HOME > 合格体験記 > 2008年 > panda 

合格体験記

2008年 合格体験記

『 為せば成る 』
panda さん


■ 勉強開始 12月から4月
私が勉強を始めたのは12月の23日から、通信での受講です。
今回は4度目の挑戦、今回でこの勝負にもケリをつけたい、というのが本音でした。
1回転目の問題を解きながらテキストに転記をする作業、通勤の行き帰りにカセットを聴くということから始めました。
1日に30分でもいいから勉強をしなければ・・・とわかっているものの仕事が忙しすぎて、体調が悪くてなどなどいろんな自分に優しい!?言い訳をして全く勉強をしない日もあったりしました。


■ 5月から直前期
転記を4月までに終わらせ2回転目突入。カセットテープも平行して聴いていました。
暖かくなってきてだんだん自分のモードも変わってきました。
労一・社一はじゃあなるを利用。
昨年からわからないところをピックアップしてノートを作っていたので引き続きそのノートの作成も行いました。
5月終わり頃には過去問題を時間を測って解いたり、と勉強に少し変化もつけてみました。
6月に入り短期ゼミ(法改正・総まとめゼミ)に参加させていただいたり中間模試、7月には最終模試も受験しました。
私は通信で勉強していたのでほかの人との接触はモチベーションアップにはとてもいい機会となりました。


■ 8月から試験前日
試験までに過去問は5回転させました。
あとは平成18年・19年の過去問題、中間模試、最終模試を時間を測って行い(それぞれ本試験までに2回ずつ)、法改正の問題を再度解く、白書・じゃあなるを解くといったことを繰り返しました。
試験が近づけば近づくほどあせってしまい、何をしていいかわからなくなることがわかっていたので早めに計画を立ててとにかく毎日にノルマをかせるようにしました。


■ 本試験日
午前中には正直かなり泣かされました。
午後、気持ちを切り替えてなんとか受けてみましたが
試験が終わって会場で配っている回答速報を見た瞬間『あっ、健保1点。。やっちゃったよ。。。』
が感想でした。
疲労感だけが残った1日でした。


■ 合格発表日
すでに不合格だと思っていたのでまったく発表を気にしていませんでした。
12月に入ったらまた教材注文しよう、、くらいにおもっていましたから。。
知人から『おめでとう!!』という電話をもらって初めて合格を知りました。
まさしく、たなぼた気分でした。


■ 最後に
まず、勉強をするのに計画をたてること。
何度も計画を練り直すこと。
これは本当に重要に感じました。
毎日どれだけ自分がやったかを記録する。計画表を毎日目にする。
これだけでもモチベーションは確実に変わります。

そして、、やはり

あきらめないこと。

何度も聞く言葉かと思いますが、やっぱりここに尽きます。
勉強する環境や勉強を始めるきっかけは人それぞれだと思います。
でも、この勉強を始めようと最終的に決断したのは自分自身です。
どんなに自分に言い訳しても、自分にウソをついても最後に返ってくるのは自分自身です。
あきらめず、前を見てください。
必ずや『合格』の文字が掴めると思います。


■ 最後の最後に
i.d.e社労士塾の教材に出会っていなければ合格はなかったと思います。
井出先生をはじめ諸先生方
ありがとうございました。
そしてこの試験を受験するにあたり私を支えてくれた家族や周りの仲間に感謝します。
本当にありがとうございました。




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝