世話になりました。今後は家族サービス,そして部の運営について,第一に考えていきたいと思います。i.D.E.社労士塾と出会わなければ私の合格は無かったと思います。今後はこの資格を活かし,少しでも社会に貢献できるよう,頑張っていきたいと思います。




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝