HOME > 合格体験記 > 2008年 > 匿名希望2

合格体験記

2008年 合格体験記

『 諦めずに挑戦し合格できました。 』
匿名希望2さん



 私がide塾にお世話になったのは3年前で、それ以前は4年間他団体に通っており、合格するのに7年間かかってしまいました。

 他団体では、毎日可能な限り3時間の勉強時間を確保して知識を定着させることができましたが、本試験では思うように点が伸びず、勉強方法に疑問をもってide塾に学校を変えました。ide塾に通い始めて、とにかく過去問重視の勉強方法にびっくりしました。他団体では、「過去問はさらっとやればいい」という方法だったからです。おかげで、択一式は点数が伸びて合格基準に達していましたが、選択式で一昨年は社会の一般常識、昨年は労働の一般常識で科目別基準点に不足し不合格でした。

 しかし、講義の合間に井出先生のおっしゃる勉強方法を大いに参考にさせていただきました。平日は仕事の関係で帰宅が8時から9時になってしまうため、なかなかまとまった勉強時間をとることができず、主に通勤時間を利用して過去問の練習をしました。

 土曜日は主にテキストの過去問チェックなど平日に出来ないことを重点的にやり、日曜日の講義は復習もままならないため、その日にやった事で曖昧なところはその日のうちにきちんと自分の中で消化できるようにしました。

 5月頃からは、主に過去問を中心に誤りの論点、正しい問題の論点になるところを注意しながら問題訓練をしていきました。この時に意識して行ったのが、行きの通勤では労基法帰りは健保法など、必ず1日に労働関係と社会関係の問題訓練をし、常に1週間のうちに問題の量は関係なく一般常識を除いた全科目をやるようにしました(一般常識は早くからやっても時間の無駄だと思い取り掛かったのは7月になってからでした。)。

 7月・8月は、法改正ゼミのテキストの問題、白書講座で井出先生が講義なさったところの問題演習も増やし、中間模試・最終模試を再度やり直し、その論点を丁寧にあたっていきました。この頃からは1科目にかける時間数は短くてもいいが、回していく科目数を1日4科目ぐらいに増やし、常に全科目を意識し、科目から科目へ頭の切り替えがスムースにいくよう心がけました。

 今年は選択式の健康保険が難しかったですが、どこかにヒントがあるはずと思いあきらめなかったおかげでなんとか2点を確保し、今まで科目別基準点不足に泣いた選択式をクリアできました。択一式も健保法・厚年が難しく点数も伸びなかったのですが、他の科目が易しかったため何とか50点を確保でしました。

 私も7回も受験していると受験後落ち込むことが何回もありました。しかし、前の学校でもお世話になったS先生が「実力があるんだから、もうそろそろ神様も受からせてくれるよ。」と励ましてくださった通り、諦めなければきっと合格を勝ち取ることができると思います。そして合格へと導いて下さったide塾の皆様、ありがとうございました。




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝