HOME > 合格体験記 > 2010年 > しばわんこ

合格体験記

2010年 合格体験記

『 IDEの勉強方法を守る! 』
しばわんこさん


社労士試験は勉強をすれば誰でも必ず合格できます。ただ勉強方法を間違えると時間の無駄になってしまいます。IDEの勉強方法をしっかり守れば絶対に合格できるのです。私の体験記が受験生の皆さんの参考になれば幸いです。


≪受験回数≫
2回 (1回目は独学)


≪受講講座≫
通学ゼミ
答案練習
中間・最終模試
白書・統計ゼミ
法改正ゼミ
選択式ゼミ

T社の中間模試

(答案練習はボリュームが多いのでこなせるか不安でしたが、アウトプットスキルを身につけるためにはもってこいの数でした。また、解説が通学講座のように分かりやすく丁寧だったのがとても良かったです。)

≪勉強方法≫
IDEで言われた勉強方法をそのまま実践していました。

(1)予習 : 基本テキスト読む。CDを聞く。

(2)授業中 : 聞くことに専念してノートは殴り書き(!?)。講義の録音。

(3)復習 : 1~3がワンセット。
   1.講義の録音を聞きながらノートを清書する。
   2.テキストを読む。
   3.過去問題の突き合わせ(解くときは必ず論点を書く。本試験までに5回しました。)

(4)出題されないような難解な部分は飛ばす。
   それより基本的な事項を確実に理解する。
   基本的な部分で分からなければ必ず授業の合間に質問するか、
   塾に電話して解決していました。

(5)勉強時間
   10月~4月:平日2~3時間。土日5~6時間
    5月~8月:平日4~5時間。土日7~10時間


平日は朝5時に起きて1時間半、通勤時に1時間半、帰宅して2時間。
土日は図書館で一日勉強していました。


集中力が持続するのは一時間半くらいなので、合間で休憩を入れてメリハリをつけていました。
また、「朝にインプットして夜に復習するのが脳に効果的」と聞いたので、平日は朝にテキスト通読、通勤時にCD・板書ノート・暗記カード、夜に過去問というスタイルを取っていました。
実際に夜にテキストを読むと眠くなるのですが、朝のすっきりした頭で読むと理解が深まっていた気がします。
テキストの通読は各5回、CDは各6回程度聞きました。

≪模試等≫
●中間模試
 自分の実力を知るためのもの」と言われたので特別に勉強はせずに挑みました。
 点数は選択31点、択一51点。予想以上に点数が取れたことで、自信をつけました。
 また、選択の社会一般が基準点割れしていたので、以降は選択式対策に重点を置きました。

●最終模試
 選択37点、択一58点。もしかしたら今年は合格できるかも知れないと希望を持てる点数でした。間違えた個所は徹底的に復習しました。

●他校の中間模試
 T社の中間模試を腕試しで受けました。
 他校の模試を受けるか悩まれる方は多いと思いますが、たくさん受けても復習が大変なので時間的に余裕のない方は受けない方がいいと思います。IDEの模試で充分です。


≪モチベーションの維持方法≫
●心が折れそうなときは質問を用意して,塾の先生に電話しました。
 先生と話しているうちにみるみるやる気が湧いてきました。

●通学が終わってからは苦手科目のビデオを見に塾に通っていました。
 塾に行ってスタッフの方や他の受験生を見るだけで頑張れました。

●体調の悪いときは無理をしないでCDだけとか楽な勉強方法を取っていました。
 体調の悪いときに勉強しても質が悪いので、それより早く体調を整えることが大事だと思います。


≪苦手科目の克服≫
●健康保険が苦手だったのですが、井出先生に相談すると「どの部分が難しいと思っているの?」と聞かれたときに答えられなくて、実は漠然と苦手意識を持っていただけだったと分かりました。
また、どこが分からないと答えられないレベルというのはそこまで勉強していない証拠だったと思います。
その後、ビデオを何回も見ているうちに体系的に理解できました。

●7月に入ってから、どうしても覚えられない項目をカードに書き出し、通勤途中や細切れの時間にめくって覚えました


≪本試験≫
緊張すると眠れないタイプの私は昨年一睡もできませんでした。
これだけは避けたいと思い、受験会場近くのホテルで前泊をしました。会場が近いという安心感があり熟睡することができました。

午前/選択式
国民年金の内容にはビックリしましたが、「多分この会場のみんな解けないだろうな」と思ったのでそれほど焦りませんでした。

午後/択一式
得意な国民年金から解いたら、難しい内容だったので時間配分が狂いましたが、いつもの自分のスタイル通り「国年→厚年→労働→一般」の順番で回答して、曖昧だった個所だけ1回見直ししました。
結果は選択31点(国民年金2点救済)、択一53点でした。


この一年は仕事との両立で本当に大変でしたが、IDE塾の先生方とスタッフの皆さんのお陰で乗り切ることができました。本当にありがとうございました。
受験生の方達はIDE塾と自分を信じて合格するその日まで頑張ってください。


以上




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝