HOME > 合格体験記 > 2008年 > ヒロカズ

合格体験記

2008年 合格体験記

『 諦めなければ夢はかなう 』
ヒロカズさん


1.はじめに
私は、3度目の正直で合格できた50歳の会社員です。昨年は、3点差に涙しました。
その悔しさをバネに頑張った1年でした。前年の不合格の悔しさを忘れないためにも「この悔しさを決して忘れない」と机の前に張り紙をし、挫けそうになった時に、いつも、それを見て、自分を鼓舞してきました。「思いあるところに必ず道は開ける」、そう強く思って頑張った1年でした。私のやってきたことが参考になれば幸いと思います。


2.勉強方法
まず、条文順過去問を解いて、間違えたところをテキストにマークし、テープを聞きながら、その個所を重点的に読みこなすようにしました。その際、「設問の論点は何か」を必ずチェックするようにしました。こうすることによって、過去問の論点を変えられても、十分、対応できるようにしました。このやり方を10科目やりとおしました。併せて、答練でも間違えたところも同様に復習しました。そして、答練、模擬テストとも結果にこだわり続けました。
と言っても、答練については、昨年より、少しましな程度であり、非常に不安もありました。ただ、このやり方で、中間模試で、択一が50点を超える出来だったことで少しは自信らしきものが芽生えました。とにかく、自分がやろうとしたことを徹底して貫こうと思いました。結果的にこのことがよかったのだと思います。


3.ゴールデンウィーク明から直前期にかけて
昨年は、あらゆることに手を広げたために、結果的に復習もできず、消化不良の状態での本試験でした。昨年の苦い経験を糧に、徹底して、やるべきことを絞って、試験対策を練りました。過去問と法改正、この二つを徹底的にやり通しました。T社の模試を受けただけで、他の参考書等には、一切、目もくれず、iDE塾の教材だけでいきました。
特に何度も間違える項目については、その要点を、手帳に書き写し、繰り返し、繰り返し、通勤電車の中で見るようにしました。
4月以降は、平日は、仕事が終わって、帰宅後、最低2時間、土・日曜日は、授業の時以外は、6時間以上は勉強しました。途中、東京への転勤、義父の死去、初盆と勉強時間が思うようにとれないこともありました。でも、最後は、「これだけやり続けられたんだ」と自分に言い聞かせ、本試験を迎えました。


4.本試験
とにかく、選択式の健康保険が、難問で、設問の意味が全く理解できず、いたずらに時間だけが経過し、最後の5分では、頭が真っ白になってしまい、とても、平常心ではいられませんでした。
午前の選択式が終わり、手ごたえの無さに、昼食もあまり進みませんでした。半ば、諦め状態でしたが、その時に、井出先生の「今年は、難しい年ですよ。何が起こるかわからないので、決して、最後まで諦めないように。出せる力はすべて出し尽くすように」との言葉が浮かんできて、選択式がダメでも、択一式を頑張れば、悪くても来年につながると、気持ちを切り替え、午後に試験に臨むことができました。
択一式は、労災から始め、国年、健保、厚生年金と解いていきました。健保、厚年で、時間を取られましたが、労働関係はスムーズに解くことができ、ある程度は、点を確保できたと思いました。
帰って、解答速報で見てみると56点と過去最高の点を取ることが来ました。この時、健保の過去問をもう少し、見ておけばと悔やむ日々が続きました。


5.試験を振り返って
合格発表の日以後も2日間、「結果」を知るのが怖くて、何もできませんでした。各学校の出す合格最低点の予想から見て、選択健保の結果では、合格は難しく、10月から、気持ちを新たに、来年に備え、社会保険関係の過去問をもう一度やり直していた状況での「合格通知」でしたので、非常に嬉しかったです。
結果的に、今年の問題については、過去問の比率が高く、過去問を十分に解き込んでいたので、対応をすることができたのだと思いました。
思えば、午前中の選択式で、諦めていたら、この結果はなかったと思いますし、授業で、何度も、「決して、諦めないこと」と言い続けてくれた、井出先生の言葉が、最後の励みになりました。好きなゴルフとお酒を控えての1年でした。ひたすら、この感動を味わうためのものでした。50歳を過ぎての合格は、大学受験とは違う大きな喜びを与えてくれるものでした。


とにかく、諦めなければ、必ず、「合格」という夢はかなうということを実感しました。
受験勉強をしていく過程の中で、「思うように勉強が進まない」「模擬テストの点が伸びない」と思うことも多々あると思います。どんな境遇になっても、決して諦めずに、最後まで、やり抜いてください。苦しい時は、皆、条件は同じです。頼れるものは、自分自身です。そしてその後ろには、iDE塾のスタッフがついています。
「努力」のあとには、「合格」という喜びがあります。是非、頑張ってください。

以 上




資料請求
Web通信
オンラインショップ
アクセスマップ
条文順過去問題集
合格者喜びの声
合格体験記
イデアクラブ
受講に関するFAQ
今日の一問一答

当サイトでは、1日1問、社労士試験に役立つ問題を出題しています。日々の解答により、基本論点およびキーワードを身につけましょう。

1問1答穴埋式問題
iDE社労士塾

Facebookページも宣伝