HOME > 合格体験記 > 2011年 > ちょも

合格体験記

2011年 合格体験記

『自分を信じて』
ちょもさん

 私は、1回目の挑戦で無事に合格することが出来ました。
 9月中旬に社労士に挑戦することを決めてから、各予備校の授業を見学しましたが、講義が一番分かりやすく、面白かったi.D.E.社労士塾に決めました。
 初めて見学に行った時に、S先生が、色々なアドバイスを下さったのを今でも覚えています。

【受験の動機】
 きっかけは会社で人事労務業務を行っており、専門的な知識や法の理解の必要性を痛感したことです。子供が1歳になったばかりで共働きという状況でしたので、勉強だけに集中出来る環境ではなく、「絶対に1年で合格してやる!」と強く決意しての挑戦でした。

【受講講座】
 初学者でしたので本当は基礎コースが望ましかったのですが、子供の保育園のスケジュールの都合上、学習経験者向けの通学総合コースA(土曜日)を申し込みました。

【教材】
 i.D.E.塾の教材以外の問題集等(市販のものや他予備校のもの)を購入して読んでみたのですが、解説の誤りや論点の不明瞭さが目立ち、かえって勉強の足を引っ張ると感じました。ですので、i.D.E.塾以外の教材は使用していません
 ただし、選択式対策のため、直前期に大手予備校の模試を全て取り寄せ、選択式のみ取り組みました。

【インプット学習 10月~12月】
 まずは基本が第一と考え、
①授業→②過去問突き合わせ→③CDを聴きながら復習→④過去問を解く →⑤間違えた箇所の論点を確認し理解する
のサイクルを行いました。
 勉強時間は通勤時間も入れて1日3時間ほどでした。

【インプット学習 1月~3月】
 答案練習が始まり、更に年金科目の授業がスタートして勉強に行き詰まった時期です。
 年金科目の難しさは衝撃的でした。授業を聴いても、復習をしても、全く理解出来ず、2週間、全く勉強が手につかない時期もありました。

 この時は学習経験者向けのコースをとったことを後悔しましたが、井出先生の「一日数問でも年金科目の過去問を解くと、不思議と年金が得意科目に変わるので、だまされたと思って続けて下さい」という言葉を信じて、授業の復習と並行しながら少しずつ過去問を解き続けました
とはいえ間違ってばかりで、悔しくて毎晩涙を流しながらでした。
 この時期は授業以外では年金の学習のみ行っており、他科目や答案練習の復習には手をつけていませんでした。仕事の忙しさも年度末でピークでしたし、まさに「暗黒期」。モチベーションの低下もあって、勉強時間は1日2時間半ほどに減っていました。

【アウトプット学習 4月~6月】
 5月に受験した某大手予備校の模試でギリギリながら合格点を確保できたことから自分の学習方法が間違えていなかったことを実感。少しモチベーションを取り戻した時期でした。
 この頃から、一日少しずつ全科目の過去問に取り組むことを始めました。

【直前期 7月~8月】
 直前の2ヶ月間は①全科目テキスト読み、②過去問で間違えた問題の復習、③模試の復習、④答練の復習に集中しました。
 年金科目はまだ苦手意識を持っていましたが、8月21日に受講したS先生の「過去問ゼミ」で絡まった紐が解けるように理解が進み、急に自信を持ったことを覚えています。
 勉強時間はこの時期でも一日3時間~4時間でした。
 最終模試は腎盂炎にかかり自宅受験になってしまいました。体調管理の大切さを実感。
 直前の2日間は試験会場近くのホテルで缶詰になって勉強したのですが、緊張でほとんど寝ることが出来ませんでした。

【試験当日】
 午後の選択式の労災と労働一般の問題を見た瞬間、2年目を覚悟しました。見たことも聞いたこともない箇所が出たのです。
ですが、S先生に「選択式は文章力で解答をねじ込めるから、あきらめないで!」と言われたことを思い出し、最後の最後まで考えて空欄を埋めた結果、選択式は基準点割れ無しの35点を取ることが出来ました。

【モチベーションのキープ方法】
 私は、週に一度は必ず勉強をしない日を作っていました。
 その日は、会社帰りに友達とご飯を食べに行ったり、山登りに行ったりしてストレスを解消していました。メリハリのついた生活が結果的に学習継続につながったと思います。

【合格後の現在】
 合格発表後の今は、社労士としての活動を少しずつ始めながら、次に取得を目指していた産業カウンセラー養成講座の勉強に取り組んでいます。

 合格はゴールですが、その一方で新たなキャリアのスタートです。
 i.D.E.塾のクラスは「理解」に重点を置いているため、合格後も学習したことが財産となって身に付いている事をひしひしと感じます。
 井出先生がおっしゃっているように、社労士試験は誰でも合格の可能性がある試験です。
ですが、間違えた方法で合格出来るほど簡単ではありません。また、理解をせずに記憶だけで合格しても、合格後の成功を掴み取ることは出来ないと思います。
 皆さんもi.D.E.塾を信じ、自分を信じて頑張って下さい。




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝