合格体験記

2010年 合格体験記

『 私の勉強スタイル 』
moguさん

2010年に2年目で合格しました。
今後受験される皆さんの参考になるかは分りませんが、私の本試験に向けての勉強時間、勉強スタイルなどを記しておきます。


■ 1年目
 他校の通学コースに通いましたが、暗記中心の学校だったので暗記が大の苦手の自分には合わなかったようです。
 1年間の勉強時間は合格目標ラインと言われる1,000時間は越していたのですが、いくら暗記をしても、頭から抜けていきました。
 勉強時間数も大事ですが、勉強時間数だけではなくテキストの中身を理解する ことの方がより大事なのだと思いました。
 しかし、1年目が通学だったおかげで、他の受験生に触発されたり、先生からお尻をたたかれたりで、「勉強癖」がつきました。
 1年目の最大の収穫としては「勉強癖」がついたことだと思います。


■ 2年目
 IDE社労士塾の通信本科ゼミを受講しました。
 暗記中心ではなく理解中心の学習方法だったので、物忘れの激しい私には合っていました。

 勉強の流れはIDE社労士塾の配本に合わせてしていけば間違いないと思います。
 勉強方法も井出先生がCDでおっしゃる点に気をつけていれば大丈夫だと思います。
 特に、CDの中で井出先生がおっしゃっていた、問題集を解く時に 「正否の論点を書き出すこと」と、勉強の終盤に 「1日に複数科目勉強する」 がとても大事だったと本試験が終わった後に痛感しました。

 本試験前の模擬試験は1年目は1校だけを受けたのですが、2年目はIDEと他1校の模
擬試験を自宅受験し、家の近くにある学校の試験を会場で受験しました。
 1年前に試験を受けたことがあるとはいえ本試験前に会場受験することは本試験の雰囲
気をつかむためには大変役にたちました。


 
以下には私が勉強した時の勉強時間、勉強スタイルを記します。

◇ 9月から12月までの平日
  AM5:00~AM7:00 (約2時間)

◇ 1月から5月までの平日
  AM4:00~AM7:00、PM6:00~PM7:00 (約4時間)

◇ 6月から8月までの平日
  AM3:00~AM7:00、PM6:00~PM8:00 (約6時間)


 完全な朝勉派です。
仕事から帰るとあまり勉強に集中できなかったので、夜は早く寝て、疲れていない朝に比重を置いて勉強をしていました。
 本試験前終盤は集中力のある朝に問題を解いて、夜にCDを聞きながらテキストに目を通すという感じです。

 ただ、注意点としては、試験の前日はいつもより遅く寝たのですが癖で3時に目が覚めてしまい、試験中とても寝むくなってしまったので、出来れば1週間くらい前から試験当日に向けての生活パターンを作っておく方が良いかもしれません。

 休日は空いている時間はなるべく勉強をしていました。
 特に6月から8月までの休日は1日に12時間以上は勉強していたと思います。
 ただ、勉強だけではストレスが溜まってしまうので、1日の中で時間を決めて自分の好きなこと をしていました。
 私の場合はジョギングやドラマ視聴などです。
 IDEのCDをウォークマンに入れてジョギングしながら聞いていたのですが、自分の好きなことをしていても勉強の時間を削っていないという安心感と運動することでストレス解消にもなるので一石二鳥でとても良かったと思います。
 ジョギングでなくても何かをしながらの「ながら聞き」は大変お勧めです。

 最後に、本試験1週間前の勉強のことを記して終りにしたいと思います。

 本試験の1週間前の過ごし方は人によってかなり違うと思いますが,私は全教科のテキストを通読しました。
 本試験直前にテキストを一気に通読した事によってモヤモヤしていた頭の中がクリアーになった感じがして、気持ちよく本試験に臨めたような気がします。

以上です。


 井出先生をはじめIDE社労士塾の先生、スタッフの皆様1年間お世話になりました。
 特に添削問題の添削をして下さった皆様のコメントに勉強に挫けそうになった時は大変力を頂きました。
 本当にありがとうございました。




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝